金森重近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金森宗和

金森 重近(かなもり しげちか、天正12年(1584年) - 明暦2年12月16日1657年1月30日))は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将茶人金森可重の長男。宗和(そうわ)ので知られる。宗和流茶道の祖。子に金森方氏山下市政室。

生涯[編集]

天正12年(1584年)、飛騨高山藩主・金森可重の長男として誕生。弟に金森重頼金森重勝酒井重澄

慶長19年(1614年)、大坂の陣徳川方につく父・可重らを批判したことで廃嫡され、母(遠藤慶隆娘)と供に京都に隠棲する。大徳寺を学び、剃髪して「宗和」と号する。

祖父・長近や父・可重らと同じく茶の湯に秀でていたこともあり、公家との交友を深めながら、やがて茶人として活躍をはじめる。古田重然(織部)や小堀政一(遠州)の作風を取り入れながらも、そのやわらかく優美な茶風は「姫宗和」と呼ばれ、京の公家たちに愛され、江戸幕府3代将軍徳川家光に招かれたこともある。その系譜は茶道宗和流として今日まで続いている。また、陶工・野々村仁清を見出したことでも知られ、大工・高橋喜左衛門と塗師・成田三右衛門らに命じて飛騨春慶塗を生み出したともされている。

明暦2年(1657年)、死去。墓所は京都府京都市北区天寧寺門前町の天寧寺

書籍[編集]