板取村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
板取村
廃止日 2005年2月7日
廃止理由 編入合併
洞戸村板取村武芸川町武儀町上之保村関市
現在の自治体 関市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
武儀郡
団体コード 21462-1
面積 187.35km²
総人口 1,751
(推計人口、2005年2月1日)
隣接自治体 郡上市本巣市山県市洞戸村和泉村
村の木 ケヤキ
村の花 シャクナゲ
村の鳥 カッコウ
板取村役場
所在地 500-2901
岐阜県武儀郡板取村1643-17
旧板取村役場(関市板取事務所)
座標 北緯35度42分10.5秒
東経136度48分10.9秒
板取村の位置
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
川浦(かおれ)渓谷。関市板取
板取川温泉 バーデェハウス
板取21世紀の森
関市板取運動公園

板取村(いたどりむら)は、岐阜県武儀郡にあった村である。アジサイの村として知られた。

2005年2月7日に武儀郡内の他5町村とともに関市と合併した。

概要[編集]

岐阜県北西部に位置し、福井県に接する。標高1,000m前後の山々に囲まれ、面積の99%を山林が占める山村である。

村民の6割以上は長屋姓であり、村議会議員選挙の際には立候補者全員が長屋姓であったこともある。板取村としての最後の村議会議員選挙には定数12に対し、立候補した14人中13人が長屋姓だった。[1]

1960年代には板取川ダムの開発計画があったが、村民多数の反対により撤回されている。1990年代に入ると中部電力による揚水式ダム・奥美濃水力発電所計画が進められ、2001年には上ダムが完成。しかし、電力需要の後退により2003年下ダムの計画が凍結される。その後の公共工事の発注低下と市町村合併により村民の流出が続き、地域活力の低下が懸念されている。

1970年代後半から主要産業である縫製業・林業の衰退に伴い「光と水と緑の大地 板取スイス村」をキャッチフレーズに、観光業の振興を図り、キャンプ場開発・イベントの開催に力を入れていた。村のPRのために1976年には当時の村長・長屋実の発案により岐阜県初となるラッピングバス「リス号」「バンビ号」を岐阜バス板取線に就航させている。

地理[編集]

村北部に広がる両白山地を水源とする川浦谷・滝波谷などの清流を集めた板取川が村内の中央部をV字谷をつくって南流する。村内の全域が板取川の流域であり、集落は川沿いの狭い平坦地に点在している。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

行政[編集]

  • 村長:長屋勝司(1993年10月22日 - 2005年2月7日)

姉妹都市[編集]

国内[編集]

海外[編集]

教育[編集]

中学校[編集]

  • 板取中学校(現・関市立板取川中学校)

小学校[編集]

  • 板取小学校

交通[編集]

  • JR岐阜駅、名鉄岐阜駅からの岐阜バス板取線または、美濃市からの岐阜バス牧谷線(洞戸栗原経由)、関市役所からの関市内巡回バス(コミュニティバス)がある。

鉄道[編集]

  • 村内に鉄道路線なし

道路[編集]

主要道路は岐阜市からの国道256号線または、美濃市からの県道81号線。奥美濃水力発電所開発計画に伴うタラガトンネルの開通により国道256号線の通年での通行が可能となり郡上市八幡町のルートが確立された。

福井県と隣接しているが、連絡道路はない。板取の南北を走る県道52号白鳥板取線は、現在、郡上市大和町での道路崩落のため通年で通行止め。

高速道路

  • 村内に高速道路はなし。

一般国道

主要地方道

一般県道

  • 村内に一般県道はなし。

名所・旧跡・観光スポット[編集]

1970年代後半から主要産業である縫製業・林業の衰退に伴い「光と水と緑の大地 板取スイス村」をキャッチフレーズに、観光業の振興を図った。現在、板取地域内の公設の建造物にスイス風の建築様式が多いのはこのためである。また、キャンプ場開発・イベントの開催に力を入れ、村内の街道沿いにアジサイを植える「アジサイ運動」を展開して、1990年代までに10万本の植栽を行った。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]