井上正辰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 正辰(いのうえ まさとき、元文元年(1736年) - 宝暦10年5月27日1760年7月9日))は、江戸時代中期の大名。常陸国下妻藩の第3代藩主。正室は太田資晴の娘。子は井上正意(長男)。官位は従五位下、遠江守。

生涯[編集]

美濃国郡上藩主・金森頼錦の次男。初名は金森頼真。宝暦3年(1753年)、先代藩主の正敦の死去により、その養嗣子となって跡を継いだ。同年12月に叙任する。宝暦9年(1759年)7月、農民による愁訴事件が起こり、それが幕府にも知られて治世不良のために出仕を拒まれた。それが失意となったのか、翌年5月27日に25歳で死去し、跡を長男の正意が継いだ。法号は義応院殿勧学日了大居士。墓所は東京都台東区谷中霊園にある。