金山町 (岐阜県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
金山町
廃止日 2004年3月1日
廃止理由 新設合併
萩原町小坂町下呂町金山町馬瀬村下呂市
現在の自治体 下呂市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
益田郡
団体コード 21584-8
面積 167.84km2
総人口 7,589
(推計人口、2004年2月1日)
隣接自治体 加茂郡 七宗町白川町
郡上郡 明宝村和良村八幡町
武儀郡 上之保村
益田郡 下呂町馬瀬村
町の木 もみじ
町の花 ササユリ
金山町役場
所在地 509-1695
岐阜県益田郡金山町大船渡600-8
外部リンク 下呂市
座標 北緯35度39分49.1秒
東経137度9分41.6秒
金山町の位置
 表示 ウィキプロジェクト

金山町(かなやまちょう)は、岐阜県益田郡にかつて存在していたである。2004年3月1日に益田郡の他4町村と合併し下呂市となった。合併後の住所表示は、下呂市金山町○○である。

概要[編集]

飛騨川馬瀬川が合流する地点を中心に栄えた飛騨街道宿場町である。高山本線白川口駅飛騨金山駅間の開通(1928年3月21日)まで交通の要衝として商売していた。

江戸時代は22ヶ村、行政区はそれぞれ尾張藩 (金山・菅田桐洞・菅田笹洞)・苗木藩 (田島)・天領 (下原郷の内6ヶ村.始めは飛騨高山藩)・旗本二家知行地 (東12ヶ村. 始めは郡上藩)及び天領(卯之原村)であった。明治維新後は岐阜県と筑摩県明治9年以降に岐阜県となる。郡制武儀郡郡上郡益田郡加茂郡に所属)によって行政万般ことごとく違う。

金山

金山は旧美濃国と旧飛騨国の国境であり、かつ四郡の境界でもある。馬瀬川沿いの和良街道の基点とされる。『白川町誌』によると、「木材の陸地輸送を岡付といったが、榑木などの小木材はここの綱場で陸上げされて、飛騨街道や津保谷筋を通って、関・上有知方面に運ばれたこともあったようで・・・」とあり、「金山はこうした位置にあったから、木材だけでなく諸物資の集散地でもあった。このため尾張藩では和良街道の藩領境や七宗根廻りの要所に配置した抜荷番所の番人も金山川役所付とした。」[1]とあり、金山は古くから国境の町として重要な役割を担ってきたことが記されている。また、現在の国道41号十王坂交差点から渡し場までは宿場商店街として発展した。江戸時代には既に物品の問屋取引を行なっており岐阜・尾張方面と郡上・益田方面を繋いだ。明治・大正期には近隣へ短期行商する店もあった。

下原

下原は、旧飛騨国の入口で国境であり宿場町であった。そのため、飛騨高山藩主金森長近が設置した下原旅館(陣屋)跡や口留番所跡(下原口・福来口)、飛騨川に綱を張り江戸や名古屋方面へ送るために流れてくる材木を一時的に留めて役人が材木改めを行なった飛州下原中綱場などの史跡がある。江戸末期には、下原郷16ヶ村[注釈 1]兼帯名主10代加藤三郎右衛門雅文の次男で、幕府の万延元年(1860年遣米使節随行員だった加藤素毛など国政と関わる人物がいた。また、大阪府富田林市楠妣庵観音寺中興の人である加藤鎮之助は素毛のであり、佐賀県知事宮城県知事を務めた加藤於兎丸は、素毛の従弟にあたる。その他下原では、大日本帝国陸軍中将中島完一等も輩出している。

菅田

菅田[桐洞, 笹洞]は製糸製茶が盛んで武儀郡内有数の商業地だった。農業の副業に大工, 左官, 石工を営む者が相当居た。明治大正時代にかけては、明治23年第1回衆議院議員総選挙岐阜5区当選者であり、明治37年貴族院多額納税者議員当選者でもあった長尾家17代長尾四郎右衛門章善や同氏の子である、第12回衆議院議員総選挙当選者、貴族院議員も務めた長尾家18代長尾元太郎章正らを輩出している。17代長尾四郎右衛門章善は、明治31年設立の濃飛農工銀行(資本金200万円)の創立者でもあり、頭取も務めた。
長尾家初代は長尾五郎四郎章詮で、10代四郎右衛門政信から章透、章為、13代章長にかけて豪農豪商として栄え、苗字帯刀を許されていた。また、尾張藩御用達も務め尾張十人衆の一人に加えられていた。[2]他にも、京都九条家御用を勤め茶を毎年献上していた。そのお返しに「いく里のつきのあかりも丹保ふら舞むめさくや万の三年農春閑勢(いくさとの つきのあかりも にほふらむ むめさくやまの みねのはるかぜ)」という御詠を賜り、その茶は「幾里」と名付けられている。明治36年には、小松宮彰仁親王が長尾家に宿泊の際、この茶を賞味されている。

東は馬瀬川・和良川沿いにあり、農林業と林産物に依り交易した。祖師野八幡宮には、平治の乱で敗れ飛騨国に来ていた源頼朝の異母兄悪源太義平岩屋岩蔭遺跡狒狒を退治した際に使用したとされる名刀祖師野丸が神宝として納められている。山を越えて接する麻生谷(現・金山町中切)に義平は住み、従者とともに猪狩に出かけたことがあった。その際、多数のがいるのを見つけ、義平は「兎の原」と呼び、これが後に卯ノ原村と名付けられたと伝わっている。[3]

田島

田島は、江戸時代苗木藩の支配下で、苗木藩領内は小村が多かったため兼帯庄屋が村の行政を行っていた。田島は領内でも北方に位置し、北方の5ヶ村を合わせて油井五ヶ村のひとつであった。苗木藩では1870年(明治3年)に、廃仏毀釈令が出され領内全住民の仏一切を廃し神道への改宗が行われた。尾張藩天領に接し、苗木藩の国境地帯としての役割を担っていた。1875年(明治5年)の合併により白山村、その後西白川村を経て白川町の一部となるが1955年(昭和30年)に、田島の地理的事情や役所への距離など不便な点が有ることから、金山町の一部として編入されることとなった。


合併に至る前史として、戦前の旧金山町内には実業系の学校が短期間ながらも設置されており、近隣の町村から生徒が集まっていた。昭和の大合併の際、これら武儀郡・郡上郡・益田郡・加茂郡の四郡が合併して成立した金山町内には飛騨美濃の境を示す境界石(藩領境標石)があり、高校進学は飛騨学区と可茂学区両方へ認められている。


飛騨木曽川国定公園にも指定されていて、中山七里などの景勝地もある。飛騨・美濃紅葉三十三選にも選定されている。下原ダムは、湖面に映る特急ワイドビューひだ」が絶好の被写体となる鉄道写真の撮影地として知られている。
金山町は下原ダム・大船渡ダム・七宗ダムのような飛騨川のダムや発電所の半数以上が集中している「ダムの町」でもある。馬瀬川を遡ると、馬瀬川第二ダムやロックフィル式の巨大な岩屋ダムと東仙峡金山湖がある。そのすぐ傍に縄文時代の岩屋岩蔭遺跡がある。金山町祖師野で最初にギフチョウが確認されており、ギフチョウの里としても有名である。

地理[編集]

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

* 1955年(昭和30年)合併以前の武儀郡金山町以外の町村の沿革については、各町村(武儀郡菅田町郡上郡東村益田郡下原村)を参照のこと。

近代以前

近代以降

  • 1871年 (明治4年) 7月14日 廃藩置県令により金山村は尾張藩だったため、初め名古屋県所属となるが、同年11月22日岐阜県所属となる
  • 1872年 (明治5年) 3月 江戸時代からの制度を廃止し戸長制度が導入される。
  • 1889年(明治22年)7月1日 町村制施行により武儀郡金山村が成立。
  • 1890年(明治23年)12月27日 町制施行により武儀郡金山町(初代)となる。
  • 1955年昭和30年)3月1日 武儀郡菅田町、郡上郡東村、益田郡下原村と合併し益田郡金山町となる。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 加茂郡白川町大字白山の一部(田島)を編入。
  • 2004年平成16年)3月1日 下呂町萩原町小坂町馬瀬村と合併し下呂市が発足。同日金山町廃止。

教育[編集]

  • 下呂市立金山中学校
  • 下呂市立金山小学校
  • 下呂市立下原小学校
  • 下呂市立菅田小学校
  • 下呂市立東第一小学校
  • 金山こども園(公設民営保育園)

姉妹都市[編集]

名所・旧跡[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

バス[編集]

  • 金山町コミュニティバス(現げろバス金山)

道路[編集]

自動車道

一般国道

主要地方道

一般県道

その他

ギャラリー[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 江戸時代の下原郷は、門和佐・夏焼・田口・蛇之尾・久野川・火打・和佐・保井戸・瀬戸・三ツ渕・中切・福来・下原町・中津原・大船渡・渡の計16ヶ村である

脚注[編集]

  1. ^ 白川町誌編纂委員会 『白川町誌』 白川町、1968年、274頁
  2. ^ 金山町誌編纂委員会 『金山町誌』 下呂市、1975年、1147頁
  3. ^ 金山町誌編纂委員会 『金山町誌』 下呂市、1975年、1278頁
  4. ^ 金山町誌編纂委員会 『金山町誌』 下呂市、1975年、57頁
  5. ^ 金山町誌編纂委員会 『金山町誌』 下呂市、1975年、407頁
  6. ^ 金山町誌編纂委員会 『金山町誌』 下呂市、1975年、74頁
  7. ^ 金山町誌編纂委員会 『金山町誌』 下呂市、1975年、93-127頁

参考文献[編集]

  • 金山町誌編纂委員会 『金山町誌』 下呂市、1975年、2005年復刻
  • 『続金山町誌』、下呂市、2005年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]