東村 (岐阜県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東村
廃止日 1955年3月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 下呂市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
郡上郡
面積 97.00km2.
総人口 4,229
(1955年)
東村役場
所在地 岐阜県郡上郡東村
 表示 ウィキプロジェクト
岩屋岩蔭遺跡(妙見神社)
岩屋ダム

東村(ひがしむら)は、かつて岐阜県郡上郡に存在したである。1955年(昭和30年)に合併で金山町となった後、現在は下呂市の一部である。かつての金山町の北西部に位置する。飛騨川支流の馬瀬川上流の村である。

村名は、郡上郡東部に位置することに由来する。

歴史[編集]

近代以前


近代以降

学校[編集]

  • 東村立東第一小学校(現・下呂市立東第一小学校
    • 登呂瀬分校(1959年廃校) 
    • 戸部分校(1962年廃校)
    • 岩瀬分校(1972年廃校)
  • 東村立東第二小学校(1971年廃校)
    • 弓掛分校(1971年金山町立東第一小学校弓掛分校となり1972年廃校)
  • 東村立東中学校(1970年に統合。現・下呂市立金山中学校
  • 東村立東第二中学校(1970年に統合。現・下呂市立金山中学校)

名所・旧跡[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 金山町誌編纂委員会 『金山町誌』 下呂市、1975年、58-74頁
  2. ^ 金山町誌編纂委員会 『金山町誌』 下呂市、1975年、136頁
  3. ^ 金山町誌編纂委員会 『金山町誌』 下呂市、457頁

関連項目[編集]