ばかもの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ばかもの
著者 絲山秋子
発行日 2010年9月29日
発行元 新潮社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 220
コード ISBN 410130453X
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 映画
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ばかもの』は絲山秋子の小説。および、その映画化作品。

あらすじ[編集]

ヒデは、群馬県に住む大学生。年上の額子との情事に溺れる日々を送り、留年してしまう。額子は、ヒデを公園の木にペニスを露出させたままの状態で縛りつけ、置き去りにして結婚してしまう。ヒデは「想像上の人物」に助けられてその窮地を切り抜け、何とか卒業し県内の家電品量販店に就職し、翔子という女と付き合い始めて結婚を前提とした関係になりつつあり、仕事もそこそこ順調で、まずまずの人生を送っているつもりだったが、なぜかアル中になってしまい、家族以外のすべてを失ってしまう。そして事態は思わぬ方向へ…

文庫本・解説[編集]

赤染晶子田中和生が寄稿している。

映画版[編集]

ばかもの
監督 金子修介
脚本 高橋美幸
原作 絲山秋子
製作総指揮 植村伴次郎
出演者 内田有紀
成宮寛貴
音楽 MOKU
主題歌 shelaめぐり逢い
撮影 釘宮慎治
編集 洲崎千恵子
配給 ゴー・シネマ
公開 日本の旗 2010年12月18日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2010年12月公開

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連商品[編集]

DVD
  • 2011年6月3日、TCエンタテインメント

制作にまつわるエピソード[編集]

キネマ旬報』誌上の監督インタビューで、脚本作りのプロセスに関して次のように語られている。脚本家の高橋は原作が好きで原作に忠実な脚本が第一稿として書かれたが、監督の金子は、日航機墜落事故からの10年の群馬を舞台にしたかった。すると原作者から、日航機事件は群馬県民にとって深刻な問題なので止めてほしい、というダメ出しが出た。そこで、2000年あたりからの10年という設定にした決定稿は、原作者からも了解が得られ、撮影に入った。

外部リンク[編集]