中村ゆり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかむら ゆり
中村 ゆり
生年月日 (1982-03-15) 1982年3月15日(35歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府[1]
国籍 大韓民国の旗 韓国[1]
身長 164 cm
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1998年 -
事務所 アルファエージェンシー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
パッチギ! LOVE&PEACE
天国からのラブレター

中村 ゆり(なかむら ゆり、1982年3月15日 - )は、日本女優、元歌手

大阪府[1][2]出身。アルファエージェンシー所属。

来歴[編集]

ASAYAN』(テレビ東京)で1996年に開催された歌手オーディションに合格して、友人の伊澤真理とデュオYURIMARIを結成、1998年に歌手としてデビュー[2]。6枚のシングルと1枚のアルバムを発表[2]。翌1999年にYURIMARIを解散した。

3年間の活動休止期間を経て、映画プロデューサーの勧めでオーディションを受け合格したのをきっかけに、2003年より女優として活動を開始[1][3][4]。以後、映画やテレビドラマ、音楽PVなどで、女優として活動。

2007年、映画『パッチギ!』の続編『パッチギ! LOVE&PEACE』のキョンジャ役[注 1]に抜擢される[2]。同作での演技により、2007年度全国映連賞女優賞ならびに第3回おおさかシネマフェスティバル新人賞を受賞する。

2008年10月、the companyの舞台『1945』(脚本・青木豪、演出・ロバート・アラン・アッカーマン)に出演。

2013年3月1日、エイベックス・マネジメントからアルファエージェンシーに移籍[1]

人物[編集]

身長は164cm、体重は42kg。スリーサイズはB84.5cm、W59cm、H85cm[5]

父親が在日3世・母親が韓国生まれで、韓国籍[1][2]。映画『パッチギ! LOVE&PEACE』公開翌日の朝日新聞紙上において自身も在日であることを明かし、「出身を隠すつもりはないけど、わざわざ『在日です』と主張することもない」と語っている[6]

ダンサーで女優の北林明日香と仲が良く[7]、プライベートでもいっしょに旅行に行ったりするほどである[8]

出演[編集]

役名の太字は主演作品。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 1945(2008年10月25日 - 11月5日、東京・地方) - 光武紗耶子
  • 恋と革命(2009年1月21日 - 2月1日、赤坂RED THEATER) - 長谷部四季 役
  • セレぶり3 オン・ステージ〜セレブは夏に恋するものだ〜(2009年8月29日、東京グローブ座) - 星村美智子(ミチコマン) 役
  • 錦繍 KINSHU(2009年11月4日 - 12月6日、東京・地方) - 瀬尾由加子 役
  • 浮標(2011年1月17日 - 2月13日、東京・地方) - 比企京子 役
  • 荒野に立つ(2011年7月14日 - 8月12日、東京・地方) - 玲音 役
  • 国語の時間(2013年2月22日 - 28日、座・高円寺) - 柳京子 役
  • 怒りをこめてふり返れ(2017年7月12日 - 30日、新国立劇場小劇場THE PIT) - アリソン 役

ラジオドラマ[編集]

  • 春を待つ女(2012年4月14日、NHK-FM) - 竹本綾[注 10]
  • 秘密の花園(2014年2月24日 - 28日、NHK-FM)
  • しぶとい連中(2014年11月15日、NHK-FM)

WEBドラマ[編集]

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

その他[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 前作の沢尻エリカは辞退。
  2. ^ エロス番長 第2弾作品。
  3. ^ 2009年11月23日・25日・28日限定公開。
  4. ^ 2011年8月16日 - 26日限定公開。
  5. ^ オーディトリウム渋谷:2012年11月17日 - 12月7日公開 / シネマスコーレ:2012年11月24日 - 12月7日限定公開。
  6. ^ 2012年10月20日香川県先行公開。
  7. ^ タイトルロゴでの劇場版 零 ゼロのほか、複数の出典で表記揺れが見られる。詳しくは劇場版 零 ゼロを参照。
  8. ^ エイベックスとフジテレビのドラマスタッフが製作した、オリジナルDVD作品をTV用に再編集したもの。
  9. ^ 第1回ドラマ甲子園大賞受賞作品。
  10. ^ FMシアター作品。
  11. ^ ティザー映像。
  12. ^ ミニアルバム「mink II〜endless love〜」収録曲。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 中村ゆり”. 人物情報. 映画.com. 2017年10月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e 斉藤貴志 (2015年8月31日). “『ASAYAN』出身女優・中村ゆり、「美しすぎる脇役」としてネット上で話題に”. AOLニュース. 2015年9月1日閲覧。
  3. ^ a b 中村ゆり (2016年5月14日). 「こういうものが映画になるのがうれしい」中村ゆりインタビュー 映画「ディアーディアー」主演. (インタビュー). TVLIFE web(学研プラス).. http://www.tvlife.jp/pickup/62836 2017年10月25日閲覧。 
  4. ^ 中村ゆり (2017年3月30日). 中村ゆりの、女優に転身したその後の世界の広げ方とは. インタビュアー:いちじく舞. ≠REPROFILE(リプロフィール).. https://reprofile.jp/articles/openthexxx-4-2 2017年10月25日閲覧。 
  5. ^ 中村ゆり”. タレントデータバンク. 2017年10月25日閲覧。
  6. ^ “中村ゆり、南果歩「カミングアウト」 「在日」隠す芸能界に異変”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2007年5月29日). https://www.j-cast.com/2007/05/29008004.html 2017年10月25日閲覧。 
  7. ^ HAPPY BIRTHDAY♡”. 北林明日香オフィシャルブログ「アスカログ」 (2012年3月17日). 2012年10月10日閲覧。
  8. ^ 韓国旅行①”. 北林明日香オフィシャルブログ「アスカログ」 (2011年10月24日). 2012年10月10日閲覧。
  9. ^ かりゆし58の「全開の唄」が映画化!主演は佐野和真”. シネマトゥデイ (2015年7月7日). 2015年7月7日閲覧。
  10. ^ ハイビジョン特集 カンブリアン ウォーズ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  11. ^ テレビドカッチ (2014年8月15日). “「ドラマ甲子園」大賞の現役高校生・青山ななみがドラマ監督初挑戦! 「最高の17歳の夏になりました」”. 2014年8月19日閲覧。
  12. ^ 相武紗季主演ドラマ『硝子の葦』から裸のポスター公開、追加キャスト9人も判明”. CINRA.NET (2015年1月17日). 2015年1月19日閲覧。
  13. ^ “石田ゆり子、『逃げ恥』共演の星野源と“同居” WOWOW『プラージュ』”. ORICON STYLE. (2017年3月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2088326/full/ 2017年3月31日閲覧。 
  14. ^ “NHKが平成版「細雪」ドラマ化!四姉妹は中山美穂&高岡早紀&伊藤歩&中村ゆり”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年11月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/09/kiji/20171109s00041000184000c.html 2017年11月9日閲覧。 

外部リンク[編集]