ダムド・ファイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ダムド・ファイル』は、2003年名古屋テレビが制作したホラー特撮テレビドラマ

30分で1話完結の3シーズン全30話と90分スペシャル版全1話から成る計31話は、各話によって出演者が異なるオムニバス方式となっており、名古屋を中心にした東海地方心霊スポットや心霊話が元となっている。

名古屋テレビで毎週金曜日の23:25-23:55に本放送されたほか、朝日放送などテレビ朝日系列各局では名古屋テレビから番組販売される形で放送されていた。また、後にエンタメ〜テレ(スカパー720ch)でも放送された。

本放送終了後の2004年には3シーズン全30話がDVD-BOX全2集、90分スペシャル版全1話がDVD単品としてそれぞれ発売された[1]ほか、2012年から計31話がニコニコチャンネルで有料配信されていたが、2018年現在では終了している。

スタッフ[編集]

放送リスト[編集]

シーズンI[編集]

放送日 file No. サブタイトル 脚本 監督 出演者 人気投票[2]
2003年7月4日 0001 テレビ局 中区 万田邦敏 万田邦敏 山口香緒里近藤芳正 第2位
7月11日 0002 伊勢神トンネル 足助町 井川耕一郎 万田邦敏 清水宏 第7位
7月25日 0003 カラオケボックス 千種区 井川耕一郎 万田邦敏 豊原功補 第5位
8月1日 0004 終の家 瑞穂区 大久保智康 万田邦敏 岩橋道子川合伸旺
8月8日 0005 少年 南区 井川耕一郎 万田邦敏 相島一之小松みゆき
8月15日 0006 墓地 千種区 大久保智康 浜本正機 草村礼子伊吹康太郎
8月22日 0007 埠頭 港区 井川耕一郎 浜本正機 吉満涼太川嶋朋子三谷昇並樹史朗
8月29日 0008 学校 熱田区 谷村典子 浜本正機 草野康太田山涼成
9月5日 0009 マンション 千種区 大久保智康 七字幸久 栗田麗伊藤智恵理 第11位
9月12日 0010 ラブホテル 一宮市 井川耕一郎  七字幸久 梅宮万紗子中上雅巳大河内浩田中要次
9月19日 0011 東谷山 守山区 深沢正樹 七字幸久 野波麻帆
0012 病院 名東区 七字幸久 七字幸久 春木みさよ銀粉蝶 第3位

シーズンII[編集]

放送日 file No. サブタイトル 脚本 監督 出演者 人気投票
2003年10月24日 0013 テレビ局(第二章) 中区 万田邦敏 冨塚博司 高杉瑞穂佐戸井けん太中島ゆたか 第10位
10月31日 0014 うなぎ 海部郡 大久保智康 冨塚博司 ベンガル温水洋一 第9位
11月7日 0015 旅館 加茂郡 谷村典子 冨塚博司 菊池均也嘉門洋子渋谷琴乃
11月14日 0016 監視カメラ 東海市 武上純希 冨塚博司 川岡大次郎織本順吉 第4位
11月21日 0017 ある池の話 豊橋市 井土紀州 萩生田宏治 唯野未歩子
11月28日 0018 霊の通り道 昭和区 武上純希 萩生田宏治 戸田昌宏夏生ゆうな中島ひろ子
12月5日 0019 人形 常滑市 大久保智康 萩生田宏治 秋桜子
12月12日 0020 もうひとりの友人 渥美郡 井土紀州 萩生田宏治 小嶺麗奈石橋けい風祭ゆき西島秀俊
12月19日 0021 招待状 天白区 武上純希 万田邦敏 内田朝陽清水美那安藤希黒田勇樹倉貫匡弘中丸新将

シーズンIII[編集]

放送日 file No. サブタイトル 脚本 監督 出演者 人気投票
2004年1月9日 0022 鏡 多治見市 大久保智康 万田邦敏 藤間宇宙内山眞人永岡佑筒井万央小林裕子 第6位
0023 映画館 中村区 井川耕一郎 万田邦敏 蓉崇時任歩マリア・ブラブツォバ大森南朋山本裕
0024 マフラー 四日市市 井土紀州 万田邦敏 森脇英理子芦名星川端竜太
0025 幽霊団地 西区 七字幸久 七字幸久 悠城早矢谷口響子小堀陽貴山下容莉枝松澤一之 第1位
0026 着物 東区 大久保智康 七字幸久 中村久美橋本甜歌遠山俊也星野晶子
0027 バレンタインデー 中区 井川耕一郎 七字幸久 斉藤陽一郎朝岡実嶺中村ユリ松重豊
0028 黒い絵 豊田市 武上純希 七字幸久 大高洋夫宮崎彩子高木優希佐藤和也
0029 池 犬山市 大久保智康 万田邦敏 比留間由哲橋本真実本郷弦
0030 テレビ局(第三章) 中区 井川耕一郎 万田邦敏 田中実菅田俊松井早生中島ゆたか

another episode[編集]

  • file No.0000 あのトンネル(2003年10月17日放送。出演:野村宏伸南野陽子下川辰平、脚本:井川耕一郎・万田邦敏、監督:万田邦敏) - 90分スペシャル版。『The Tunnel』というタイトルでカンヌ国際映画祭にも出品され、人気投票では第8位を獲得した。なお、DVD化の際には『ダムド・ファイル 〜エピソード・ゼロ〜』と改題されている[1]

小説・漫画[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]