銀粉蝶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ぎんぷんちょう
銀粉蝶
本名 吉田 輝子
生年月日 (1952-05-13) 1952年5月13日(70歳)
出生地 日本の旗 日本栃木県塩谷郡
身長 161 cm
血液型 O型
職業 女優シンガーソングライター
ジャンル テレビドラマ舞台
活動期間 1981年 - 現在
配偶者 生田萬
事務所 nora
 
受賞
TAMA映画祭
最優秀作品賞

2021年あのこは貴族
第18回 読売演劇大賞優秀女優賞
テンプレートを表示

銀粉蝶ぎんぷんちょう1952年5月13日 - )は、日本の女優シンガーソングライター。夫は劇作家生田萬。株式会社nora所属。

経歴[編集]

青山学院女子短期大学卒業後、浜松町世界貿易センタービルに入居していた会社に入社するが、入社1日目に劇団のオーディション結果が発表され、合格して女優の道へ入る[要出典][1]

1981年、夫とともに劇団「ブリキの自発団」を結成し、「最後のアングラ女優」の異名を持つことになる[2]。「芝居は嘘だが、続けていると本当になる時が来る。それが好き」とコメント[1]。シンガーソングライターとして、ペヨトル工房からライブ『真冬のトマト/銀粉蝶ミワクるステージ』(カセットテープ+ブックレット)などもリリースされている。

芸名は「銀粉蝶」でひとかたまりであり、「銀」が名字というわけではないが、「銀さん」や「銀ちゃん」と呼ばれることは容認している[3]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系[編集]

TBS系[編集]

フジテレビ系[編集]

テレビ朝日系[編集]

テレビ東京系[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

配信ドラマ[編集]

吹き替え[編集]

  • アメリ(ジョルジェット)
  • ベルセルク 黄金時代篇 III 降臨(占い師の老婆)

ラジオドラマ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 2015年7月18日、NHK「土曜スタジオパーク」
  2. ^ 公式プロフィール”. フライング・ボックス. 2013年6月1日閲覧。
  3. ^ TBS系『はなまるマーケット』出演時のトークより[いつ?]
  4. ^ "『インビジブル』銀粉蝶&吉沢悠がゲスト出演 慈しみあう心優しき母子役". ORICON NEWS. oricon ME. 14 May 2022. 2022年5月14日閲覧
  5. ^ “『♯コールドゲーム』に、椿鬼奴、篠原篤、和田琢磨、福田転球、銀粉蝶の出演が決定!”. フジテレビュー!! (フジテレビュー!!編集部). (2021年4月28日). https://www.fujitv-view.jp/article/post-292320/?amp 2021年4月29日閲覧。 
  6. ^ "又吉直樹書き下ろしドラマ『椅子』劇中に登場する椅子&キャスト発表". ORICON NEWS. oricon ME. 30 March 2022. 2022年3月30日閲覧
  7. ^ “『ねことじいちゃん』追加キャストに小林薫、銀粉蝶、柄本佑、田中裕子ら”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年6月27日). https://www.cinra.net/news/20180627-nekotojiichan 2021年10月11日閲覧。 
  8. ^ KERAが“全員がメインキャスト、みたいな”出演者と届ける「世界は笑う」に瀬戸康史ら”. ステージナタリー. ナターシャ (2022年4月4日). 2022年4月19日閲覧。
  9. ^ オリガ・モリソヴナの反語法”. NHK オーディオドラマ. 2021年10月11日閲覧。

外部リンク[編集]