霊感バスガイド事件簿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
霊感バスガイド事件簿
ジャンル テレビドラマ
原作 赤川次郎
脚本 大石哲也
小川智子
平林幸恵
演出 中島悟
位部将人
麻生学
田村直己
出演者 菊川怜
エンディング 安良城紅Harmony
製作
プロデューサー 横地郁英(テレビ朝日)
井下倫子(アベクカンパニー)
和田豊彦(アベクカンパニー)
各話の長さ 55分
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2004年4月16日 - 6月18日
放送時間 金曜日 23:15 - 翌0:10
放送枠 金曜ナイトドラマ
回数 10

霊感バスガイド事件簿』(れいかんバスガイドじけんぼ)は、2004年4月16日から6月18日まで毎週金曜日 23:15 - 翌0:10 に、テレビ朝日系の「金曜ナイトドラマ」枠で放送されたミステリーホラードラマ。赤川次郎の小説『怪異名所巡り』シリーズのドラマ化作品。

主演の菊川怜や、毎回登場する豪華多彩なゲスト(上戸彩華原朋美など)が話題を呼び、深夜枠としては高視聴率を記録した。全編ロケーション撮影で制作。2004年9月15日DVD-BOXも発売された。

あらすじ[編集]

大手バス会社で働くバスガイドの町田藍(菊川怜)はある日リストラされてしまう。途方に暮れる藍だが、偶然バスガイド募集の広告を見つけ意を決して面接に赴く。そこは個性的な従業員数人とバス1台だけという倒産寸前の観光バス会社、有限会社すずめバスだった。運良く採用された藍だが、実は霊感が強い特異体質で霊が見え、霊と話すことも出来る。そこに目をつけた社長の筒見(北村総一朗)は起死回生策として、大手にはない独創的な企画で勝負しようと、霊感バスガイドと心霊スポットを巡る心霊ツアーを思いつく。霊感体質がコンプレックスな藍は乗り気ではなかったが、会社のためにやむなく引き受けることに。藍と運転士の君原志郎(海東健)は物好きなツアー客達を連れて「すずめバス」に乗り、毎回心霊ツアーに出かける。藍はそこで出会った、様々な事情をかかえた霊たちの声に耳を傾け、闇に葬られかけた事件の真相を解明してゆく。

キャスト[編集]

有限会社すずめバス[編集]

東都大学心霊研究所[編集]

その他[編集]

ゲスト[編集]

第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
最終話

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
第1話 2004年4月16日 しのび泣く木 大石哲也 中島悟 09.5%
第2話 2004年4月23日 心中無縁仏 09.2%
第3話 2004年4月30日 神隠し三人娘 麻生学 08.1%
第4話 2004年5月07日 未練橋のたもとで 小川智子 位部将人 08.7%
第5話 2004年5月14日 殺人ドクター栗原の呪い 大石哲也 中島悟 08.3%
第6話 2004年5月21日 呪われた花嫁 田村直己 08.4%
第7話 2004年5月28日 夜泣くオフィス 小川智子 麻生学 09.8%
第8話 2004年6月04日 その女の名は魔女 平林幸恵 位部将人 09.4%
第9話 2004年6月11日 1/24秒の悪魔 小川智子 麻生学 10.3%
最終話 2004年6月18日 さよなら霊感バスガイド 大石哲也 中島悟 10.2%
平均視聴率 9.2%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

DVD[編集]

  • 2004年9月15日DVD-BOX(全5巻セット)発売
  • 第5巻にはレギュラー陣出演の撮り下ろしドラマ「すずめバスの悪夢」と、隠しメニューとして各レギュラーのクランクアップ時の映像が収録されている。

外部リンク[編集]

テレビ朝日 金曜ナイトドラマ
前番組 番組名 次番組
スカイハイ2
(2004.1.16 - 2004.3.19)
霊感バスガイド事件簿
(2004.4.16 - 2004.6.18)
ああ探偵事務所
(2004.7.2 - 2004.9.17)