あのこは貴族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あのこは貴族
著者 山内マリコ
発行日 2016年11月25日
発行元 集英社
ジャンル 恋愛小説
日本の旗 日本
言語 日本語
公式サイト [1]
コード ISBN 4087710173
ISBN 408745875X文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

あのこは貴族』(あのこはきぞく)は、山内マリコによる小説2015年小説すばるにて連載された後、2016年集英社文庫から刊行された[1]2021年に映画版が公開[2]

あらすじ[編集]

東京生まれの華子は何不自由ない暮らしをしてきたお嬢様。30歳を目前に恋人に振られ人生で初めての岐路に立たされていた。結婚に焦った華子は婚活をスタートさせ、お見合いでハンサムな弁護士・幸一郎と出会う。幸一郎も華子と同じく裕福な家庭で育った上流の人間で、二人は婚約者となる。一方で地方生まれの美紀は恋人なしの32歳。猛勉強の末に慶應義塾大学に進学するも経済的理由で中退し自力で生きてきた。そんな美紀が大学時代に学費が払えずラウンジで働いていたころに出会ったのが幸一郎。美紀にとって幸一郎は生まれも育ちも全く違うが、同じ名門大学に通っていた幸一郎は美紀にとって憧れの内部生。次第に美紀は幸一郎にとって都合のいい女となり、その腐れ縁のような関係は幸一郎が華子と婚約してからも続いていた。華子と美紀は幸一郎を通して出会い、お互いの人生を見つめなおすようになる。

登場人物[編集]

榛原華子
東京の開業医の家庭の三女として生まれる。コネで大企業に就職するなど何不自由ない人生を送ってきたが20代後半で恋人に振られ岐路に立たされる。
結婚に焦りお見合いを重ね、姉の夫の紹介で知り合った幸一郎とすぐに婚約するが、幸一郎の本心をよくわからないでいる。
時岡美紀
地方の漁師町に生まれ、親の反対を押し切って猛勉強の末に慶應義塾大学に進学。親からの援助はなく水商売で生計を立てるが次第に水商売にのめり込んでしまい大学を除籍処分となる。
現在はIT企業に勤めている32歳、独身。
青木幸一郎
慶応幼稚舎出身のイケメン弁護士。同じ大学に通っていた美紀にとっては憧れのような存在。
同じ上流階級で育った華子と知り合い婚約をするが、美紀といるほうが居心地がよくダラダラとした関係を10年以上続けている。

映画[編集]

あのこは貴族
Aristocrats
監督 岨手由貴子
脚本 岨手由貴子
原作 山内マリコ
製作 西ヶ谷寿一
西川朝子
宮本綾
出演者 門脇麦
水原希子
高良健吾
石橋静河
山下リオ
佐戸井けん太
篠原ゆき子
石橋けい
山中崇
高橋ひとみ
津嘉山正種
銀粉蝶
音楽 渡邊琢磨
撮影 佐々木靖之
編集 堀善介
制作会社 東京テアトル
製作会社 「あのこは貴族」製作委員会
配給 東京テアトル
バンダイナムコアーツ
公開 日本の旗 2021年2月26日
上映時間 124分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2021年2月26日に公開された[3]。監督・脚本は岨手由貴子[3]、主演は門脇麦

第33回東京国際映画祭にて、特別招待作品として11月5日にワールドプレミア上映された[4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ あのこは貴族”. 2020年7月11日閲覧。
  2. ^ “門脇麦と水原希子、山内マリコ原作の映画「あのこは貴族」で共演”. 映画ナタリー. (2020年6月2日). https://natalie.mu/eiga/news/381403 2020年7月11日閲覧。 
  3. ^ a b c “門脇麦と水原希子が共演 岨手由貴子監督×山内マリコ原作『あのこは貴族』”. CINRA.NET. (2020年6月2日). https://www.cinra.net/news/20200602-anokohakizoku 2020年9月24日閲覧。 
  4. ^ 特別招待作品/あのこは貴族”. 第33回東京国際映画祭10.31-11.9. 2020年10月1日閲覧。
  5. ^ a b c “映画「あのこは貴族」に高良健吾、石橋静河、山下リオらの出演が決定”. Webザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年9月24日). https://thetv.jp/news/detail/244139/ 2020年9月24日閲覧。 

外部リンク[編集]

小説
映画