高良健吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こうら けんご
高良 健吾
高良 健吾
生年月日 1987年11月12日(28歳)
出生地 日本の旗 日本熊本県熊本市中央区
身長 176 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画
テレビドラマ
活動期間 2005年 -
事務所 テンカラット
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
おにいちゃんのハナビ
ソラニン
軽蔑
横道世之介
悼む人
きみはいい子
テレビドラマ
おひさま
花燃ゆ
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

高良 健吾(こうら けんご、1987年11月12日[2] - )は、日本の俳優熊本県熊本市出身[3]テンカラット所属。

略歴[編集]

父親は旅行会社に勤め転勤族であったため、九州内での転居を繰り返す環境にあった。それについて反抗したり、少しだけ引きこもったことがある[4]。熊本県の私立九州学院高等学校卒業[3]

高校生の時に、熊本タウン情報誌『クマモト』にスカウトされ、素人スタッフモデルの一員として編集部に出入りするようになる。当時から俳優業に興味があったため、それを知る同誌の副編集長から東京都芸能事務所社長を紹介され、高校卒業と共に芸能界に入る[5][6]

2005年、ドラマ『ごくせん』で俳優デビューし、2006年公開の『ハリヨの夏』で映画デビュー。以降、映画出演が多く続いているが、ドラマ出演が少ないのは「連ドラで3か月スケジュールを空けるのが難しいからで、ドラマが嫌いというわけじゃない」と語っている[7]2008年公開の映画『蛇にピアス』で全身刺青で顔に15個のピアスをした青年の役を演じた。撮影にあたり特殊メイクを使用した[8]

2011年、『時計じかけのオレンジ』で舞台に初挑戦する[9]2013年、主演映画『横道世之介』で第56回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞[10]

出身地である熊本市の「わくわく親善大使」を務めている[11]

人物[編集]

受賞歴[編集]

出演[編集]

映画[編集]

アニメ映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

TV番組[編集]

  • アナザースカイ (2015年8月28日、日本テレビ) ゲスト、アイスランドを訪れる。
  • ハイビジョン特集 "早過ぎたひと 世紀の伊達だて加藤和彦"(2011年10月15日、NHK BSプレミアム) - 案内 役

ゲーム[編集]

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 劇場未公開作品 / 2009年7月8日から8月31日までYahoo! 動画で配信、2009年10月にCOREDO乃木坂で上映、第35回湯布院映画祭・山形国際ムービーフェスティバル2009・お蔵出し映画祭2011で上映。
  2. ^ 熊本県のPR映画 / 2016年3月4日「菊池映画祭2016オープニングin八千代座」のプレミアム上映作品 / 2016年3月21日 - 4月22日までYouTubeにて無料配信。

出典[編集]

  1. ^ a b 第35回日本アカデミー賞優秀賞 発表!”. 日本アカデミー賞協会 (2012年1月16日). 2012年2月7日閲覧。
  2. ^ 高良健吾 TENCARAT”. テンカラット. 2015年7月12日閲覧。
  3. ^ a b 熊本出身有名人 芸能関係”. 東京熊本県人会. 2012年2月7日閲覧。
  4. ^ 高良健吾 (2010年). 有名人が語る男前の条件「高良健吾」. (インタビュー). インライフ.. 東京都. http://inlifeweb.com/kourakengo_index_e.html 2011年2月9日閲覧。 
  5. ^ 2011年2月6日放送回『情熱大陸』(TBS)出演時のナレーションより
  6. ^ 「LB★エンタメ」、『ラブベリー』、徳間書店、東京都、2005年11月、 pp.59、2005年10月閲覧。
  7. ^ 高良健吾 (2010年). 高良健吾/『ソラニン』インタビュー. インタビュアー:細谷美香. ぴあ映画生活.. 東京都. http://inlifeweb.com/kourakengo_index_e.html 2012年2月7日閲覧。 
  8. ^ “『蛇にピアス』アマ役は裸体に龍の刺青!顔に15個のピアス!”. シネマトゥデイ. (2007年12月14日). http://www.cinematoday.jp/page/N0012307 2012年2月7日閲覧。 
  9. ^ “小栗旬主演☆衝撃と狂騒のパンク・オペラ『時計じかけのオレンジ』稽古場取材!”. 演劇ライフ. (2010年12月10日). http://blog.engekilife.com/2010/12/orenji.html 2012年6月16日閲覧。 
  10. ^ 高良健吾、主演男優賞&作品賞の2冠!沖田監督と黄金タッグだ…ブルーリボン賞”. スポーツ報知. 2014年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月23日閲覧。
  11. ^ 熊本市シティプロモーション課. “わくわく親善大使の紹介 > 俳優 高良健吾さん”. 「わくわく都市くまもと」熊本シティブランド公式サイト. 2012年2月7日閲覧。
  12. ^ 高良健吾 (2007年2月27日). “アーティストさん方”. 高良健吾オフィシャルブログ. アメーバブログ. 2012年2月7日閲覧。
  13. ^ 2016年4月10日 福岡ソフトバンク対オリックス 福岡ソフトバンクホークス(2016年4月10日)
  14. ^ 【ソフトB】高良健吾、地元・藤崎台で始球式「楽しかったし、うれしかった」”. スポーツ報知 (2016年4月10日). 2016年4月26日閲覧。
  15. ^ 巨人の九州シリーズ中止…熊本・藤崎台の内野席破損、照明落下など”. サンケイスポーツ (2016年4月17日). 2016年4月26日閲覧。
  16. ^ 高良健吾 (2011年10月16日). “お久しぶり。”. 高良健吾オフィシャルブログ. アメーバブログ. 2016年4月28日閲覧。
  17. ^ 有名人が語る男前の条件「高良健吾」”. インライフ (2010年9月15日). 2010年9月15日閲覧。
  18. ^ 高良健吾、熊本でのボランティア活動を報告「今回だけで終わりじゃない」”. モデルプレス (2016年4月25日). 2016年4月25日閲覧。
  19. ^ 高良健吾 避難所でお忍び給水活動”. デイリースポーツ Online (2016年4月18日). 2016年4月18日閲覧。
  20. ^ 高良健吾、支援活動まだ継続していた”. デイリースポーツ Online (2016年4月21日). 2016年4月21日閲覧。
  21. ^ 高良健吾 給水ボランティア活動を報告”. デイリースポーツ Online (2016年4月25日). 2016年4月25日閲覧。
  22. ^ 第20回 日本映画プロフェッショナル大賞”. 日本映画プロフェッショナル大賞公式サイト. 2015年12月8日閲覧。
  23. ^ “石原裕次郎新人賞の高良健吾、今年映画7本に出演「ちゃんと人間生活をしなきゃ」”. ORICON STYLE. (2010年12月28日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/83458/full/ 2012年2月7日閲覧。 
  24. ^ “本木雅弘の長女・内田伽羅が最優秀新人女優賞を受賞!!-高崎映画祭”. シネマトゥデイ. (2012年1月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0038403 2012年2月7日閲覧。 
  25. ^ 2012年エランドール賞 受賞者”. 日本映画テレビプロデューサー協会. 2012年2月7日閲覧。
  26. ^ 第56回ブルーリボン賞 作品賞は「横道世之介」(2014年1月23日)、スポニチアネックス、2014年1月23日閲覧。
  27. ^ 高良健吾20代で2冠 初の主演男優賞/映画大賞”. 日刊スポーツ (2015年12月8日). 2015年12月8日閲覧。
  28. ^ 高良健吾「潔く柔く」で“永遠の15歳” 長澤まさみ演じる主人公の幼なじみ”. 映画.com (2013年3月18日). 2013年3月30日閲覧。
  29. ^ 高良健吾、北川景子×深田恭子「ルームメイト」に出演決定!”. 映画.com (2013年6月19日). 2013年6月21日閲覧。
  30. ^ 「ジ、エクストリーム、スキヤキ」に高良健吾と沖田修一監督が友情出演!”. 映画.com (2013年7月27日). 2013年8月24日閲覧。
  31. ^ 上戸彩、8年ぶり映画主演!「武士の献立」で“包丁侍”高良健吾を支える妻に”. 映画.com (2013年1月24日). 2013年3月30日閲覧。
  32. ^ 高良健吾「私の男」出演で念願の熊切作品初参加!”. 映画.com (2013年5月23日). 2013年6月21日閲覧。
  33. ^ 高良健吾「悼む人」映画化で石田ゆり子と決意の初共演!舞台に続き堤幸彦監督がメガホン”. 映画.com (2014年4月15日). 2014年6月9日閲覧。
  34. ^ 高良健吾&尾野真千子「きみはいい子」映画化で呉美保監督とタッグ!”. 映画.com (2014年6月20日). 2014年9月7日閲覧。
  35. ^ “橋本愛&高良健吾、行定勲監督の熊本PR映画「うつくしいひと」に出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年11月2日). http://natalie.mu/eiga/news/164554 2015年11月2日閲覧。 
  36. ^ “熊本・菊池映画祭が開幕 県出身の高良さんに歓声”. 産経新聞. (2016年3月4日). http://www.sankei.com/photo/daily/news/160304/dly1603040034-n1.html 2016年4月26日閲覧。 
  37. ^ “橋本愛、高良健吾、行定勲ら集結の熊本映画がチャリティー上映へ”. シネマトゥデイ. (2016年4月22日). http://www.cinematoday.jp/page/N0082238 2016年4月26日閲覧。 
  38. ^ “実孫も称賛!「蜜のあわれ」高良健吾が演じる芥川龍之介がハマりすぎ”. エイガドットコム. (2016年3月18日). http://eiga.com/news/20160318/7/ 2016年4月26日閲覧。 
  39. ^ 小泉今日子×二階堂ふみ共演作に高良健吾や板尾創路、シティボーイズの面々が参加”. 映画ナタリー (2015年12月10日). 2015年12月10日閲覧。
  40. ^ 「シン・ゴジラ」予告で全身ビジュアル解禁、高良健吾ら325人の追加キャストも発表”. 映画ナタリー (2016年4月14日). 2016年4月14日閲覧。
  41. ^ ジブリ新作「かぐや姫の物語」、主演に21歳新進女優・朝倉あきを抜てき”. 映画.com (2013年9月17日). 2013年9月27日閲覧。
  42. ^ 松重豊、葛飾北斎役でアニメ声優初挑戦! 原恵一監督作「百日紅」主要キャスト発表”. 映画.com (2015年2月27日). 2015年2月27日閲覧。
  43. ^ スペシャルドラマプロジェクト第2弾『青梅街道精進旅行』放送決定!”. MUSIC ON! TV (2008年11月19日). 2012年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月7日閲覧。
  44. ^ 橋本愛、数学で難事件を解決! NHKで連ドラ初主演 相手役は高良健吾”. オリコンスタイル (2013年8月19日). 2013年8月24日閲覧。
  45. ^ 高良健吾×鈴木京香が初共演! 行定勲が再び吉田修一の世界を描く…ドラマ「平成猿蟹合戦図」”. cinemacafe.net (2014年2月9日). 2014年3月19日閲覧。
  46. ^ 瀬戸康史、大河新キャストに決定 東出昌大・高良健吾・要潤と“イケメン四天王”に”. モデルプレス (2014年7月11日). 2014年9月7日閲覧。
  47. ^ 有村架純×高良健吾、月9で“2016年版東京ラブストーリー””. sanspo.com (2015年11月19日). 2015年11月19日閲覧。
  48. ^ KIRIN商品情報「淡麗極上〈生〉」
  49. ^ 地震保険制度創設50周年特設サイト

外部リンク[編集]