きいろいゾウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

きいろいゾウ』は、西加奈子による日本小説、およびそれを原作とする絵本日本映画。小説は、2006年に発売された西加奈子の3作目の小説作品で、アルバイトをしながら執筆活動をした最後の作品。小説のエピソードを元に、作者自らが描いた初絵本作品としても出版。2013年には著作として初の映画化された。

ストーリー[編集]

都会から九州の田舎に引っ越してきた、売れない小説家で介護施設職員の無辜歩(むこ あゆむ、通称・ムコ)と、動物や虫などの声が聞こえる感受性の強い妻利愛子(つまり あいこ、通称・ツマ)。田舎で近所の一風変わった人たちと付き合いつつも穏やかに凄く日々。しかし、ある日ムコに手紙が届き、彼はその背中の刺青に纏わる、ある出来事に向き合うため東京へ向かう。

書籍[編集]

映画[編集]

きいろいゾウ
監督 廣木隆一
脚本 黒沢久子
片岡翔
原作 西加奈子
出演者 宮崎あおい
向井理
音楽 大友良英
主題歌 ゴスペラーズ氷の花
撮影 鍋島淳裕
編集 菊池純一
製作会社 「きいろいゾウ」製作委員会
配給 ショウゲート
公開 日本の旗 2013年2月2日
上映時間 131分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 4億6,000万円
テンプレートを表示

2013年2月2日公開の。宮崎あおい向井理の初共演作[1]。監督は『余命1ヶ月の花嫁』の廣木隆一。

宮崎は、原作本の帯コメントに「いつか、この小説の『ツマ』役を演じてみたいです」寄稿しており、向井もまた、雑誌のお薦めの一冊に挙げるなど、原作のファンであった[1]

主に、三重県松阪市伊勢志摩などでロケが行われ[1]、ロケに使われた三重県松阪市柚原ゆのはら町の古民家は観光向けとして一般公開された[2]

キャッチコピーは「痛みを知る、すべての人へおくる感動のラブストーリー」。

全国236スクリーンで公開され、2013年2月2、3日の初日2日間で興収8,549万7,630円、動員動員6万3,653人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第7位となった[3]。最終興収は4億6,000万円[4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

ゴスペラーズ氷の花」(キューンミュージック

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c 宮崎あおいと向井理が夫婦役で初共演。「2人の関西弁も実に似合っている」と監督 2012年5月18日 ムービーコレクション
  2. ^ 映画「きいろいゾウ」ロケ地 松阪・柚原古民家に観光客読売新聞 2013年1月31日
  3. ^ R指定テディベア映画まさかの返り咲き!『テッド』が再びトップ!【映画週末興行成績】シネマトゥデイ 2013年2月5日
  4. ^ 「2013年 日本映画・外国映画業界総決算」、『キネマ旬報(2月下旬決算特別号)』第1656号、キネマ旬報社2014年、 201頁。

外部リンク[編集]