アタック (洗剤)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
洗濯用洗剤「アタック」

アタック(Attack)は、花王から発売されている洗濯用洗剤で、同社の登録商標(第1929596号ほか)である。1987年にコンパクト粉末洗剤として発売された。後に液体洗剤も発売され、現在では部分洗い用液体洗剤や漂白剤・柔軟剤を配合した粉末洗剤など、消費者のニーズに合わせて様々な製品がある。

なお、1969年に当時の花王石鹸から大型洗剤、酵素無配合の「アタック」が発売されている(1973 - 1974年ごろ製造終了)。

商品概要・歴史[編集]

アタック発売まで(1975年 - 1987年)[編集]

花王は1975年にも従来の大型洗剤を濃縮・小型化した中規模のコンパクト洗剤を開発していた。1973年のいわゆる「オイルショック」を契機に、資源の節約を目指した製品だった。従来の半分の使用量で洗え、大箱と同じ使用回数があって90 - 110円割安と宣伝。「新 ザブ」、「ニュービーズ」を始め、既存の洗剤を次々とコンパクト化した。同業他社のライオン(「スパーク25」、「ブルーダイヤ25」等)やP&G(「新 オール」)も追随したが、当時は洗剤を計量して使う習慣が少なかった事もあって本格的な普及には至らず、数年で姿を消す結果となった。

1980年代には洗剤に含有する「リン酸塩」などが原因で河川の水質汚染も問題となり、リン酸塩に代わって「酵素」を配合する洗剤が登場した。それらの教訓と経験と研究を得て、1987年、花王の創立100周年を機に、現在の「アタック」の登場となった。

アタック発売とコンパクト洗剤の普及(1987年 - 1995年)[編集]

粉末洗剤「アタック」は1987年に、同社の「ザブ」に代わる主力商品として発売された。ザブが「ガンコな汚れに」のキャッチフレーズで知られたのに対してアタックは「わずかスプーン1杯で驚きの白さに」をキャッチフレーズとした。

製品には計量スプーンが添付され、手を汚さずに投入できるほか1回あたりの使用量を正しく守ることができるよう工夫された。それでも初期の製品には使いすぎを防ぐため箱の内側に「スプーン1杯で汚れ落ちは十分です」と書かれていた。

現在の形式のコンパクト洗剤はアタックが世界初であり、箱の大きさはそれまでの洗剤のそれと比べ4分の1以上に小型化された。また、「バイオ酵素」(アルカリセルラーゼ。青い粒子)が配合され、従来の洗剤では落とせなかった、繊維の奥の汚れを落とすなど機能面の優位性[1]もアピールされた。

これにより洗濯用洗剤ではシェア1位となり、現在に至るまでトップシェアを守り続けている。アタックの発売により、同年には中小の洗剤メーカー数社が、コンパクト洗剤の市場に参入し、翌1988年にはライオンP&Gも、コンパクト洗剤を発売した。これにより、ほとんどの洗濯洗剤が瞬く間に小型化された。ライオンは大型洗剤の販売を継続しているが、P&Gなど他の多くの洗剤メーカーが、大型洗剤の製造・販売を終了した。花王も、1995年末に大型洗剤(家庭用)の販売を終了している。

製品の多様化とリニューアル(1995年 - )[編集]

1995年には粉末洗剤「アタック」が「新コンパクトアタック」にリニューアルし、さらにコンパクト化[2]された。また、同年に発売された液体洗剤「液体アタック」を皮切りに、消費者のニーズに合わせて様々な製品が開発されており、新製品の発売や既存製品のリニューアルが頻繁に行われている。

年表[編集]

  • 1969年 - 大型洗剤、酵素無配合の「アタック」を発売。
  • 1987年 - コンパクト粉末洗剤、酵素配合の「アタック」を発売。
  • 1995年 - 粉末洗剤「アタック」を「新コンパクトアタック」にリニューアルし、さらにコンパクト化。液体洗剤「液体アタック」を発売。
  • 1998年 - 部分洗い用洗剤「アタックポイント洗い」が発売。
  • 2000年10月 - 粉末洗剤を水溶性シートで覆った「アタックシートタイプ」(後にアタックシートに改名)が発売。
  • 2001年 - 粉末洗剤に「マイクロ粒子」を採用。
  • 2002年 - 新たな部分洗い用洗剤としてスプレータイプの「アタック泡スプレー」が発売。
  • 2003年 - 漂白成分が含まれている粉末洗剤「アタック漂白剤in」を発売。
  • 2004年 - 粉末洗剤「アタック」に緑と青の2種類の酵素の粒子が配合された。
  • 2005年3月 - 「アタックシート」生産終了。
  • 2006年 - 粉末洗剤「アタック」の酵素が、独自の「高活性バイオ酵素」にリニューアル。「アタック漂白剤in」の後継商品として洗浄・漂白・除菌・防臭・柔軟成分が含まれている「アタックALL in」を発売。
  • 2007年 - 「アタック」発売20周年を迎え、「20年目のアタック」のキャッチフレーズで記念製品「20周年限定品(ホワイトソープの香り)」が限定販売された。同年9月には、アタックとハミングで共同開発した「スタイルフィット」というブランド内の洗剤として「アタックスタイルフィット」が発売されたが、粉末洗剤は2009年6月に廃止され、液体洗剤を含むスタイルフィット全製品も2011年3月をもって生産を終了した。
  • 2008年
    • 1月23日 - 液体アタックの後継商品として「アタックバイオジェル(2009年4月に「アタック高活性バイオEXジェル」に改良)」が発売された。同年の11月には冬季限定品「アタック Special Winter Edition(ホワイトクリスタルアロマの香り)」が発売され、以来毎年11月に同様の製品が限定販売されている(製品名は「アタック高活性バイオEX Special Winter Edition」)。また、「アタックALLin」にも数量限定で別の香りが販売されている。
    • 6月 - 粉末洗剤「アタック」のパッケージに「液体洗剤の2倍の洗浄成分[3]」と表記された。また、計量スプーンにも改良が加えられ、「さくっとスプーン」となった。
  • 2009年8月 - 超コンパクト液体洗剤「アタックNeo」が発売。
  • 2012年 - 発売25周年を迎え、同年3月に発売20周年の時と同じように数量限定品を発売。今回はブランドのシンボルである清潔な白さを象徴する「イノセントローズの香り」で、粉末洗剤(アタック高活性バイオEX)のほかに、超コンパクト液体洗剤「アタックNeo」にも設定される。
    • 9月15日 - 「アタックALL in」の後継商品として「アタック高浸透リセットパワー」を発売。
    • 11月 - 「アタック高活性バイオEX」・「アタックNeoバイオEXパワー」に発売25周年記念数量限定品の第2弾として、清川あさみデザインの「セレブローズの香り」を発売。内容量は通常品より少なく設定されている(高活性バイオEX:950g、NeoバイオEXパワー本体:360g、NeoバイオEXパワーつめかえ用:320g)
  • 2013年
    • 3月 - 「アタック高活性バイオEX」・「アタックNeoバイオEXパワー」に清川あさみデザインの数量限定品の第2弾として、「ブリリアントブロッサムの香り」と「ブリリアントガーデンの香り」を発売。内容量は通常品より少なく設定されている(高活性バイオEX:950g、NeoバイオEXパワー本体:360g、NeoバイオEXパワーつめかえ用:320g)。ただし「NeoバイオEXパワー」は、本体360g+つめかえ用320gのセットでの販売となる。
    • 4月20日 - 「アタック高活性バイオEX つめかえパック」を発売。
    • 6月 - 液体洗剤「アタック高活性バイオEXジェル」をリニューアルし、「アタック高浸透バイオジェル」に改名した。
    • 8月(一部店舗は同年7月最終週) - 「アタックNeoバイオEXパワー」を全面刷新し、新洗浄成分の配合により洗浄時間を高速化した「ウルトラアタックNeo」を発売。
  • 2014年
    • 3月 - 「アタック 高浸透リセットパワー」をパッケージリニューアル。ブルー基調のパッケージとなる。さらに、「つめかえパック」が新たに設定された。
    • 5月 - 超コンパクト液体洗剤「アタックNeo抗菌EXパワー」を全面刷新し、防カビ性能を高めた「アタックNeo抗菌EX Wパワー」を発売。
    • 9月 - 「尿臭ブロッカー」と高浸透洗浄成分を配合した「アタック消臭ストロング」・「アタック消臭ストロングジェル」を発売(併せて、衣類・布・空間用消臭剤リセッシュ」にも「除菌EX 消臭ストロング」を発売した)。
  • 2015年
    • 3月 - 液体洗剤「アタック消臭ストロングジェル」に業務用を追加発売。
    • 5月 - 液体洗剤「アタック 高浸透バイオジェル」をパッケージリニューアル。「アタック」のロゴデザインも変更した。
    • 6月 - 液体洗剤「アタック 抗菌EX スーパークリアジェル」を発売。
    • 8月(一部店舗は7月最終週) - 「ウルトラアタックNeo」をリニューアル。
    • 10月 - 衣料用つけおき専用洗剤「アタック消臭ストロング つけおき専用洗剤」を発売。
    • 11月 - 「ウルトラアタックNeo」に業務用を追加発売。
  • 2016年
    • 1月 - 「アタックNeo抗菌EX Wパワー」をリニューアル。
    • 7月 - 「ウルトラアタックNeo」をリニューアル。

キャッチフレーズ[編集]

  • 1987年 - 2004年「スプーン1杯で驚きの白さに
  • 2004年 - 2006年「せんいの奥から(さらに)驚きの白さに」(酵素が改良されキャッチフレーズも変更となった)
  • 2006年 - 2008年6月「たっぷりを一度に洗えて驚きの白さに
  • 2008年6月 - 2012年8月「ニオイ・くすみのない驚きの白さに
  • 2012年8月 - 現在「皮脂・ニオイ・ガンコな汚れまで驚きの白さに

ラインナップ[編集]

現行のアタックシリーズは、「ウルトラアタックNeo」・「アタックNeo抗菌EX Wパワー」と部分洗い用製品の2品を除いて、全品に蛍光増白剤が配合されている。以前発売されていた「液体アタック」、「アタックスタイルフィット」は、蛍光増白剤が無配合であった。

また、界面活性剤の配合比率は、粉末タイプは22%、ジェル(液体)タイプは34%、「アタックNeo抗菌EX Wパワー」は58%、「ウルトラアタックNeo」は60%である。使用している界面活性剤は、「アタックNeo抗菌EX Wパワー」を除く全品がLASと非イオン系である。

粉末洗剤[編集]

アタック高活性バイオEX
粉末洗剤で、当ブランドの基盤製品。2009年4月にリニューアルされ、ニオイ除去力を強化した。後述の「高浸透リセットパワー」の発売に合わせ、2012年9月にパッケージデザインをリニューアルした。
750g / 1.5kg(1987年 - 1995年) → 600g / 1.2kg(1995年 - 2006年) → 500g / 1.1kg(2006年 - 2008年5月) → 500g / 1.0kg(2008年6月 - 2009年4月)→ 450g / 1.0kg(2009年4月 - 2012年3月) → 1.0kg(2012年3月 - )
つめかえパックの容量は900g。袋ごと箱に入れてから開封するのでつめかえ時に粉が飛び散らない。箱と計量スプーンを再利用し、つめかえ2回目以降は空のパックを小さく丸めて捨てるだけなので、ごみ重量を約90%削減できる。なお、「アタック高活性バイオEX」の1.0kg専用だが、950g入りの企画品の箱にもつめかえできる。
ワンパックアタック高活性バイオEX
通常の「アタック高活性バイオEX」をスプーン一杯分(27g)ずつ包装した旅行コインランドリー用。2012年9月にパッケージデザインをリニューアル。
アタック高浸透リセットパワー
ワイドハイターEXパワーと共同開発した除菌・消臭成分配合。漂白剤・柔軟剤配合のオールインタイプ。容量は900g。最小使用量は24g(37 - 38回分)。
つめかえパックの容量は810g。「アタック高活性バイオEX つめかえパック」同様、袋ごと箱に入れてから開封することでつめかえ時に粉が飛び散らず、箱と計量スプーンを再利用し、つめかえ2回目以降は空のパックを小さく丸めて捨てるだけなので、ごみ重量を約90%削減できる。
アタック消臭ストロング
「尿臭ブロッカー」、高浸透洗浄成分、黄ばみ防止成分配合。漂白剤・柔軟剤配合のオールインタイプ。容量は900g。最小使用量は24g(37 - 38回分)。

つけおき専用洗剤[編集]

アタック消臭ストロング つけおき専用洗剤
「尿臭ブロッカー」と漂白剤を配合した1回(35g)使いきりのワンパックタイプ(1箱10袋入)。本品は洗たく前に使用するつけおき用である(約30分つけおきしてすすぎをした後、もう一度通常の洗濯をする)。

液体洗剤[編集]

ウルトラアタックNeo(ネオ)
2009年8月に「アタックNeo」として発売した超濃縮液体洗剤。洗浄成分「アクアWライザー」により配合組成中の水の使用量を極限まで減らしたことで2.5倍(当社1.0kg液体洗剤比)の高濃度となり、併せて、すすぎ1回を実現した。当社が2009年6月に定めた環境宣言"いっしょにeco"を具体化した製品であり、2010年7月出荷分より本体ラベルに「いっしょにeco」マークが記された。同年8月のリニューアルでは洗浄力と香りの良さを向上し、「ニュービーズNeo」の発売に合わせ、2011年1月からはつめかえ用の内容量が増量された(320g→360g)。同年3月にパッケージデザインを変更。同年12月にはホームセンターなどの一部販売店限定で、通常品の約1.5倍とした大サイズ(610g)と大サイズ専用のつめかえ用(550g)を追加発売した(610g・つめかえ用550gは花王ホームページの製品情報には掲載されていない)。2012年7月にフルーティーフレッシュの香りとなってリニューアルし、「アタックNeo バイオEXパワー」に改名。
2013年8月(一部店舗は同年7月最終週)に、独自に開発した新世代型洗浄成分「ウルトラアニオン」を採用したことで洗濯時間が短い「スピードコース(洗濯機のメーカーや機種により「お急ぎ」コースなどと表記されることがある)」にも対応し、香りをフルーティーソープの香りに変更。現商品名に改名した。同年10月にはホームセンターなどの一部販売店限定で、つめかえ用(通常サイズ用)の約2.6倍とした950g入りの大容量で、キャップ付きで大サイズにも対応した詰め替えできるつめかえ用特大サイズを追加発売した(大サイズ同様、花王ホームページの製品情報には未掲載)。併せて、本体が仕様変更され、残量やつめかえ時の補充量を確認するための透明窓を設けた。2014年8月には一部販売店やオンラインショップ限定でつめかえ用超特大サイズの1300g入りを追加発売した(大サイズ・つめかえ用特大サイズ同様、花王ホームページの製品情報には未掲載)。なお、2015年に入り、一部販売店限定で発売されていた大サイズ専用つめかえ用(550g)が製造・販売を終了したため、いずれもキャップ付の特大サイズ(950g)または超特大サイズ(1300g)が大サイズのつめかえ用を兼ねることとなった。
2015年8月(一部店舗は同年7月最終週)には界面活性剤とクエン酸の複合成分である「ウルトラクエン酸C」が配合され、抗菌効果もプラス。香りをリフレッシュソープの香りに変更した。同年11月には「Kaoプロフェッショナル」の1製品として、業務用を追加設定した。業務用はキャップ付パウチ仕様の2kg入りで、取っ手の代わりとなる「エアホールドグリップ」を採用している。600mlの専用詰め替え容器が用意されているが、家庭用の400gボトル・610gボトル(大サイズ)でもつめかえ可能である。
2016年7月にはこれまで洗浄補助剤として配合されていた酵素(プロテアーゼ)を大きく刷新し、独自に開発した新酵素を配合。また、パッケージカラーをエメラルドグリーンに変更し、本体はキャップの注ぎ口をV字型にした「スマートキャップ」を新たに採用した。
なお、本製品は「第7回エコプロダクツ大賞」の環境大臣賞を受賞している[4]
アタックNeo(ネオ) 抗菌EX Wパワー
2011年7月に「アタックNeo 抗菌EXパワー」として発売。液体タイプの洗たく用洗剤では唯一、漂白剤を配合(日本国内において、2014年2月花王調べ)。「アタックNeo」と同じようにすすぎ1回が可能である。2014年5月に防カビ成分をアップし、製品名が変更された。
なお、高い消臭効果を長期間安定して保持するため原液は弱酸性となっている(水で薄めた状態では中性となる)。
販売開始当初はパッケージカラーがミントグリーンだったが、2013年6月よりスカイブルーに変更。2014年5月のリニューアル時に青となった。
また、2013年6月の仕様変更と同時期に「アタックNeo バイオEXパワー」同様、一部販売店限定で大サイズ610gと大サイズ専用つめかえ用550gを追加発売した(花王ホームページの製品情報には掲載されていない)。同年10月には「ウルトラアタックNeo」同様に、ホームセンターなどの一部販売店限定で、つめかえ用(通常サイズ用)の約2.6倍とした950g入りの大容量で、キャップ付きで大サイズにも対応するつめかえ用特大サイズを追加発売した(大サイズ同様、花王ホームページの製品情報には未掲載)。併せて、本体が仕様変更され、残量やつめかえ時の補充量を確認するための透明窓を設けた。2014年8月にはにはつめかえ用に一部販売店やオンラインショップ限定で1300g入りの超特大サイズを追加発売した(大サイズ・つめかえ用特大サイズ同様、花王ホームページの製品情報には未掲載)。なお、2015年に入り、一部販売店限定で発売されていた大サイズ専用つめかえ用(550g)が製造・販売を終了したため、いずれもキャップ付の特大サイズ(950g)または超特大サイズ(1300g)が大サイズのつめかえ用を兼ねることとなった。
2016年1月のリニューアルでは、独自に研究開発した「ロングパワー抗菌成分」を配合し、抗菌力と消臭効果の持続性を向上した。
アタック高浸透バイオジェル
「液体アタック」の後継製品で、2008年1月23日に「アタックバイオジェル」として発売したジェル状の液体タイプ。独自に開発した「液体用高活性バイオ酵素」を配合。2009年4月に「アタック高活性バイオEXジェル」へ改名。2013年6月に「新高浸透洗浄成分」を配合して洗浄力をアップ。香りも天然ユーカリ成分を配合したハーバルグリーンの香りに変更したリニューアルを行い、商品名も変更された。
2012年11月にはホームセンターなどの一部販売店限定で通常サイズの2倍容量としたキャップ付のつめかえ用超特大サイズ(1.8kg)を追加設定した(本サイズは花王ホームページの製品情報には掲載されていない)。
2013年6月のリニューアルに伴い、本体・つめかえ用の内容量を変更した(本体:1.0kg→900g、つめかえ用:900g→810g、つめかえ用超特大サイズは従来通り1.8kgのままのため、通常サイズの約2.2倍容量となった)。
アタック抗菌EXスーパークリアジェル
「抗菌クリア成分」を高配合したジェル状の液体タイプ。
2015年8月にはホームセンターなどの一部販売店限定で通常サイズの約2.2倍容量としたキャップ付のつめかえ用超特大サイズ(1.8kg)を追加設定した(本サイズは花王ホームページの製品情報には掲載されていない)。
アタック消臭ストロングジェル
「アタック消臭ストロング」のジェル状液体タイプ。粉末タイプとは異なり、漂白剤や柔軟剤は配合されていない。2015年3月には主に病院や介護施設に向けた4kgボトル入りの業務用が追加された。

部分用[編集]

アタックシュッと泡スプレー
2002年発売。汚れに直接スプレーするスプレータイプ。
販売終了品
アタック漂白剤in
2003年4月に発売された漂白成分入りの洗剤。アタックALL inの発売に伴い廃止。
アタックALL in(オールイン)
2006年6月発売。洗浄・漂白・除菌・防臭・柔軟成分を配合した粉末洗剤。「アタック漂白剤in」の後継製品。ここ数年、通常品のほかに季節限定で香り違いの製品が発売されていた。「アタック高浸透リセットパワー」の発売に伴い、2012年8月製造終了。
アタックシート
2000年10月に「アタックシートタイプ」として発売。「溶けるシートで驚きの白さに」をキャッチフレーズに、固形の洗剤を水溶性シートで覆うことにより、洗剤に手を触れなくてよい、計量しなくて良いといった利便性を実現した洗剤だったが、2005年3月製造終了となった。
液体アタック
1995年発売。当初は640mlボトルしかなかったが、消費者の使い勝手の向上のため、2005年に1000mlボトルも発売され、同時に抗菌剤も配合された。2008年1月に後継品のアタックバイオジェル発売に伴い製造終了。
アタックスタイルフィット 粉末洗剤
2007年9月発売。パッケージには「アタック」のロゴが書かれているが、独自ブランドとして扱われている。2009年6月生産終了。
アタックスタイルフィット 液体洗剤
2007年9月発売。パッケージには「アタック」のロゴが書かれているが、独自ブランドとして扱われている。2011年3月生産終了。
アタック(大型洗剤)
1969年2月頃発売。標準使用量(水30Lに対して)が50gの製品であった。1973 - 1974年ごろ製造終了。
アタックポイント洗い

1998年発売。 2017年3月末をもって販売終了。

ギフト製品[編集]

濃縮液体洗剤[編集]

ウルトラアタックNeoギフト(スーパー・小売店専用)
「ウルトラアタックNeo」のみの詰め合わせ。仕様は店頭販売品と同一だが、金のリボンを配したギフト専用パッケージとなり、つめかえ用の内容量が異なる(ギフト用は通常品より40g少ない320g)。つめかえ用の個数が異なる3種類を設定する。「ウルトラアタックNeo」へのリニューアルに合わせて2013年10月に「アタックNeoギフト」をリニューアルし、本体を1本に減らす代わりに、つめかえ用を1袋増やした(K・AE-25は4袋→5袋、K・AE-30は5袋→6袋、K・AE-50は10袋→11袋)。
アタックNeo抗菌EX Wパワーギフト(スーパー・小売店専用)
「アタックNeo抗菌EX Wパワー」のみの詰め合わせ。2014年5月のリニューアルに伴ってギフト専用パッケージとなり、本体を1本に減らす代わりにつめかえ用の内容量を320gに減らして個数を3袋増量して8袋となり、K・AM-35からK・AM-40となった。2016年5月に本体1本+つめかえ用6袋のK・AM-30と本体1本+つめかえ用11袋のK・AM-50を追加した。
ウルトラアタックNeo 香りのブーケギフト
「ウルトラアタックNeo」の詰め合わせ。本ギフトでは、ギフト専用仕様品として「グラシアスローズの香り」、「ハッピーミモザの香り」、「プレジャーアイリスの香り」の3種類が用意される。スーパー・小売店向けは2014年3月に、デパート向けは翌月の同年4月に「アタックNeo 香りのブーケギフト」をリニューアルし、「スピードコース」に対応した「ウルトラアタックNeo」仕様となる。
手提げ箱入り仕様は「グラシアスローズの香り」のみとなっており、本体・つめかえペア構成のK・AZ-10RとK・AZ-10Rにつめかえ用を1袋追加したK・AZ-15R(2011年3月発売)の2種類があり、2013年3月からスーパー・小売店にも販路を拡大した。複数の香りが入った仕様はデパートのみの扱いとなっており、K・AZ-20(2011年11月発売)はK・AZ-10Rのセット構成に「プレジャーアイリスの香り」の本体・つめかえを1ペア追加した仕様。K・AZ-25(2010年10月発売)はK・AZ-15Rのセット構成に「プレジャーアイリスの香り」と「ハッピーミモザの香り」の本体を各1本ずつ追加した仕様。K・AZ-30はK・AZ-20のセット構成に「ハッピーミモザの香り」の本体・つめかえを1ペア追加した仕様。K・AZ-40(2011年3月発売)はK・AZ-30のセット構成につめかえ用を各1袋ずつ追加した仕様。K・AZ-50はK・AZ-40のセット構成に「グラシアスローズの香り」のつめかえ用を2袋追加した仕様となる。
ウルトラアタックNeo プレミアムギフトコレクション(デパート専用)
「ウルトラアタックNeo グラシアスローズの香り」と洗たく用品、食器用洗剤「キュキュット クエン酸効果」の詰め合わせ。2014年4月に「スピードコース」に対応した「ウルトラアタックNeo」に変更して「アタックNeo プレミアムギフトコレクション」をリニューアルした。
後述の「アタック プレミアムギフトコレクション」同様、超コンパクト液体洗剤を除くセット製品は「Kao Premium」ロゴ入りの専用仕様となる。また、超コンパクト液体洗剤の本体は各セット1本ずつとなっている。
「アタック プレミアムギフトコレクション」のリニューアルに合わせ、2015年3月にリニューアル。柔軟剤が「フローラルハミング プレミアムコレクション」から「フレアフレグランス プレミアムコレクション」に差し替え、従来セットされていたおしゃれ着用洗剤が省かれる代わりに、従来はK・AX-50のみにセットされていた衣類用漂白剤が全種類にセットされるようになり、K・AX-50にセットされる食器用洗剤が1本増量した。
K・AX-25(2012年11月発売)は前述のK・AZ-15Rのセット構成に柔軟剤・衣類用漂白剤・食器用洗剤を各1本ずつ追加した仕様。K・AX-30はK・AX-25のセット構成に「ウルトラアタックNeo グラシアスローズの香り」のつめかえ用と食器用洗剤を各1つずつ追加した仕様。K・AX-40(2012年11月発売)はK・AX-30のセット構成に「ウルトラアタックNeo グラシアスローズの香り」のつめかえ用を2袋追加した仕様。K・AX-50はK・AX-40のセット構成に「ウルトラアタックNeo グラシアスローズの香り」のつめかえ用を1個、食器用洗剤を2本追加した充実構成となる。
ウルトラアタックNeo ローズタイムギフト(スーパー・小売店専用)
2014年3月に新たに発売された「ウルトラアタックNeo」を中心とした暮らしのギフト。本ギフトでセットされる「ウルトラアタックNeo」は本ギフト限定の「ローズタイム フレグランスローズの香り」となり、柔軟剤(フレア フレグランス フローラル&スウィート)をはじめとしたローズ系の香りのセット品も本ギフト限定の「ローズタイム」仕様としてパッケージデザインが統一されている。ラインナップは大きく3つに分かれており、K・AY-10とK・AY-15は洗たく用洗剤と柔軟剤の構成(K・AY-15は洗たく用洗剤のつめかえ用を1袋追加)、K・AY-25とK・AY-30は洗たく用洗剤・柔軟剤に加え、衣類・布製品・空間用消臭剤「リセッシュ ローズタイム エッセンシャルローズの香り(「アロマチャージ Luxury エッセンシャルローズの香り」に相当)」を追加したセット構成(併せて、洗たく用洗剤のつめかえ用が1袋追加となり、K・AY-30には柔軟剤のつめかえ用も1袋追加)。K・AY-50はK・AY-30のセット構成に浴室用洗剤「バスマジックリン ローズタイム エッセンシャルローズの香り(「泡立ちスプレー アロマ消臭プラス」に相当)」を追加するとともに、柔軟剤のつめかえ用を1袋追加し、衣類・布製品・空間用消臭剤にもつめかえ用を2袋追加したセット内容となる。
なお、「フレア フレグランス」にギフト用サイズの400mlが設定されるのはこのセットが初めてで、併せて、ギフト専用のつめかえ用(320ml)も設定されている。
2016年3月に、K・AY-25/AY-30/AY-50において、衣類・布製品・空間用消臭剤と浴室用洗剤(浴室用洗剤K・AY-50のみ)を市販品の改良に合わせた現行仕様(「リセッシュ」は「除菌EX ローズタイム 朝露にぬれるガーデンローズの香り(「除菌EX プレジャーブーケ 朝露にぬれるガーデンローズの香り」相当)」)に更新するリニューアルを行った。

液体洗剤[編集]

アタックバイオジェル お洗たくセット(スーパー・小売店専用)
「アタック高浸透バイオジェル」と衣類用漂白剤「ワイドハイターEXパワー」のコンビセット。本体は各1本ずつである。また、液体洗剤・衣類用漂白剤共に文字要素を少なくしたギフト専用パッケージとなる。つめかえ用の個数が異なる2種類が設定される。
アタック抗菌EX スーパークリアジェル バラエティーセット(スーパー・小売店専用)
「アタック抗菌EX スーパークリアジェル」と衣類用漂白剤「ワイドハイターEXパワー」、衣類・布・空間用消臭剤「リセッシュ 除菌EX 香り残らない」を詰め合わせたセット。液体洗剤はギフト専用パッケージとなるほか、衣類用漂白剤と衣類・布・空間用消臭剤も文字要素を少なくしたギフト専用パッケージとなる。液体洗剤の本体は1本のみで、K・AK-30は液体洗剤のつめかえ用が3袋セット、K・AK-50は液体洗剤のつめかえ用が6袋セットされるほか、衣類用漂白剤にもつめかえ用が1袋セットされる。

粉末洗剤[編集]

ギフト向け「アタック」は通常品より容量を大きくしている[5]。また、ギフト専用の「アタック プレミアム」(1.1kgまたは1.5kg)があり、花柄の白いパッケージとロイヤルホワイトソープの香りが特徴である。

アタックギフト(スーパー・小売店専用)
「アタック」のみのギフト。2015年3月にパッケージリニューアルを行ったことに伴い、デパート向けは後述の「アタック プレミアムギフト」へ統合して廃止したため、スーパー・小売店向けのみの設定となった。2個入り(K・A-20)/3個入り(K・A-30)/4個入り(K・A-40)/5個入り(K・A-50)/6個入り(K・A-60)の5種類を設定する。
アタック クリーンライフギフト(スーパー・小売店専用)
「アタック」と柔軟剤・食器用洗剤・浴室用洗剤を詰め合わせた暮らしのギフト。以前にも「クリーンライフセット」として発売されていたが2010年5月から新セット内容で復活した。「アタック」の個数が異なる4種類を設定する。
2016年3月に浴室用洗剤を現行仕様に更新するリニューアルを行った。
アタック プレミアムギフト(デパート専用)
「アタック プレミアム」のみの詰め合わせ。元々デパート専用製品として発売し、2008年のお中元シーズンからスーパー・小売店仕様が登場していたが、2010年からは再びデパート専用となった。2015年3月にパッケージリニューアル。併せて、ラインナップが整理され、2個入り(K・AO-20DP)/3個入り(K・AO-30DP)/4個入り(K・AO-40DP)/5個入り(K・AO-50DP)の4種類となった。
アタック プレミアムギフト コレクション
「アタック プレミアム」と洗濯用品、食器用洗剤(キュキュット)の詰め合わせ。本製品では「アタック プレミアム」以外のセット品も「Kao Premium」ロゴ入りの共通パッケージを採用(製品を区別する為、キャップは通常品と同一で、ラベルには「柔軟剤」などと品名を記載)。
「アタック プレミアム」同様、2015年3月にリニューアル。K・AP-10を除く全種類にセットされている柔軟剤が従来の「フローラルハミング プレミアムコレクション」から「フレアフレグランス プレミアムコレクション」に差し替えられ、K・AP-15/AP-30DP/AP-40DP/AP-50DPにセットされていたおしゃれ着用洗剤が省かれる代わりに、K・AP-40DP/AP-50DPにセットされている衣類用漂白剤がK・AP-15/AP-30DPにもセットされるようになった。また、デパート専用だったK・AP-25DPがスーパー・小売店にも販路を拡大し、K・AP-25となった。また、デパート向け専用はK・AP-30DP/AP-40DP/AP-50DPの3種類に整理された。
組み合わせ構成はセットによって異なり、K・AP-10は食器用洗剤のみ、左記以外は柔軟剤・衣類用漂白剤・食器用洗剤がセットされ、K・AP-25/AP-40DP/AP-50DPには食器用洗剤が2本セットされる。

その他[編集]

アタック バイオジェル ホームセット(スーパー・小売店専用)
液体洗剤「アタック 高浸透バイオジェル」と食器用洗剤「キュキュット」、浴室用洗剤「バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス」の詰め合わせ。なお、「アタック高浸透バイオジェル」の本体は1本のみで、つめかえ用が3袋又は5袋がセットされる(K・AF-50は「バスマジックリン 泡立ちスプレー 除菌消臭プラス」にもつめかえ用がセットされ、「キュキュット」を1本追加)。
2016年5月に浴室用洗剤を現行仕様に更新するリニューアルを行った。

配合成分[編集]

アタック高活性バイオEX
界面活性剤(22%、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウムポリオキシエチレンアルキルエーテル
アルカリ剤(炭酸塩)、水軟化剤(アルミノけい酸塩)、工程剤(硫酸塩)、分散剤、蛍光増白剤、酵素
アタック高浸透リセットパワー
界面活性剤(22%、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム、ポリオキシエチレンアルキルエーテル)
水軟化剤(アルミノけい酸塩)、アルカリ剤(炭酸塩)、工程剤(硫酸塩)、漂白剤、分散剤、柔軟剤、蛍光増白剤、酵素
アタック消臭ストロング
界面活性剤(22%、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム、ポリオキシエチレンアルキルエーテル)
水軟化剤(アルミノけい酸塩)、アルカリ剤(炭酸塩)、工程剤(硫酸塩)、漂白剤、分散剤、柔軟剤、蛍光増白剤、酵素
アタック消臭ストロング つけおき専用洗剤
界面活性剤(6%、ポリオキシエチレンアルキルエーテル)
漂白剤、アルカリ剤(炭酸塩)、漂白活性化剤、水軟化剤、安定化剤、蛍光増白剤、酵素
ウルトラアタックNeo
界面活性剤[59%、高級アルコール系(陰イオン)、高級アルコール系(非イオン)、脂肪酸系(陰イオン)]
安定化剤(ブチルカルビトール)、アルカリ剤、香料、酵素
アタックNeo 抗菌EX Wパワー
界面活性剤[58%、高級アルコール系(非イオン)]、安定化剤(ブチルカルビトール)、分散剤、漂白剤
アタック高浸透バイオジェル
界面活性剤(34%、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、直鎖アルキルベンゼン系)
安定化剤、アルカリ剤、pH調整剤、分散剤、酵素、蛍光増白剤
アタック抗菌EXスーパークリアジェル
界面活性剤[27%、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、高級アルコール系(陰イオン)]
安定化剤、pH調整剤、酵素、蛍光増白剤
アタック消臭ストロングジェル
界面活性剤(34%、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、直鎖アルキルベンゼン系)
安定化剤、アルカリ剤、pH調整剤、分散剤、酵素、蛍光増白剤
アタック シュッと泡スプレー
界面活性剤[7%、脂肪酸アミドプロピルアミンオキシド] 、金属封鎖剤、アルカリ剤、安定化剤、pH調整剤
アタック ポイント洗い
界面活性剤[36%、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、直鎖アルキルベンゼン系、高級アルコール系、(陰イオン)、アルキルアミンオキシド]
安定化剤、アルカリ剤、ph調整剤、分散剤、酵素

用語[編集]

サクッとスプーン
計量スプーン。大型洗濯機に対応して、斜めカット形状で一度でたっぷりの洗剤をサクッとすくえる。無駄なく使うための必需品。
「アタック」をはじめ、花王の全ての粉末洗剤に採用された。
マイクロ粒子
独自開発のマイクロ粒子は粒が小さく、きれいな球状。それだけでなく、一粒一粒の中に空気が閉じ込められたエアーイン構造。
水に触れた瞬間、中の空気がはじけて一気に溶け込み、衣類の隅々まで洗浄成分が行きわたる。現在は花王の全ての粉末洗剤に採用されている。

ロゴ・パッケージ[編集]

パッケージは緑色が基調となっている。以前は粉末洗剤の箱にプラスチックの吊り手とフタがついていたが、環境保護(リサイクル)のため2003年にフタは箱と同様に紙製になり、2004年には吊り手が無くなった[6]

ロゴは、太陽をモチーフとしたオレンジ色で楕円形のコロナの上に紺色の「アタック」の文字が書かれているデザインとなっている。なお、文字色の紺は力強い洗浄力を、ベースカラーの緑は革新性をそれぞれ表している。

「アタック」の文字は、2001年までは丸文字だったが、同年に現在の角ばった文字に変更された。2006年にはこのロゴを左下から見上げるようなデザインに変更された。2008年からは全体的に右上がりのデザインに変更された。

コロナは1997年に導入されており、当初はオレンジ色の楕円の中に黄色の小さな楕円があるデザインであったが、2001年に黄色の楕円の部分に白い光が加えられ、2004年には白い光の輝きが増した。2006年には強い輝きの部分が下の部分から左寄りに変更され、さらに輝きが増した。2008年からは強い輝きの部分がさらに大きくなり、楕円の外側が黄色、中央部がオレンジに変更された。

2008年からのロゴは2008年1月に発売された「アタックバイオジェル」に始まり、4月頃より「アタックALL in(オールイン)」に、6月からは「アタック」にも導入された。2009年に入ってから、2001年当時のロゴをそのまま使用していた「アタックポイント洗い」と「アタックシュッと泡スプレー」にも現行ロゴを導入。既存製品がすべて同じロゴで統一された。また、ギフト製品にも新ロゴが導入され、「アタックプレミアムギフト」と「アタックプレミアムギフトコレクション」は2010年に新ロゴに切り替わった。2012年9月に「アタック高活性バイオEX」・「アタック高浸透リセットパワー」でロゴをマイナーチェンジ。コロナが大きくなり、「ク」の真上に海外向け製品に使われている「Attack」ロゴが新たに挿入された。2013年6月にリニューアルした「アタック高浸透バイオジェル」も同じロゴになった。

2013年8月発売の「ウルトラアタックNeo」では、ロゴを囲うようにコロナがより大きくなり、以前のように楕円の外側がオレンジ、中央付近が黄色に戻された。また、輝きの部分が左上に移ってさらに輝きが増した。「アタック」のロゴも少し丸みを帯びるようになる。2014年3月にパッケージデザインをリニューアルした「アタック高浸透リセットパワー」や「アタック高活性バイオEX」、同年5月にリニューアルした「アタックNeo抗菌EX Wパワー」(2016年1月のリニューアルで「ア」の真上に「Attack」ロゴが挿入され、「ウルトラアタックNeo」も同時期にロゴを変更)、同年9月に発売された「アタック消臭ストロング」・「アタック消臭ストロングジェル」、2015年5月にパッケージリニューアルした「アタック高浸透バイオジェル」、同年6月に発売された「アタック抗菌EXスーパークリアジェル」も同じロゴデザインとなっている。また、2006年当時のロゴを継続採用していたギフト製品の「アタック プレミアム」も2015年3月のリニューアルでロゴが約9年ぶりに変更されて統一した。

なお、姉妹品ではロゴのデザインが多少変えられている場合がある。「アタックポイント洗い」や「液体アタック」は発売当初はコロナが斜め向きであった。

ちなみに、大箱時代のパッケージは黄色が基調で、白いダビデの星の形をしたものの内側に、「アタック」の文字が書かれたデザインであった。

参考:[1][2][リンク切れ][3][リンク切れ]

世界のアタック[編集]

アタックは現在、中国香港台湾ベトナムタイマレーシアシンガポールインドネシアオーストラリアロシアでも発売されている。ロゴは基本的にどの国も同じデザインである。また、各国の洗濯事情や用途に応じてラインナップが細分化されている。

  • 中国 - 「清潔の王者」を意味する「洁霸(ジェッパ)」の現地名で発売されており、通常の「アタック 高活性バイオEX」相当の製品に加え、色柄物用や柔軟剤入りの製品もある。2010年9月には洗濯機洗い・手洗いのどちらでも高い洗浄力を発揮し、すすぎの回数を減らせる液体洗剤「洁霸瞬清无磷洗衣液」を発売し、2012年5月には同製品の色柄物用にあたる「洁霸瞬清亮彩无磷洗衣液」を発売。2013年7月にはつけるだけで汚れを浮かせる粉末洗剤「洁霸瞬净溶渍无磷洗衣粉」を発売。2016年1月には、日本での「アタック抗菌EX スーパークリアジェル」に相当する「洁霸抗菌EX洗衣液」を発売した。
  • 香港 - 中国と同様に「清潔の王者」を意味するが、こちらは「潔霸(ギッパ)」の現地名で発売されており、通常の「アタック 高活性バイオEX」相当の製品に加え、粉末洗剤には色柄物用、液体洗剤には柔軟剤入りがある。また、粉末洗剤には日本での「アタック ALLin」に相当する漂白剤・柔軟剤入りオールインワンタイプ「潔霸 全能5合1」が発売されている。2013年8月には液体洗剤「潔霸淨味抗臭Plus」を発売した。2014年8月には超コンパクト液体洗剤が香港にも導入され、日本での「ウルトラアタックNeo」に相当する「潔霸Quick Clean特濃洗衣液」を発売。2015年7月には「アタックNeo 抗菌EX Wパワー」に相当する「潔霸Super Clean抗菌特濃洗衣液」を発売した。
  • 台湾 - 「スプーン一杯の効果」を意味する「一匙靈(インツーリン)」の現地名で発売されており、色柄物用や柔軟剤入り(柔軟剤入りは粉末タイプのみ)もある。2013年5月には日本での「アタックNeo 抗菌EXパワー」に相当する液体洗剤「一匙靈抗菌EX超濃縮洗衣精」を発売し、同年11月には粉末洗剤「一匙靈抗菌EX超濃縮洗衣粉」を発売。2014年7月には液体洗剤「一匙靈柔膚感EX超濃縮洗衣精」を発売して「一匙靈EX」としてシリーズ化され、2015年7月には日本での「ウルトラアタックNeo」に相当する液体洗剤「一匙靈極速淨EX超濃縮洗衣精」を発売した。2016年6月には粉末洗剤「一匙靈制菌超濃縮洗衣粉」と「一匙靈亮彩超濃縮洗衣粉」に、日本での「つめかえパック」に相当する「補充包」を追加発売した。
  • ベトナム - 粉末洗剤のみのラインナップで、6種類が発売されている。
  • タイ - 色柄物用粉末洗剤「ATTACK 3D Color」や柔軟剤入り洗剤「ATTACK Soft Plus」をラインナップしているほか、手洗い用粉末洗剤「ATTACK Easy」もラインナップしている。最近では抗菌タイプの「ATTACK NEX」や洗浄時間を高速化した手洗い用粉末洗剤「ATTACK Easy Quick」も発売している。また、液体洗剤については日本では「フレグランスニュービーズジェル」に採用されている「手のひらFitボトル」を導入した。
  • マレーシア - 通常の「アタック 高活性バイオEX」相当の製品に加え、色柄物用粉末洗剤「Attack Colour Ultra」や柔軟剤入り洗剤「ATTACK Plus Softener」をラインナップする。
  • シンガポール - 粉末タイプはマレーシアと同一のラインナップ。液体タイプは「Ultra Power」・「Detergent Plus Softener」・「Perfume(2種類)」の4種類に加え、2015年10月には日本での「ウルトラアタックNeo」に相当する「Attack Quick Clean」を、2016年3月に色柄物用の「Attack Colour」を順次発売した。
  • インドネシア - 通常の「アタック 高活性バイオEX」相当の製品や柔軟剤入り粉末洗剤「ATTACK Plus Softener」に加え、タイ同様に手洗い用粉末洗剤「Attack Easy」をラインナップしており、粉末洗剤には使いきりサイズの小袋も設定されている。2010年10月にバティック用液体洗剤「Attack Batik Cleaner」を発売し、2014年6月にはつけおき時間5分・クリーム洗剤不要を実現した手洗い用粉末洗剤「Attack Jaz1」を発売した。
  • オーストラリア - 「BIOZET Attack」の現地名で発売されている。粉末洗剤は「Biozet Attack」と柔軟剤入り「Biozet Attack with Softener」の2種類があり、オーストラリアの洗濯機の仕様に合わせてそれぞれに「TOP LOADER」と「FRONT LOADER」の2種類が設定されている。2011年2月に「アタックNeo」の技術をオーストラリア市場に合わせて応用した「BIOZET Attack Ecosmart Liquid」を発売。後にスピードコースに対応した「BIOZET Attack RAPID Laundry Liquid」にリニューアルされている。
  • ロシア - 日本向けのパッケージにロシア語英語で明記されたシールが貼り付けられており、「アタック高活性バイオEX」と「アタック高浸透バイオジェル」は「Attack Bio EX」として、「アタック高浸透リセットパワー」は「Attack Multi-Action」として、「ウルトラアタックNeo」は「Ultra Attack」としてそれぞれ発売されており、「Attack Bio EX」の粉末タイプと「Attack Multi-Action」は日本同様に「つめかえパック」も設定している。なお、「Ultra Attack」は日本では一部販売店限定で発売されている大サイズ(610g)のみの設定である。

歴代CM出演タレント[編集]

競合商品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 洗剤用酵素の絶えざる革新”. 2015年11月1日閲覧。
  2. ^ 標準使用量が水30Lに対して25g→20gへ変更され、内容量が1.5kg→1.2kgに軽量化された。
  3. ^ 全成分の約8割が洗浄成分で、液体洗剤の約2倍に相当する(水量55L以上の場合、当社比)。
  4. ^ 『アタックNeo』が「第7回エコプロダクツ大賞」の環境大臣賞を受賞 - 花王株式会社 2010年11月26日(2011年3月30日閲覧)
  5. ^ 「アタック」は1.1kgまたは1.5kgで、2009年のリニューアルで容量を変更(1.2kg→1.1kg、1.6kg→1.5kg)。
  6. ^ ギフト向けサイズ(1.5kg入り)には現在も吊り手が付いている。
  7. ^ “本田圭佑が!渡辺直美が!熱き30歳の“アタック”、新CM出演へ”. サンケイスポーツ. (2017年2月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170201/geo17020105020019-n1.html 2017年2月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]