中元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
お中元から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
中元節
中元節
紙製の沙田の幽霊王の肖像(香港)
正式名称 仏教:盂蘭盆経
(簡体字: 盂兰盆; 繁体字: 盂蘭盆; 拼音: Yúlánpén)
道教中国民俗:中元
(中元节; 中元節)
別名 中元月
挙行者 仏教, 道教, 中国民俗信仰
主に中国、ベトナム、台湾、韓国、日本、シンガポール、マレーシア、インドネシア。関連する祭りがカンボジア、ラオス、スリランカ、タイにある。
趣旨 あの世の門が開かれ、すべての霊が食べ物や飲み物を受け取ることができるようになる.
日付 旧暦7月15日の夜
2020年 9月2日
2021年 8月22日
2022年 8月12日
行事 祖先崇拝、(僧侶と故人に)食べ物を提供し、冥銭を燃やし、聖典を唱える。
関連祝日 お盆 (日本)
Tết Trung Nguyên (ベトナム)
百中 (韓国)
亡人節 (カンボジア)
Boun khao padap din (ラオス)
施餓鬼 (スリランカ)
Sat Thai (タイ)
テンプレートを表示
中元
Ancestor worship003.JPG
中元節での供物
繁体字 盂蘭盆節
簡体字 盂兰盆节
発音記号
標準中国語
漢語拼音Yúlánpénjié
ウェード式Yü-lan-p‘ên Chieh
粤語
イェール粤拼Yùh làahn pùhn jit
粤拼Jyu4-laan4-pun4 zit3
閩南語
閩南語白話字Chhit-goe̍h-poàⁿ
別名
中国語 鬼節
文字通りの意味Ghost Festival
発音記号
標準中国語
漢語拼音Guǐjié
粤語
イェール粤拼gwái zit
粤拼gwai2 zit3
閩南語
閩南語白話字Kúi-chiat

中元(ちゅうげん)は、道教に由来する年中行事で三元の1つ。仏教では盂蘭盆節(うらぼんせつ)と呼ぶ。もともと旧暦7月15日に行われていたが、現代の日本では新暦7月15日または8月15日に行われる。この時期に、世話になった人々に贈り物をする習慣を特にお中元とも呼ぶ。

中国では、旧暦7月15日を鬼節と呼び、旧暦7月を鬼月として、祖先の霊が下界に出てくると考えいる。 清明節(春)や重陽節(秋)のように、現世の子孫が亡くなった祖先に敬意を表するのとは異なり、亡くなった祖先が生きている人に会いに来るとされる[1]

その15日目には、天界・地獄・現世の世界がつながり、、道教および仏教においては、故人の苦しみを浄化するための儀式を行う。鬼月の本質は死者への崇拝であり、伝統的に子孫の親孝行は死後も祖先に及ぶとされている。清明節と鬼節の違いは、清明節では同世代と若い世代を含めたすべての故人に敬意を払うのに対し、鬼節では古い世代にしか敬意を払わない点である。中元においては、紙製の船や灯篭を川に流すことがあるが、これは祖先の失われた霊に道しるべを与えるという意味がある[2]

歴史[編集]

中元は三元の一つで、地官大帝(もしくは赦罪大帝。と同一視される)の誕生日であり、様々なが赦される贖罪の行事が催される。また、地官大帝は地獄の帝でもあるため、死者の罪が赦されるよう願う行事も催される。

中国仏教では、この日に祖霊を供養する盂蘭盆会を催すようになった。仏弟子目連が毎年、亡母を供養した日とされるが、原始仏教には祖霊供養の習慣はなく、中国で生まれた創作話であり、日付も中元に付会させた後付けとされる。なおインド仏教には盂蘭盆(ウランバナ、倒懸)という用語はあるが、これは年中行事とは関係ない哲学的概念であり、行事としての盂蘭盆会は中国起源である。盂蘭盆会は中元と習合し、一体化した。

日本では、盂蘭盆会は道教を通じて習合し、お盆の行事となった。江戸時代には、盆供(先祖への供物)と共に、商い先や世話になった人に贈り物をするようになり、この習慣を特に中元と呼ぶようになった。

時期[編集]

日本以外では旧暦7月15日である。日本では明治の改暦により、お盆のように、地域により7月15日または8月15日となった。

大まかに言えば、東日本(特に関東)では7月15日、西日本(特に関西)では8月15日だが、全国的には7月15日が標準とされ、8月15日のお中元を「月遅れ」と呼ぶ。ほとんどの地域でお盆と同じ日付だが、異なる地域もあり、関東地方の一部ではお中元は7月15日だがお盆は8月15日である。

ただし、贈答はこの日付ちょうどでなくとも、この日付までに送ればいい(特に配送の場合)。少々の遅れも格段問題とはされず、「月初めから15日ごろまで」等とされる。

習俗[編集]

日本[編集]

御中元の贈り物

世話になった人々や、仕事で付き合いがある人々に、贈り物をする。江戸時代に風習として定着した。現代では形式的な贈答を互いにやめる人・企業も多い。お中元の市場規模は約7821億円(2018年時点の矢野経済研究所による推計)で、年々減少傾向にある[3]

表書きの文面や、季節の品揃えを別にすれば、歳暮とおおよそ同じである。

中国[編集]

川に流される灯篭(中国)

盂蘭盆会と習合しており明確には区別できない。ただし、盂蘭盆会は仏教行事であるため祖霊供養だが、中元では祖霊に限らず供養する。中元を称するイベントとしては、閩南福建省南部)で中元祭が催される。

台湾[編集]

基隆雞籠中元祭などが知られる。

スリランカ[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ “Culture insider - China's ghost festival”. China Daily. (2014年8月8日). http://www.chinadaily.com.cn/culture/2014-08/08/content_18268375.htm 2017年11月1日閲覧。 
  2. ^ “Chinese Ghost Festival - "the Chinese Halloween"”. Peoples Daily (English). (2009年10月30日). http://en.people.cn/90002/98669/98755/6798883.html 2017年11月1日閲覧。 
  3. ^ お中元、生活スタイル映す「一人用・調理簡単」ニーズ増『朝日新聞』朝刊2018年6月26日(生活面)2018年7月12日閲覧