この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

木佐彩子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きさ あやこ
木佐 彩子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都
国籍 日本
生年月日 (1971-05-26) 1971年5月26日(45歳)
血液型 B型(Rh-)
最終学歴 青山学院大学文学部英米文学科
所属事務所 エイジス
職歴 フジテレビアナウンサー
活動期間 1994年 -
(アナウンサーとして)
ジャンル フリーアナウンサー
配偶者 石井一久
公式サイト 公式ブログ
担当番組・活動
備考
大学在学中、語学学校の通い通訳のアルバイトやテレビ朝日系『CNNヘッドライン』、にキャスター、リポーターとして出演

木佐 彩子(きさ あやこ、1971年5月26日 - )は、日本フリーアナウンサー

来歴・人物

東京都出身[1]鳥取県米子市生まれ[1]。父親は海外転勤の多いサラリーマン[1]

小学2年から中学2年までの7年間、アメリカロサンゼルスで過ごした。この時、アメリカの女性ニュースキャスターの先駆け的存在であるコニー・チャンに憧れていたこと[2]や、帰国子女で英語が堪能なことが、その後の進路に大きく影響した。

1987年、帰国生入試で青山学院高等部に38期生として入学。在学中はチアリーディング部に所属し、副キャプテンを務め、現在も使われているチーム名「TITANS」の名付け親でもある[3]

その後、青山学院大学文学部英米文学科入学。

大学在学中、語学学校にも通い通訳のアルバイトもしていた。テレビ朝日系『CNNヘッドライン』や『ニュースステーション』にキャスター、リポーターとして出演。放送デビューを果たした。

卒業後の1994年フジテレビ入社。同期は武田祐子富永美樹佐野瑞樹。他局では、元日本テレビ羽鳥慎一と同期。

夫の石井一久とは、石井がヤクルトスワローズに所属していた当時、2000年3月に結婚。これがきっかけで、「家に帰って晩ご飯が作れるように」などという理由で報道番組『スーパーニュース』に移ることとなった。2001年8月から産休に入り、12月男児を出産した。

直後、夫がアメリカ大リーグロサンゼルス・ドジャースに移籍したこともあり、夫の大リーグ在籍中はその英語力を生かして生活をサポートしていた。

退社後は、夫が日本球界に復帰するまで、オフシーズンを利用して帰国時に日本で仕事をする形で仕事を続けていた。日本での本格的な仕事再開は夫が古巣ヤクルトに復帰した2006年からである。

英語が堪能ということもあり、NHKの国際放送・NHKワールドTVSPORTS JAPAN」のキャスターとして、全編英語で司会を担当した。

エピソード

  • 資格は英語検定準1級所持。アメリカにいた中学時代にガールスカウトの活動でベビーシッターの免許を取り、ベビーシッターのアルバイト経験がある[4]
  • 中学2年のときに日本に戻ってきてからは、公文の教室に通った[5]
  • 大学時代は日本テレビのイベントコンパニオンのアルバイト経験がある。東京ドームで行われた日本テレビの人気番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」の第15回大会(1991年)の第1次予選では、それまで11年連続第1問で失格となり「疫病神」と呼ばれた挑戦者を乗せたリリーフカーを運転している姿が映っている[6]
  • 交友関係は幅広く、中学生の頃に同じ塾で、席が隣同士になった事がきっかけになり、フリーアナウンサー久保純子(元NHK)と親友になった。また、同じくフリーアナウンサーの進藤晶子(元TBS)とも同期同士で仲が良い[7]
  • バイオリニストの高嶋ちさ子とはロス時代の自宅が近所で、泊まるくらい仲が良い。
  • 古田敦也(元ヤクルト監督)・中井夫妻とは、“元ヤクルトの選手”と“元フジテレビアナウンサー”という共通点が多く、家族ぐるみで仲が良く、盛んに交流もしている。『スーパーニュース』で共演した安藤優子木村太郎栗原はるみとも親しい。
  • 大のアワビ好きで、初任給でアワビを食べるのが夢だったといい、初給料をもらった際、千葉の料亭に独りでアワビを食べに行ったという。
  • 夫がヤクルト在籍時の2001年、神宮球場で観戦中、ファウルボールが腰に直撃してしまったことがある。ちなみに、このシーンは同年の『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』でも放送された。
  • 局アナ時代はほとんどパンツスタイルで通し、スカートは滅多にはかなかった。

出演

テレビ

フジテレビアナウンサーとして

フリー転向後

CM

イベント

脚注

関連項目

外部リンク