バティック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インドネシア製のバティックの生地
桜を描いたジャワ「ホコカイ」のバティック

バティックBatik)は、インドネシアマレーシアろうけつ染め布地の特産品。日本では更紗の一種とされる。更紗はインドスリランカイランタイなどでも多く見られるが、インドネシア、マレーシアのものが最も多い。特にジャワ島のものが有名なため、「ジャワ更紗」と呼ばれることもある。

18世紀頃から作られるようになり、用途はサロン(腰巻き)、ケバヤヒジャブなどの伝統衣装、スカーフハンカチや、シャツドレスなど洋式の衣服まで様々なものがある。 熱で溶かした蝋液での描画方法にはcanting、tjanting(チャンティンインドネシア語版)と呼ばれる蝋噴出ペン使用の手書きと、cap(チャプ)と呼ばれる銅製のスタンプ押しがあり、手書きのみのものはBatik tulis(バティックトゥリスと呼ばれ高級品である。また現在では工業化により、あらかじめパターン化された柄全体を印刷するプリントバティックという技法も普及している。

太平洋戦争中、日本に占領された現在のインドネシア地域(旧蘭印)では原材料の不足から生産高が大きく減ったが、日本主導の戦争協力組織「ジャワ奉公会」の庇護をうけた作業場では高品質のバティックが生産され、桜、蝶、菊など日本風の柄が導入された。このスタイルは今も「ホコカイ バティック」と呼ばれている。

2009年10月2日、インドネシアのバティックは、ユネスコ無形文化遺産に認定された。

関連項目[編集]