韓服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
韓服(朝鮮服)
Hanbok (female and male).jpg
各種表記
ハングル 한복(조선옷)
漢字 韓服(朝鮮服)両班着用色付き伝統衣装 現在においては一般庶民にも着用できる衣装になっている
発音 ハンボッ
ハンボ
(チョソノッ)
日本語読み: かんふく
かんぷく
(ちょうせんふく)
ローマ字 Hanbok
テンプレートを表示

韓服(かんふく、かんぷく、ハンボッ)は、朝鮮半島地域の民族衣装の韓国での呼び方。女性用のチマチョゴリが有名である。現代になって韓服はそれ自体が一つの文化であるという人もおり、揃える衣装の種類が増えてきた。男性の韓服の場合、チョゴリ(上衣)とパジ(下衣)にチョッキあるいはマゴジャ(馬褂子/重ね着する上着)を着る。さらにトゥルマギ(周莫衣/外套の一種)を着れば、外出着から礼服としても通用する服装となる。

概要[編集]

チョゴリ(赤古里、襦、저고리)とは上半身の衣服であり、男女とも共通。下半身の衣服は女性用はチマ(裳)、男性用はバジと呼ばれている。そして、頭に冠帽を載せ、腰に帯を巻き、そして靴または履(ぞうり)を履く。この上にトゥルマギ(外套の一種)を着用すれば耐寒性に優れた胡服系統の衣服となる。

チョゴリあるいはチマチョゴリと呼ばれることが多いが、韓国では女性のチマチョゴリ(치마 저고리)、男性のパジチョゴリ(바지 저고리)、子供のセクトンチョゴリ(색동 저고리)なども含めて民族衣装全体を広く韓服한복、ハンボ)と呼び、北朝鮮では同様に朝鮮服조선옷、チョソノッ)と呼んでいる。いずれも民族衣装である。

現在の韓国では、袖の柔らかな曲線、全体を引き締める白地のトンジョン(半襟)、合わせ着のように着る形が、「民族衣装韓服の3大美」という人もいる。

韓国では現在、日本統治以降の胸を覆い隠すタイプの近代の韓服をフォーマルな場所で着用することが目立つようになった。その素材はナイロン・ポリエステルなど光沢系の、近代的な化学繊維が使われることが多い。李氏朝鮮時代まで続いた乳房を隠さない正式な伝統的チマチョゴリを胸乳房を露出して着る女性は一般的にはみることは少ない。

歴史[編集]

中世から近代へ[編集]

高句麗の古墳壁画より・騎馬人物図

北方アジアの遊牧民が着ていた、胡服の流れを汲んでいると言われ、それに中国など外国の影響が加わって成立した衣服である。モンゴル帝国の支配下に入ると上流階級はモンゴルの文化を受け容れ、韓服もその影響を受けた。パジやチョゴリの丈が変わったり小物が移入されるなど、その影響は無視できない。ちなみにモンゴルの服も北方騎馬民族の胡服の流れを汲んでいる。

1904年日韓併合時代 碁を打つ士族

モンゴルの影響でチョゴリが短くなり腰の帯が消えて、オッコルム(服の結び紐)ができた。特に李氏朝鮮時代には李氏が女性は胸を覆い隠してはならない。という禁令のためチョゴリの身丈は短く乳房を露出していつでも両班の求めに応じる生活していた。

チョゴリは胸が見えるほど短く、老人においては白の布で胸を隠すことが許された。 19世紀初頭、李氏は女性が胸を覆う事を禁じた。李氏朝鮮による胸を覆い隠してはならないという禁令と男尊女卑思想の影響で両班の求めに応じて露出して応じなければ殺されたため胸が見えるほど短くなっている。また韓国人女性特有のキーセン文化伝統が何世紀も長く続いたため、自らも露命を繋ぐために両班を誘惑して妾になるか中国に献上されることを誇りとしてきたために自ら胸を露出して両班を誘惑して妾になった。最終的には日韓併合期に女性が乳房を露出する事を禁止されたためようやく韓国女性は胸を覆いかくすようになった。同時に日韓併合期には朝鮮半島で何世紀も続いた女・子どもの売買の伝統が禁じられた。さらに女・子どもに名前が付けられるようになった。1930年代頃からチョゴリの身丈は長くなり始めた。

1899年日韓併合時代

別名白衣民族と略称することもある。朝鮮人は1897年李氏朝鮮時代になっても未だ針一本作れず染色技術も乏しいため一般庶民は白衣を身に着けた。土地の所有権ナシ、商店ナシ、行商人のみアリ[1]。シナ地域と朝鮮半島は全く対等ではなかった。今で言えば、先進技術国の隣に極貧国があるようなものである。朝鮮には一次産品以外売るものがなかった。シナの針や染色衣料などの技術品を得ようとすれば、米・布が流れ出し、飢餓輸出になってしまう。12世紀からは銀が流出し、2世紀あまりで朝鮮半島の銀山は掘りつくされてしまうのである[1]。李氏朝鮮時代になると朝鮮半島の経済はずっとシナ地域に対して防衛的になった。特権商人が対馬との交易でシナの白糸と日本銀を交換する。その日本銀で朝貢使節に下人や馬夫身分で200人、300人単位でついてゆき、支配階級のために北京で高度な技術品や芸術品を買い付けるのである。人数分ご褒美もくれるのでこれも売り物になった。女真族がシナ地域の征服者になり清朝を開くと、大きな貢物を要求されたので、この供給も彼らの仕事になった[1]。李氏朝鮮は18世紀まで古代に固定されていた。これがガラガラと崩れてゆく。17世紀以来の商人ギルドは、支配階級自らが他の商人たちと個別に結託したので穴あきになり、他方民間では自前の染料がないので民衆は白衣姿、結局針一本作れない技術水準のまま近代日本に併呑された[1]。というのは有名である。

エルンスト・ヤーコプ・オッペルト(Oppert、EJ)は、彼の「朝鮮紀行 Ein Verschlossenes Land、Reisen nachKorea」で「服は男性も女性も多白である。」と述べており、ラゲリー(Laguerie、V.de)も「ゆっくりとどっしりに歩いてすべての人が白い服を着ている。」と述べている。朝鮮の両班のみが、色付きや柄付きの服を着ることを許されていた。

1895年李氏朝鮮時代には、全国に変服令(변복령)と断髪令が降りると、これに抗議する断髪令騒動が起こったという事実は、あまりにも有名である。その後、日韓併合時代以降も白衣を着る習俗は相変わらずだ。そして日韓併合が終わった後、朝鮮戦争の時にもに韓国人の服を見ると、やはり多くの人々は白衣を着ている。

断髪令騒動も又朝鮮史に重要な位置を占めてゐる一節であるが、事は金宏集内閣の兪吉濬(ゆ・きっしゅん)内相が、生活改善運動の一つとして断髪をとりあげ、国王率先断髪を断行、勅語を発して之を法制化し、民衆に強行しようとしたことから初まるのだ。このとき春川の儒生団が一斉に起つて、断髪令こそは、倭夷の蛮法なり、逆党の訓令なりと叫び、さらに背後にあつて閔派の政客之を煽動したものだから、春川、原州、安東、驪州等、今次の南北戦争(朝鮮戦争)の戦場になつた各地に次々と暴動が起り、官衙(役所)及び日本人に危害を加へて行ったのである。髪を切ることが倭夷の蛮法なりと、日本人に責任を負はせてゐる点と、渙発の勅語が又面白い。

日本人に濡れ衣を着せて、悪行蛮行を行い続けるのは全て朝鮮人の仕業であり朝鮮民族の特徴といえる。

「朕臣民に率先して髪を断つ、爾有衆克く朕の意を体し、万国と並立する大業を成せよ」 と言ふのであるが、長い民族風習から離れる生活文化の問題だけに、勅語を発して大事をとったのはよかったが、これを励行するため、末端の行政庁では、各戸を訪問して強制実行せしめたり、甚だしいのは巡査が剃刀(かみそり)を持つて、街路に立ち通行人のチョン髷を次々と剃つて行つたのだ。この警察権濫用の弊害は、日本時代にまでずつと残つてゐて、白服常用は洗濯の労力と、生地の損傷(朝鮮では洗濯棒で叩いて洗う)で不経済だから、色服に変更しようではないかと、所謂(いわゆる)色服の奨励を総督の政策の一つにとりあげたときなども、通行の白服人に墨汁を振りかけたり、一人一人捕らへて衆人の前で恥をかかせたりして無意味な反感をそそるその不手際さをよく見た、在鮮時代郡守道庁員等直接民衆に接触する役人をよく戒告したものだが、その末端行政の面に於ていつも断髪令当時のやうなことが行はれるのであつた。そしてかうした小事をとりあげて、政治的に利用し、大衆運動に発展させることの巧みさも又朝鮮民族の特性と言ふことが出来よう。断髪令は一応全国的暴動にならず、鎮圧された。

鎌田沢一郎「朝鮮新話」 創元社、昭和25年

李氏朝鮮時代は役人が権力をかさに常民をイジメていたが、日本統治時代になっても朝鮮人役人の性向はなかなか改まらず、相変わらず庶民に対し横柄な態度をとりつづけた。

 高麗、李氏朝鮮の朝廷は時折、衣が喪服の色であることを理由に禁令を出すこともあった。ただし女性のチマはこの限りでは無く、少女と未婚女性および花嫁は赤いチマ、既婚女性や中年女性は藍色のチマ、老女はあさぎ色や灰色のチマを着用することもあった。普段は一般的に生成りの漂白されていないチマとチョゴリを主に着用した。

近代以降[編集]

2005年大韓民国時代 釜山APEC首脳会議に周莫衣を着用するの国家元首
2013年大韓民国時代 大韓民国第18代大統領朴槿恵

日本では韓国・朝鮮について、長年この装いが強くイメージされその象徴とされることも多かった。その背景には、韓国料理店の看板にこれを着用した女性が描かれていたり、その人形が韓国からの土産物になっていることなどが挙げられる。

しかし現在では、常時着用する習慣は慶尚南道河東郡智異山麓)にある青鶴洞[1]のみで見られ、一般的には常用されない。ただし、チマチョゴリ常用の習慣は1960年代まではあったともいわれている。

一方、日本国内にある朝鮮学校では、中級部(中学校)・高級部(高等学校)の女子生徒の制服としてチマチョゴリの様式を取り入れている(→朝鮮学校#制服の項参照)。これは白いチョゴリと黒いチマを着用するものだが、北朝鮮ではこの色彩のチマチョゴリが女性の正装になっている。なお、韓国ではこの色彩のチマチョゴリは見られない。

韓国では最近、「改良韓服」(개량한복、ケリャンハンボ)というものが登場している。これは韓服を現代生活の中で手軽に着られるようにアレンジしたもので、「生活韓服」ともいう。活動しやすいよう丈が短めであったり、ドレスのようにオーガンジーなど華やかな素材を使ったものがあるが、これも日常的に着ているのは少数である。なお、最近、民族史観高等学校台章高等学校など一部の学校で、改良韓服を制服として採用した。

種類[編集]

1985年大韓民国時代 毎日新聞社昭和史 別巻1掲載  赤古里
2007年大韓民国時代 道袍を着用する男性
チョゴリ(赤古里)
上着。もともと身丈は腰まで届く長さがあったが、やがて胸を露出するほど短くなり、その後再び長くなった。現代では、男性用の方が女性用より身丈が長い。袖や襟の形には時代ごとに流行がある。
オッコルム
チョゴリについたリボン状の紐。チョゴリを留める紐(現在ではボタン)は別にあるが、本来は上前を留めるためについている服の結び紐。チョゴリの身丈が短くなるにつれ、現代では装飾的な役割を持つ。
バジ
男性用のズボンの様な袴。現代では洋服ズボンの意味でも使われ、韓国ではジーンズを「チョンパジ(청바지、青パジ)」、半ズボン短パンハーフパンツの類を「パンパジ(반바지、半パジ)」などと呼んでいる。
チマ
女性用のスカート。巻きスカート形式で胸の下で紐を結び固定する。近代以降になると肩紐がつくようになり、現代では洋服のスカートの意味でも使われる。
ソゴッ
和服で言えば襦袢・湯文字などに相当する下着。
トゥルマギ(外套)
和服で言えば羽織被布などに相当する。
カッチョゴリ/マゴジャ
防寒用にウサギの毛を挟み込んだ丈の短い羽織。
ペジャ
チョッキに相当。
コイテンギ
礼装において、かんざし(ピニョ)に巻いて前へ垂らすリボン。
カッ
シルクハットに似た形の男性用の冠。
黒巾青袍を着用した興宣大院君の肖像画 
バジ 
マゴジャ 

歴史的衣装[編集]

大阪府・四天王寺ワッソで、円衫を着用した女性 
唐衣 
結婚式で闊衣と官服を着用した 
闊衣 
ウォンサム(円衫)
朝鮮王朝時代の王侯貴族女性の正礼装。絹地に金箔などの装飾が施されている大袖の衣装で、チマチョゴリの上に着用する。地色は着用者の位階によって黄・紅・紫・緑に分かれる。
タンウィ(唐衣)
前後に長い垂れのあるチョゴリ。王侯貴族女性の第二礼装。これもチマチョゴリの上に着用する。
チァンオッ
朝鮮王朝時代の貴族や名家の女性が外出する際、顔と体を隠すために用いたトゥルマギに近い形の衣装。ブルカチャードルのように頭から被る。
スゲチマ
朝鮮王朝時代の庶民の女性が外出する際、顔と体を隠すために用いたチマに近い形の衣装。着用法はチャンオッと同じ。
トポ(道袍)
男性の略礼装。トゥルマギより身幅を広く取り、袖幅・袖丈を大きくした衣装。
1910年日韓併合時代 高相と家人 
1910年日韓併合時代 円衫を着用した純貞孝皇后 
1923年日韓併合時代 唐衣を着用した徳恵翁主 
1910年頃日韓併合時代 高相光武帝 初代大韓帝国皇帝 

注釈[編集]

[ヘルプ]

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]