アリエール (洗剤)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アリエール パワージェルボール お試しパック

アリエールAriel[注釈 1])は、アメリカ合衆国の企業で世界最大の一般消費財メーカーであるプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)社が主に欧州中南米東南アジア南アジア(インド)、中東で販売している洗濯合成洗剤のブランド。全世界中で10億ドル以上を売り上げるP&Gのトップブランドのひとつ。日本における商標登録番号は第1627270号ほか。

商品概要・歴史[編集]

発売開始から2009年まで[編集]

日本における発売開始は1986年だった。当初は大型洗剤(6.0kg)が地域限定で発売され、翌年の1987年に大型洗剤の容量が6.0kgから4.0kgに変更、同時に液体洗剤も発売されていた。

2年後の1988年に全国発売に踏み切った際、コンパクト化をしたものの、花王の「アタック」やライオンの「トップ」などの競合商品に押されて、なかなか売り上げが伸びずにいた。しかし、1990年代に入り、商品名が「ウルトラアリエール」に改称後、「代表的な洗剤よりも白く洗います」などと謳う差別広告を展開して、高機能をアピールすることで売り上げを伸ばした。なお、この製品の正式な商品名は発売時期により異なる。

コンパクト化された当初の内容量は1.5kg(特大サイズは2.25kg)で発売されたが、後に1.2kg(特大サイズは1.8kg)[注釈 2]となった。

1997年に除菌効果を追加した「アリエールピュアクリーン」が、1999年に漂白成分を高配合した「アリエール漂白剤プラス」、2000年には固形状粉末洗剤「キューブ型アリエール」、ジェルタイプの液体洗剤「アリエールジェルウォッシュ」が発売された。

2004年、「ピュアクリーン」に緑茶成分を配合し、ファブリーズとの共同開発で消臭効果を強化したほか、毎日の洗濯に使用することで洗濯槽へのカビの繁殖を抑え、洗濯物を清潔に洗い上げるという他の洗濯用洗剤にはないセールスポイントを持った。2009年春の商品改良の際には、従来のカビや菌などへの効果に加え、ダニのフンや死骸、ホコリなどのハウスダストを99%除去する効果が加わった。

2010年以降[編集]

  • 2010年
    • 3月 - 液体タイプの「イオンパワージェル」の洗浄力を向上させ、「イオンパワージェルプラス 高原輝く香り」に改良。同時に粉末タイプの「緑茶成分入りアリエール」・「アリエール頑固汚れ用」もリニューアル。
    • 5月 - 液体タイプの「イオンパワージェル」の消臭力を高め、部屋干しでも天日干しのようにニオイ菌を防ぐ「イオンパワージェル 部屋干し用」が数量限定品として発売。
    • 7月 - 液体タイプの「イオンパワージェルプラス」が抗菌・防臭効果をアップしリニューアル。
  • 2011年
    • 4月 - 3月11日に発生した東日本大震災により洗濯ができない被災者を洗濯で支援するプロジェクト「アリエール あなたにエールを。プロジェクト」を発足。この活動は元々、2005年より米国メキシコハイチ等の国々で実施してきた被災地支援プログラム「P&G Tide Loads of Hope[1]」のノウハウを元にしている。
    • 6月 - 同業他社から遅れていた超濃縮型液体洗剤「アリエールレボ イオンジェルコート」を発売。本製品は4月に発売する予定だったが、東日本大震災の影響で発売が延期されていたため、約2ヶ月遅れの発売となった[2]
    • 10月 - 部屋干し時の生乾き臭を防ぎ、部屋干しによる加湿で空気が非常に乾燥しやすい冬場のウイルス対策ができる数量限定品「アリエール 部屋干し用」と「アリエールイオンパワージェル 部屋干し用」を発売。
    • 11月 - 「アリエールイオンパワージェル」がリニューアルし、洗った後でもなでるだけですぐに消臭できる「アリエールイオンパワージェル 抗菌フレッシュ」を発売。
  • 2012年
    • 4月 - 数量限定品「アリエール 部屋干し用」、「アリエールイオンパワージェル 部屋干し用」をイエローベースのパッケージデザインに変更し、再発売[注釈 3]。また、超濃縮型液体洗剤「アリエールレボ」がボトルデザインを変更、消臭効果を追加しリニューアル。また同時期にスポーツで活躍している18歳以下が所属している団体・選手を表彰する「アリエール WHITE AWARD」を創設。初回は女子サッカーを選考対象とし、初代選考委員に澤穂希が選ばれ[3]、6月に福島県にある高校の女子サッカー部が表彰された[4]
  • 2013年
    • 4月 - 非濃縮液体タイプの「アリエールイオンパワージェル」をリニューアルし、商品名を「アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル」に改めた[5]。その際、ブランドロゴを変更し、六角形を基調としたブルーベースのパッケージデザインに、「アリエール ピュアクリーン( - 2003年)」まで表記されていた渦巻きを模したマークが復活し[注釈 4]、日本語ロゴの下に欧州などで使われている英語ロゴも新たに併記されるようになった。
    • 5月 - 数量限定品の「アリエール 部屋干し用」、「アリエールイオンパワージェル 部屋干し用」をシルバーとホワイトベースのパッケージデザインに変更して再発売。
    • 6月 - 粉末洗剤「アリエール 頑固汚れ用」と「アリエール 洗たく槽クリーナー」を順次改良し、「アリエール 頑固汚れ用」はパッケージデザインを刷新し、商品名を「アリエール サイエンスプラス7」に改名。「アリエール 洗たく槽クリーナー」はパッケージリニューアルのみならず、新消臭防臭成分配合により、防臭力を高めた[5]
    • 8月 - 超濃縮型液体タイプの「アリエールレボ」を抗菌・防臭効果を高めてリニューアルし、商品名を「アリエール スピードプラス」に改めた。
  • 2014年
    • 4月 - 独自の水溶性フィルムでジェル状洗剤を密封したジェルボール型洗剤「アリエール サイエンスプラス パワージェルボール」を発売[6]
    • 6月 - 数量限定品の「アリエール イオンパワージェル 部屋干し用」が「アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル 部屋干し用」に改称して発売。
    • 11月 - 「アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル ウイルス除去」とアリエールブランド初の布製品用スプレー「アリエール サイエンスプラス ファブリックスプレー ウイルス除去」を数量限定で発売[注釈 5][7]
  • 2015年
    • 1月 - 部屋干し用に消臭効果を24時間消臭に強化したジェルボール型洗剤「アリエール サイエンスプラス リビングドライパワージェルボール」をオンラインショップで先行発売。3月中旬に店頭販売開始[8]
    • 2月 - 液体洗剤「アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル」、粉末洗剤「アリエール サイエンスプラス7」をパッケージリニューアル。
    • 3月 - ジェルボール型洗剤「アリエール サイエンスプラス パワージェルボール」をパッケージリニューアルし、内容量を変更。同時につめかえ用特大サイズを追加発売。
    • 8月 - 液体洗剤「アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル」をリニューアル。独自開発したニオイの原因菌の増殖を抑える抗菌テクノロジー「デュアルバイオ抗菌処方」を採用した。
  • 2016年
    • 8月 - 液体洗剤「アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル」をリニューアル。
    • 9月 - ジェルボール型洗剤「アリエール サイエンスプラス パワージェルボール」と「アリエール サイエンスプラス リビングドライジェルボール」をリニューアルし、「アリエール パワージェルボールS」・「アリエール リビングドライジェルボールS」に改名。液体洗剤の「アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル」で採用されている「デュアルバイオ抗菌処方」を採用し、キレート剤分子(HEDPキレート剤分子)を高濃度配合した。個数は従来品と同じだが内容量が変更となり、つめかえ用には新たに48個入りの超特大サイズが追加された。
  • 2017年
    • 4月 - 部屋干し用に消臭効果を強化した液体洗剤「アリエール リビングドライ イオンパワージェル」を発売。
    • 9月 - ジェルボール型洗剤「アリエール サイエンスプラス パワージェルボールS」と「アリエール サイエンスプラス リビングドライジェルボールS」を一新し、洗剤の各成分を別々のフィルムで密封する3層立体構造を採用した「アリエール パワージェルボール3D」と「アリエール リビングドライジェルボール3D」を発売。
    • 10月 - 液体洗剤「アリエール イオンパワージェル(サイエンスプラス・リビングドライ)」をリニューアル。「新界面活性剤」が配合されたほか、ボトルは受け口の内側にキャップが収まる「液ダレ防止キャップ構造」が採用された新形状に変更[注釈 6]
  • 2018年
    • 8月
      • ジェルボール型洗剤「アリエール パワージェルボール3D」と「アリエール リビングドライジェルボール3D」をリニューアル。処方改良で「繊維のダメージケア成分」が新たに配合されたほか、「アリエール パワージェルボール3D」は香りが処方改良され、シトラスグリーンの香りとなった。
      • 液体洗剤「アリエール イオンパワージェル(サイエンスプラス・リビングドライ)」をリニューアル。処方改良で「3ステップ抗菌」となり、洗濯槽内の抗菌・外干し中の抗菌(リビングドライは部屋干し中の抗菌)・着用中の抗菌に強化された。同時につめかえ用ウルトラジャンボサイズ(1.90kg)を追加発売。
    • 12月 - 兵庫県西宮市に日本におけるアリエールブランド初のコインランドリーとなる「アリエール LAUNDRY PRO」を開店。専用洗剤にコインランドリー専用処方のアリエールを使用し、一部のコースではレノアオードリュクスも用いる[9]
  • 2019年
    • 2月 - スポーツウェアなどの合成繊維素材を用いた衣類向けに洗浄力と消臭力を強化した洗剤「アリエールジェル プラチナスポーツ」と「アリエールジェルボール3D プラチナスポーツ」を発売(2日にオンラインサイトにて先行発売された後、下旬から店頭での発売も開始)[10]
    • 4月 - 粉末洗剤「アリエール サイエンスプラス7」をリニューアル。内容量は900g入りは600g入りに減容した「お試し容量」に、大容量サイズの1.5kgは1.7kgに増量されたほか、環境保護(プラスチック量削減)の観点から計量スプーンが省かれた[11]
    • 7月 - 液体洗剤「アリエール イオンパワージェル サイエンスプラス」とジェルボール型洗剤「アリエール パワージェルボール3D」をリニューアル。消臭成分の改良により消臭力を向上させた[12]
    • 10月 - 屋内塵性ダニをよせつけにくくする成分が配合された洗剤「アリエールジェル ダニよけプラス」と「アリエールジェルボール3D ダニよけプラス」、布用スプレー「アリエールスプレー ダニよけプラス」を発売(なお、柔軟剤「レノア」にも同様の製品となる「本格消臭 ダニよけプラス」が設定され同時発売される)[13]
  • 2020年
    • 3月 - ジェルボール型洗剤「アリエール パワージェルボール3D/リビングドライジェルボール3D」をフルリニューアル。ジェルボール専用処方の「汚れ分解ブースター成分」が配合された[14]
    • 5月 - 「アリエールジェル プラチナスポーツ」、「アリエール ジェルボール3D プラチナスポーツ」をリニューアル。「アリエール」として初となる汚れの酸化を防止する「抗酸化成分」が配合された(なお、「アリエール ジェルボール3D プラチナスポーツ」では3月に改良された「パワージェルボール3D」・「リビングドライジェルボール3D」同様、「汚れ分解ブースター成分」も配合された)[15]

ラインナップ[編集]

現行製品[編集]

粉末洗剤[編集]

アリエール サイエンスプラス7
2005年に「アリエール頑固汚れ用」として発売。作用が異なる2種類の漂白成分を配合し、泥・皮脂/黄ばみ・食べ物のシミだけでなく、洗濯槽のカビまで洗浄、99.9%除菌・24時間抗菌防臭の7つの効果を持つ。2013年6月のリニューアル時にパッケージ・商品名を変更した。ラインナップは「お試し容量」の600g入りと、「お試し容量」の約2.8倍量相当の大容量サイズ1.7kgの2種類がある。
前述したように、2019年4月のリニューアルで計量スプーンが無くなった為、市販の大さじを用意する必要がある(旧品に付いていた計量スプーンを流用することも可能なため、側面に記載の使用量の目安では、計量スプーン(旧品)の場合と大さじの場合の2通りの内容が記載されている)。
アリエール サイエンスプラス7 業務用 - 業務用商品
「アリエール サイエンスプラス7」のP&Gプロフェッショナルブランド製品。通常品よりもパッケージデザインが簡略化され、販売経路がオフィス用品販売サイトなどに限定されている。

液体洗剤[編集]

アリエール イオンパワージェル サイエンスプラス
2013年4月に「アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル」として発売し、2017年10月の大幅改良時に現名称となる。ボトルとキャップを一新し、新界面活性剤を配合し深層抗菌処方に変更。
内容量は、本体は以前は1.0kgだったが、2017年10月のリニューアルで910gに、つめかえ用は当初、通常サイズ850g・超特大サイズ1.7kgだったが、2014年に、通常サイズ810g・超特大サイズ1.62kgに変更。2015年8月のリニューアルに伴って再度内容量が変更され、通常サイズ770g・超特大サイズ1.35kgに、2017年10月のリニューアルで通常サイズ720g・超特大サイズ1.26kgとなり、新たに超ジャンボサイズ1.62kgが設定、2018年8月のリニューアルでウルトラジャンボサイズ1.90kgが追加設定された。
アリエール イオンパワージェル リビングドライ
部屋干し用で、消臭成分が高配合されている。2017年4月に「アリエール リビングドライ イオンパワージェル」として発売し、2017年10月のリニューアル時に現名称となる。緑をベースとしたデザインとなっているが、液色は「イオンパワージェル サイエンスプラス」と同じである。
アリエールジェル プラチナスポーツ
2019年2月発売。スポーツウェアなどに用いられる合成繊維に特化した製品(スポーツウェアに限らず、体操服・作業着・普段着にも使用可能)。キャップと注ぎ口部分は「アリエール イオンパワージェル サイエンスプラス」と同じ青色だが、ボトルは紺色となっている。既存の「イオンパワージェル」よりも内容量が少なくなっており、本体は750g、つめかえ用は通常サイズと超特大サイズのみの設定で、通常サイズが720g、超特大サイズは1340gとなる。また、つめかえ用の通常サイズはキャップ付で裏面にした状態で真上から注ぎ口に直接差し込んで注ぐ方式で、カチッと音が鳴るまでは中身が出ない新構造パックとなった。2020年5月のリニューアルで本体はボトル全体をラベルで覆うシュリンクラベル仕様となった。
アリエールジェル ダニよけプラス
2019年10月発売。屋内塵性ダニを寄せ付けにくくする「ダニよけ成分」を配合した製品。洗浄力は「アリエール イオンパワージェル」と同等であり、キャップとボトルは水色となっている。内容量は本体は既存の「イオンパワージェル」と同じく910gだが、つめかえ用は超特大サイズのみの設定で1.36kgとなる。
アリエール スピードプラス
2013年8月発売。超濃縮型液体洗剤。
アリエール イオンパワージェル 業務用 - 業務用商品
アリエール イオンパワージェル サイエンスプラスのP&Gプロフェッショナルブランド製品。一般で売られているサイズ(910g:2017年10月大幅改良以降)と比較して約3.3倍量相当の大容量サイズ(3.0kg)となっており、販売経路がオフィス用品販売サイトなどに限定されている。

ジェルボール型洗剤[編集]

アリエール パワージェルボール3D
2017年9月発売。フィルム密封状超濃縮型ジェル状洗剤。従来のジェルボール型洗剤より水に溶けやすい性質をもつ「ミクソロジーフィルム」を採用し、洗剤の各成分を別々のフィルムで密封する3層立体構造となり、これまで含むことができなかった成分(くすみ・黄ばみクリア・繊維ケア成分)を配合することが可能となった。2020年3月のフルリニューアルで「汚れ分解ブースター成分」が配合された。
内容量は、1つのプラスチック製容器に18個(356g)だったが、2020年3月のフルリニューアルで17個(309g)に変更。つめかえ用も当初、パウチに本体と同量を封入したつめかえ用の他、34個入り(652g)の超特大サイズ、44個入り(844g)の超ジャンボサイズ、2018年9月に52個入り(998g)のウルトラジャンボサイズ、2019年10月に94個入り(1.80kg)のテラジャンボサイズが追加設定されていたが、これも2020年3月のフルリニューアルで通常サイズ16個(291g)・超特大サイズ32個(582g)・ジャンボサイズ46個(837g)・ウルトラジャンボサイズ63個(1.14kg)・テラジャンボサイズ90個(1.63kg)に変更された[注釈 7]
アリエール リビングドライジェルボール3D
2017年9月発売。部屋干しに特化したフィルム密封状超濃縮型ジェル状洗剤。緑をベースとしたデザインとなっているが、液色と構造は「パワージェルボール3D」と同じである。前述のパワージェルボール3Dと同じく、2020年3月のフルリニューアルで「汚れ分解ブースター成分」が配合された。
内容量は、1つのプラスチック製容器に18個(356g)だったが、2020年3月のフルリニューアルで17個(309g)に変更。つめかえ用も当初、パウチに本体と同量を封入したつめかえ用の他、34個入り(652g)の超特大サイズ、44個入り(844g)の超ジャンボサイズ、2018年9月に52個入り(998g)のウルトラジャンボサイズ、2019年10月に94個入り(1.80kg)のテラジャンボサイズが追加設定されていたが、2020年3月のフルリニューアルで通常サイズ16個(291g)・超特大サイズ32個(582g)・ジャンボサイズ46個(837g)・ウルトラジャンボサイズ63個(1.14kg)・テラジャンボサイズ90個(1.63kg)に変更された[注釈 7]
アリエール ジェルボール3D プラチナスポーツ
2019年2月発売。同時発表・発売された「アリエールジェル プラチナスポーツ」と同じく、スポーツウェアなどに用いられる合成繊維に特化したフィルム密封状超濃縮型ジェル状洗剤(スポーツウェアに限らず、体操服・作業着・普段着にも使用可能)。容器全体で紺色のデザインとなっているが、液色と構造は「パワージェルボール3D」と同じである。
既存の「パワージェルボール3D」や「リビングドライジェルボール3D」よりも入数が少なくなっており、本体は14個入り(291g)、つめかえ用は超特大サイズのみの設定で26個入り(572g)[注釈 7]となる。2020年5月のリニューアルで入数はそのまま(ただし、内容量は減容となり、本体は270g、つめかえ用超特大サイズは501gとなる)だが、本体の容器形状が刷新され、従来のボックス形から円筒形となりコンパクト化された。
アリエール ジェルボール3D ダニよけプラス
2019年10月発売。同時発表された「アリエールジェル ダニよけプラス」と同じく、屋内塵性ダニを寄せ付けにくくする「ダニよけ成分」を配合した製品。洗浄力は「アリエール リビングドライジェルボール3D」と同等であり、容器全体で水色のデザインとなっているが、液色と構造は「パワージェルボール3D」と同じである。
「ジェルボール3D プラチナスポーツ」同様、既存の「パワージェルボール3D」や「リビングドライジェルボール3D」よりも入数が少なくなっており、本体は16個入り(342g)、つめかえ用は超特大サイズのみの設定で26個入り(556g)[注釈 7]となる。

その他の製品[編集]

アリエール 洗たく槽クリーナー
2008年発売。元々は数量限定品として発売されていたが、後に通常製品となった。非塩素系(酸素系)の粉末・1回使い切りタイプ。2013年6月の改良では、新防臭抗菌成分を配合した。なお、本品は縦型の洗濯乾燥機および全自動洗濯機専用である[注釈 8]
アリエールスプレー ダニよけプラス
2019年10月発売。同時発表された「アリエールジェル/ジェルボール3D ダニよけプラス」と同じく、屋内塵性ダニを寄せ付けにくくする「ダニよけ成分」を配合した布製品用スプレー。ダニよけ成分は含まれているが、ファブリーズと違って消臭・除菌成分は含まれていない。パッケージデザインは前述の「アリエールジェル/ジェルボール3D ダニよけプラス」と統一しており、主に水色のデザインとなっている。

製造終了品[編集]

  • 粉末洗剤
    • アリエール(大型洗剤) - 1986年地域限定発売。1987年に内容量を6kgから4kgに変更。コンパクト洗剤発売に伴い廃止。
    • アリエール(コンパクト洗剤) - 1988年発売。ウルトラアリエールの前身。
    • ウルトラアリエール - 1990年発売。ピュアクリーンの前身。
      • ウルトラアリエール つめ替え用 - 1992年発売。箱本体につめ替え用を箱ごと入れてフタを開ける形式。
    • アリエールパワーミクロ - 1995年地域限定発売。超コンパクト型粉末洗剤。後にアリエール(コンパクト洗剤・2代目)と統合しピュアクリーンとなる。
    • アリエール(コンパクト洗剤・2代目) - 1996年発売。
    • アリエールピュアクリーン - 1997年発売。洗いながらニオイの原因となる菌を除菌する粉末洗剤。緑茶成分入りアリエールの前身。
    • アリエール漂白剤プラス - 1999年発売。通常のアリエールより漂白成分を高配合したもの。2002年にリニューアルされた際には除菌効果も追加された。アリエール 頑固汚れ用の前身。
    • キューブ型アリエール - 2000年発売。スプーンで計量する必要がない固形状の粉末洗剤。独自の発泡システムで洗浄する。
    • 緑茶成分入りアリエール - 2004年発売。緑茶成分を配合。アリエールスピーディーへ継承。
    • アリエール 頑固汚れ用 - 2005年発売。アリエール サイエンスプラス7の前身。
    • アリエール 部屋干し用(数量限定品) - 2011年10月発売。消臭力を高めたことで部屋干しによる生乾き臭を防ぐ。後に2012年4月にも販売され、2013年5月に販売された際はお試し容量(810g)の他に特大サイズ(1.5kg)も追加された。
    • アリエールスピーディー - 2011年2月発売。すすぎが1回で可能な粉末洗剤。アリエール サイエンスプラス7に統合し廃止。
    • 作業着用アリエール - 業務用向け商品。アリエール頑固汚れ用 業務用(P&Gプロフェッショナルブランド)へ継承。
    • アリエール頑固汚れ用 業務用 - 業務用向け商品。アリエール サイエンスプラス7 業務用(P&Gプロフェッショナルブランド)へ継承。
  • 液体洗剤
    • アリエール(液体洗剤) - 1987年発売。
    • アリエールジェルウォッシュ - 2000年発売。日本初のジェルタイプの液体洗剤。イオンパワージェルの発売により廃止。
    • アリエールイオンパワージェル - 2005年3月発売。イオンパワージェルプラスへ継承。
    • アリエールイオンパワージェルプラス 爽快なフレッシュグリーンの香り - 2010年3月発売。イオンパワージェル 抗菌フレッシュ発売により廃止。
    • アリエールレボ - 2011年6月発売。独自配合のイオンポリマーで洗うたびに衣類の表面をコートし、防汚効果を高める超濃縮型液体洗剤。2012年4月にボトルデザインを変更、消臭効果を追加しリニューアル。スピードプラス発売により廃止。
    • アリエールイオンパワージェル 抗菌フレッシュ - 2011年11月発売。サイエンスプラス イオンパワージェルへ継承。
    • アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル - 2013年4月発売。イオンパワージェル サイエンスプラスへ継承。
    • アリエール リビングドライ イオンパワージェル - 2010年5月に「アリエールイオンパワージェル 部屋干し用」として数量限定で発売。後に2011年10月、2012年4月、2013年5月に発売され、2014年5月に「アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル 部屋干し用」に改称。2017年4月の改良時に現名称となった。イオンパワージェル リビングドライに継承。
    • アリエール イオンパワージェル サイエンスプラス ウイルス除去(数量限定品) - 2014年11月発売(一部店舗は同年10月より発売)。当初は「アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル ウイルス除去」として発売。通常の「アリエール イオンパワージェル」シリーズよりも消臭成分を高配合し、ウイルス除去効果を付与したもの。主にシルバーと紫をベースとしたデザインになっている。容量は通常の「アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル」よりも少ない[注釈 9]
    • アリエール イオンパワージェル サイエンスプラス 消臭成分アップ(数量限定品) - 2018年8月発売。通常の「アリエール イオンパワージェル」シリーズよりも消臭成分を高配合したもの。主にシルバーとゴールドをベースとしたデザインになっている。これも「ウイルス除去」同様、容量は通常の「アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル」よりも少ない[注釈 10]
    • アリエール イオンパワージェル クール(数量限定品) - 2019年7月発売。通常の「アリエール イオンパワージェル」シリーズの香調を「リフレッシュクールの香り」に変更したもの。商品名に"クール"とあるが、接触冷感機能付きのインナーとは違って接触冷感効果は付与されない。主にシルバーとミントグリーン系をベースとしたデザインになっている。これも「ウイルス除去」「消臭成分アップ」同様、容量は通常の「アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル」よりも少ない[注釈 11]
  • ジェルボール型洗剤
    • アリエール サイエンスプラス パワージェルボール - 2014年4月発売。日本初のフィルム密封状超濃縮型ジェル状洗剤。サイエンスプラス パワージェルボールSへ継承。
    • アリエール サイエンスプラス リビングドライジェルボール - 2015年1月にオンラインショップ先行発売[注釈 12]。サイエンスプラス リビングドライジェルボールSへ継承。
    • アリエール サイエンスプラス パワージェルボールS/リビングドライジェルボールS - 2016年9月発売。パワージェルボール3D/リビングドライジェルボール3Dへ継承。
  • その他の製品
    • アリエール サイエンスプラス ファブリックスプレー ウイルス除去(数量限定品) - 2014年11月発売。「ファブリーズ」との共同開発によるアリエールブランド初の布製品用スプレー。パッケージデザインは前述の「サイエンスプラス イオンパワージェル ウイルス除去」と統一しており、主にシルバーと紫をベースとしたデザインである。

ギフト製品[編集]

ギフト製品も発売されており、P&Gジャパンのライフスタイルサイト「マイレピ」内の「アリエールのギフトセット」にて製品情報が掲載されている。

ジェルボール型洗剤や「除菌ジョイコンパクト」のリニューアルに伴い、2020年4月にイオンパワージェル&ジェルボールセットや「除菌ジョイコンパクト」が含まれるセットがリニューアルされた。

アリエールホームセット
液体洗剤「アリエール イオンパワージェル」と食器用洗剤「ジョイコンパクト」を中心とした暮らしのセット。「アリエール イオンパワージェル」と「除菌ジョイコンパクト」各1本ずつのシンプル構成であるPGCA-AZ、「アリエール イオンパワージェル」のみの構成としたPGCA-BX・PGCA-CX・PGCA-25X(BXは本体・つめかえ用ペア構成、CXは本体1本・つめかえ用2袋入り、25Xは本体1本・つめかえ用3袋入り)、25Xの構成に「除菌ジョイコンパクト」1本を追加したPGCA-30Z、30Zの構成に「ジョイコンパクト バレンシアオレンジの香り」の本体・つめかえ用が追加され、「アリエール イオンパワージェル」のつめかえ用を2袋増やしたPGCA-50Zの6タイプがある。
アリエール液体洗剤ギフトセット
液体洗剤「アリエール イオンパワージェル」のみのセット。本体は各セット1本のみで、つめかえ用の個数が異なる2タイプが設定される(PGLA-30Xは4袋、PGLA-50Xは7袋がそれぞれセットされる)。
アリエールランドリーセット
液体洗剤「アリエール イオンパワージェル」を主体としたランドリーセット。全てのセットに「アリエール 洗たく槽クリーナー」が付く。液体洗剤1本につめかえ用2袋、洗たく槽クリーナー1袋をセットにしたPGIL-25Y、25Yの構成に「除菌ジョイコンパクト」を1本追加したPGIL-30Z、30Zの構成に液体洗剤のつめかえ用を2袋増やし、「除菌ジョイコンパクト 緑茶の香り」を1本追加したPGIL-50Z、50Zの構成に液体洗剤のつめかえ用を2袋増やし、「除菌ジョイコンパクト スパークリングレモンの香り」を追加したPGIL-70Zの4種類がある。
アリエール イオンパワージェル&ジェルボールセット
液体洗剤「アリエール イオンパワージェル」とジェルボール型洗剤「アリエール パワージェルボール3D」の2種類の洗たく用洗剤をセットにしたランドリーギフト。PGID-25Zは液体洗剤・ジェルボール型洗剤それぞれの本体・つめかえ用を各1ペアずつセット。25Zのセット構成に液体洗剤のつめかえ用を1袋追加したPGID-30Z、30Zのセット構成に液体洗剤のつめかえ用を2袋追加したPGID-40Z、40Zのセット構成に液体洗剤のつめかえ用を1袋減らす代わりに、ジェルボール型洗剤のつめかえ用1袋と柔軟剤「レノア本格消臭 フレッシュグリーンの香り」1本を追加したPGID-50Zの4種類が設定される。
アリエール ジェルボールギフトセット
ジェルボール型洗剤「アリエール パワージェルボール3D」のみのセット。本体は各セット1個のみで、つめかえ用の個数が異なる2タイプが設定される(PGAG-30Zは4袋、PGAG-50Zは7袋がそれぞれセットされる)。
アリエール液体洗剤部屋干し用ギフトセット
液体洗剤「アリエール イオンパワージェル リビングドライ」のみのセット。セット構成は「アリエール液体洗剤ギフトセット」と同じである。
アリエール イオンパワージェル&ジェルボール部屋干しセット
液体洗剤「アリエール イオンパワージェル リビングドライ」とジェルボール型洗剤「アリエール リビングドライ パワージェルボール3D」の2種類の洗たく用洗剤をセットにした部屋干し用ランドリーギフト。洗剤の種類が異なる点以外は「アリエール イオンパワージェル&ジェルボールセット」のPGID-25Z/30Z/50Zとセット構成が同一である。

ジェルボール型洗剤の誤飲事故[編集]

2014年7月に日本中毒情報センターが日本中毒学会にて、ジェルボール型洗剤による乳幼児の誤飲事故が2014年4月に発売されてから2ヶ月半で24件確認されているとあった。また、乳幼児のみならず高齢者の誤飲事故も報告されており[16][17]、日本中毒情報センターやP&Gジャパンでは容器のフタを閉めて子どもの手の届かないところに保管するとともに、ジェルボール型洗剤はお菓子やおもちゃではないことを子どもに教えるよう呼び掛けている。また、本体容器のフタやつめかえ用の袋には「子供の手の届かないところに置いてください」の注意表示がある。

タイド・ポッド・チャレンジ[編集]

2018年に北米を中心にジェルボールをピザのトッピングにして面白おかしく見せたり、口に入れたりといった愚行を動画や写真に撮りSNSに投稿する「タイド・ポッド・チャレンジ(Tide pod challenge)」が10代の若者の間で流行し、実際に動画投稿サイトにて若者がジェルボールを口に入れ、軽く噛み潰して洗剤を吐き出している様子も見られた[18]

キャッチコピー[編集]

  • 「洗たく機だけで きれい」(1987年、アリエール)
  • 「きびしく きれい」(1989年、アリエール)
  • 「きれいさ ありあり」(1990年、アリエール)
  • 「新品かな。アリエールかな。」(1990年、アリエール)
  • 「大きな差を生む、小さな一歩です。」(1992年、ウルトラアリエール つめ替え用)
  • 「洗浄力に、除菌力。」(1997年 - 2000年、ピュアクリーン)
  • 「洗濯機洗いが強くなる。」(1999年 - 2000年、漂白剤プラス)
  • 「家族のための、かしこい洗濯。」(2000年、ブランド総合キャッチコピー)
  • 「余計な仕事を増やさず、しっかり洗浄。」(2000年、キューブ型アリエール)
  • 「洗剤溶ければ、問題溶ける」(2000年、ジェルウォッシュ)
  • 「「落ちないはず」を落とします。」(2002年 - 2003年、ブランド総合キャッチコピー)
  • 「使うほどに、差が見える。」(2003年、漂白剤プラス)
  • 「この白さ、まじりけなし。」(2005年、イオンパワージェル)
  • 「何も残さず、真っ白に真っ白に洗い上げたいあなたへ。」 (2006年 - 2010年、イオンパワージェル・緑茶成分入りアリエール )
  • 「ありがとう。 君と (あなたと) アリエール。」 (2006年 - 2011年、ブランド総合キャッチコピー)
  • 「しみつかないレボリューション」(2011年、アリエールレボ)
  • 「生乾きのニオイまで真っ白。」(2012年、イオンパワージェル 抗菌フレッシュ)
  • 「雑菌臭と一日中戦う。」(2013年、イオンパワージェル 抗菌フレッシュ)
  • 「洗濯科学のアリエール」(2013年 - 、ブランド総合キャッチコピー)
  • 「いちど使えば、戻れない。」(2014年、パワージェルボール[注釈 13]
  • 「有り得ない?アリエールでしょ。」(2014年 - 、パワージェルボールおよびブランド総合キャッチコピー)
  • 「洗剤は、鮮度の時代へ。」(2017年、ジェルボール3D[注釈 14]

CM[編集]

歴代テレビCM出演者
  • 筧利夫、藤本たづこ(2000年 - 2001年、ブランド総合キャラクター)
  • 木村多江(2001年、ジェルウォッシュ)
  • 原田泰造(2004年 - 2005年、ブランド総合キャラクター)
  • 草彅剛(2006年 - 2011年、ブランド総合キャラクター)
  • 吉田羊(2012年 - 2013年、ブランド総合キャラクター)
  • 林家三平(2013年、イオンパワージェル 抗菌フレッシュ) - 吉田羊と共演。
  • 生田斗真(2013年 - 、ブランド総合キャラクター)
  • ミランダ・カー(2014年4月、パワージェルボール) - 生田斗真と共演。ボールド ぷにぷにっとジェルボールの宣伝も兼ねる。
  • 富岡佳子(2014年7月、パワージェルボール)
  • 木佐彩子(2014年9月、パワージェルボール)
  • 東原亜希(2016年11月、パワージェルボールS)
  • 小倉優子桃井かおり岡江久美子佐々木健介滝沢眞規子国枝慎吾(2018年8月、ジェルボール3D) - 生田斗真と共演。小倉はボールド ジェルボール3Dの宣伝も兼ねる。
  • 大坂なおみ(2019年2月、プラチナスポーツ) - 生田斗真と共演。
  • バナナマン(2019年7月・2020年4月、ジェルボール3D) - ボールド ジェルボール3Dの宣伝も兼ねる。
  • YOU大島美幸大沢あかね(2019年10月、ダニよけプラス) - 生田斗真と共演。
テレビCMナレーション
  • 小林愛(2012年、アリエールレボ)
  • 伊武雅刀(2013年、イオンパワージェル 抗菌フレッシュ)

競合商品[編集]

  • トップ - アリエールの対抗商品
  • アタック - アリエールの対抗商品
  • ニュービーズ - アリエールの対抗商品
  • ボールド
  • さらさ - 2016年以降の製品パッケージにはアリエールのロゴが入っているが、アリエールのシリーズ品とは扱われていない。
  • チアー - 1999年までP&Gが発売していた衣料用洗剤。日本でのP&G第1号商品。
  • ボーナス - 2009年までP&Gが発売していた衣料用液体洗剤。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ マレーシアとシンガポールでは「Dynamoダイナモ)」で販売。
  2. ^ 2019年10月現在はアリエール サイエンスプラス7の通常サイズ(お試し容量)が600g、特大サイズが1.7kgである。
  3. ^ 両製品にはP&Gがオリンピックのワールドワイドパートナーとなっているため、オリンピックロゴも入る。
  4. ^ 欧州他地域ではマークの色は主に青ではなく緑になっているが、販売地域によって色とマークが異なる。
  5. ^ なお、「アリエール サイエンスプラス イオンパワージェル ウイルス除去」に関しては、2014年10月から一部店舗で先行発売されていた。
  6. ^ なお、「ボールド」の液体洗剤(ボールド ジェル)も2018年1月のリニューアルで新形状のボトルに変更されている。
  7. ^ a b c d つめかえ用の超特大、ジャンボ(旧・超ジャンボ)、ウルトラジャンボ、テラジャンボ(「ジェルボール3D プラチナスポーツ/ダニよけプラス」は超特大のみ)はチャック付き。
  8. ^ 一部の機種で不具合が起きる恐れがあるため、ドラム式洗濯乾燥機およびドラム式洗濯機には使用を控えるようパッケージ裏面に但し書きがされている。
  9. ^ 発売当初の内容量は本体900g、つめかえ用720g、つめかえ用超特大サイズ1.27kg。2017年11月のリニューアル時に本体800g、つめかえ用超特大サイズ1.18kgへ変更。
  10. ^ 発売当初の内容量は本体850g、つめかえ用650g、つめかえ用超特大サイズ1.18kg
  11. ^ 内容量は本体850g、つめかえ用670g、つめかえ用超ジャンボサイズ1.52kg、つめかえ用ウルトラジャンボサイズ1.75kg
  12. ^ 店頭では2015年3月中旬発売。
  13. ^ ボールド ぷにぷにっとジェルボールも同じキャッチコピーを使用。
  14. ^ ボールド ジェルボール3Dも同じキャッチコピーを使用。

出典[編集]

  1. ^ Tide Loads of Hope(英語)
  2. ^ “食べ物汚れをつきにくくする”コンパクト洗剤「アリエールレボ イオンジェルコート」新発売(参考資料/発売時期変更により再配信) (PDF)” (日本語). P&G Japan (2011年4月26日). 2011年6月13日閲覧。
  3. ^ 澤穂希選手「アリエール WHITE AWARD(ホワイト アワード)」初代選考委員に就任! (PDF)” (日本語). P&G Japan (2012年4月27日). 2013年6月28日閲覧。
  4. ^ 澤穂希がスポーツ少年&少女にエール、「アリエール WHITE AWARD」決定” (日本語). マイナビニュース (2012年6月5日). 2013年6月28日閲覧。
  5. ^ a b 「アリエール」シリーズ、「洗濯科学」をテーマに2013年夏に全面リニューアル(参考資料) (PDF)” (日本語). P&G Japan (2013年6月26日). 2013年7月1日閲覧。
  6. ^ “粉末でもない 液体でもない 新形状「第3の洗剤」が誕生!「アリエール パワージェルボール」4月下旬、「ボールド ぷにぷにっとジェルボール」7月中旬に新発売 (PDF)” (日本語). P&G Japan (2014年4月15日). 2014年4月22日閲覧。
  7. ^ 冬の衣類ケアにおすすめ「アリエール ウイルス除去シリーズ」 衣料用洗剤、布製品用スプレー 11月下旬数量限定発売 (PDF)” (日本語). P&G Japan (2014年11月13日). 2014年11月13日閲覧。
  8. ^ 一粒つまんで入れるだけで、ニオわない部屋干しを実現。“部屋干し用”ジェルボール型洗剤「アリエール リビングドライジェルボール」3月中旬新発売 (PDF)” (日本語). P&G Japan (2015年1月7日). 2015年1月17日閲覧。
  9. ^ 樋之池に日本初!!アリエールがコインランドリーOPEN!!12月22日 - 街かど小ネタ - 西宮流(にしのみやスタイル)” (日本語). 西宮流 (2018年12月21日). 2019年2月7日閲覧。
  10. ^ 衣料用洗剤「アリエールジェル プラチナスポーツ」「アリエールジェルボール3D プラチナスポーツ」 2月2日オンライン先行発売/2月下旬より全国発売 (PDF)” (日本語). P&G Japan (2019年2月1日). 2019年2月7日閲覧。
  11. ^ 「アリエール」「ボールド」粉末洗剤リニューアルのお知らせ”. P&G「マイレピ」 (2019年2月20日). 2019年4月25日閲覧。
  12. ^ アリエールで衣類の洗濯デオドラント*1!消臭力がアップした『アリエール イオンパワージェル』 7月下旬にリニューアル発売!” (日本語). PR TIMES (2019年7月25日). 2019年10月5日閲覧。
  13. ^ いつもの洗濯でダニよけ*1ができるアリエール史上初「ダニよけ成分*1」を配合した衣料用洗剤「アリエール ダニよけプラス」が誕生” (日本語). PR TIMES (2019年10月17日). 2019年10月18日閲覧。
  14. ^ 「アリエール ジェルボール3D」「ボールド ジェルボール3D」フルリニューアルして3月下旬より全国で発売” (日本語). P&G Japan (2020年3月26日). 2020年4月11日閲覧。
  15. ^ 「アリエール プラチナスポーツ」リニューアル「抗酸化成分」をアリエール史上初めて搭載” (日本語). P&G Japan (2020年5月8日). 2020年5月17日閲覧。
  16. ^ 「第3の洗剤」乳幼児の誤飲が多発 ゼリーと誤認?発売2カ月半で23件(1/3ページ) - 産経ニュース” (日本語). 産経新聞 (2014年7月25日). 2014年11月13日閲覧。
  17. ^ パック型洗剤の小児の誤飲事故について” (日本語). 日本中毒情報センター (2014年7月30日). 2014年11月13日閲覧。
  18. ^ 洗剤を食べる「Tide Podチャレンジ」が少年少女の間で大流行、専門家が警鐘を鳴らす - GIGAZINE” (日本語). GIGAZINE (2018年1月26日). 2019年10月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]