岩田翔吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩田 翔吉
基本情報
階級 ライトフライ級
身長 163cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1996-02-02) 1996年2月2日(24歳)
出身地 東京都渋谷区
プロボクシング戦績
総試合数 4
勝ち 4
KO勝ち 3
テンプレートを表示

岩田 翔吉(いわた しょうきち、1996年2月2日 - )は、日本プロボクサー東京都渋谷区出身。帝拳ボクシングジム所属。

人物[編集]

9歳の時に山本“KID”徳郁のジムKILLER BEEに入門[1]。中学2年生でボクシングに専念して[2]U-15ボクシング全国大会で優勝した[3]

日出高校卒業後、早稲田大学に入る[4]。なお日出高校時代、のちの世界王者井上拓真田中恒成に勝利したことがあり[5]、高校3年生の時に高校総体で優勝[6]

来歴[編集]

2018年12月8日にアメリカカリフォルニア州カーソンスタブハブ・センターにてジョエル・バミューズとライトフライ級4回戦を戦い、4回2分44秒TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[7]。翌2019年2月、日本のプロテストに合格[8]

2019年5月4日、後楽園ホールで日本デビュー戦として2018年全日本ライトフライ級新人王で日本同級14位の亀山大輝と対戦し、6回3-0(59-54×2、58-56)で判定勝ちを収めた[9]

2019年7月12日、大阪府立体育会館第1競技場でパオロ・シーと対戦し、5回1分25秒TKO勝ちを収めた[10]

2019年11月7日、さいたまスーパーアリーナでアレハンドロ・クルス・バジャダレスと対戦し、5回2分10秒TKO勝ちを収めた[11]

戦績[編集]

  • プロ - 4戦4勝(3KO)
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2018年12月8日 勝利 4R 2:44 TKO ジョエル・バミューズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 プロデビュー戦
2 2019年5月4日 勝利 6R 判定3-0 亀山大輝(ワタナベ 日本の旗 日本 日本デビュー戦
3 2019年7月12日 勝利 5R 1:25 TKO パオロ・シー フィリピンの旗 フィリピン
4 2019年11月7日 勝利 5R 2:10 TKO アレハンドロ・クルス・バジャダレス メキシコの旗 メキシコ
テンプレート

獲得タイトル[編集]

アマチュア
  • 平成25年度全国高等学校総合体育大会ライトフライ級優勝

脚注[編集]

  1. ^ 超絶期待のボクサー岩田翔吉 紹介 Parties
  2. ^ 今は無名の“神の子の子”岩田翔吉が米デビューへ 日刊スポーツ 2018年12月3日
  3. ^ U-15全国大会熱戦 後楽園ホール Boxing News(ボクシングニュース) 2010年8月8日
  4. ^ 早大4年生対談 早稲田スポーツ新聞会 2017年11月5日
  5. ^ 田中恒成、井上拓真を倒した男が満を持しプロテスト 日刊スポーツ 2019年1月31日
  6. ^ 早大生ボクサー岩田翔吉、12月8日米国デビュー「将来は視聴率が取れるように」 スポーツ報知 2018年11月29日
  7. ^ 竹中良がタイで勝利 岩田翔吉はアメリカで初陣飾る Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月9日
  8. ^ 岩田翔吉がプロテスト合格 国内での試合が可能に 日刊スポーツ 2019年2月1日
  9. ^ 末吉大が日本S・フェザー級V4 大里拳は健闘及ばず Boxing News(ボクシングニュース)2019年5月4日
  10. ^ 清水聡まさかの6回TKO負け、連続KO勝利ストップ Boxing News(ボクシングニュース)2019年7月12日
  11. ^ 井上拓真「ポイントは取っていると…」 最終回にKOチャンスつかむも及ばず Boxing News(ボクシングニュース)2019年11月7日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]