スポーツ学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポーツ科学部から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

スポーツ学部(スポーツがくぶ)とは、大学に設置される学部の一つ。スポーツそのものを科学的に研究教育することを主目的とする学部である。

概要[編集]

スポーツ学部で学ぶことは競技指導や健康管理に役立つ。したがって、卒業生が主に競技選手や体育教員になる従来の体育学部と異なり、スポーツ学部の卒業生はスポーツインストラクターやスポーツ団体の経営者になることが多い。ただし学部編成上、衛生学を含む人間科学系や、社会科学系学部の1学科として存在しているケースや、従来の体育系学部内の学科として成立しているケースなど、各大学においてこの分野の専攻学科が所属する学部にばらつきがある。そういう事情もあり、保健体育教員免許が取得可能な大学(の学部・学科)も多く存在する。

スポーツ学部を持つ日本の大学[編集]

体育学部を持つ日本の大学[編集]

スポーツ学に関する学部等を持つ日本の大学[編集]

国立大学[編集]

私立大学[編集]

  • 1990年代
    • 順天堂大学スポーツ健康科学部(1993年 体育学部からの改組)
    • 福岡大学スポーツ科学部(1998年 体育学部からの改組)
  • 2011年開設
    • 中京大学スポーツ科学部(スポーツ教育学科、競技スポーツ科学科、スポーツ健康科学科開設。1959年設置の体育学部体育科学科、健康科学科を改組)

スポーツ学に関する学科等を持つ日本の大学[編集]

公立大学[編集]

  • 岡山県立大学情報工学部スポーツシステム工学科
  • 名桜大学人間健康学部スポーツ健康学科(同大学は私立大学として設置・開学されたが、2009年度から公立大学法人による運営となった)

私立大学[編集]

  • 2001年開設
    • 国際武道大学体育学部スポーツトレーナー学科、国際スポーツ文化学科
  • 2009年開設
  • 2017年開設
    • 拓殖大学国際学部国際学科 国際スポーツコース

関連項目[編集]