梅田智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
うめだ ともこ
梅田 智子
別名義 梅田 智美 (旧芸名)
生年月日 (1952-02-23) 1952年2月23日(70歳)
出生地 日本の旗 東京都豊島区駒込
身長 166cm[1]
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1968年 - 現在
受賞
日本映画制作協会新人賞受賞(1970年)[2]
テンプレートを表示

梅田 智子(うめだ ともこ、1952年[1]2月23日 - )は、日本女優。ギャラクシーオーシャン所属。1970年代の中頃には、梅田 智美(うめだ ともみ)名義で芸能活動していた期間もある。東京都豊島区駒込[要出典]出身[1]

略歴[編集]

兄と妹がいる[3]富士見高等学校卒業[3]。中学・高校時代は水泳バスケットボールでも活動[3]

1967年、東宝ニュータレント8期生として東宝へ入社[3][2]。同期生は、徳永礼子[1]牧とし子木村由貴子鈴木ひとみ成川哲夫[1]関口昭子[1]、斉藤宣丈[1]

1968年、竜雷太主演の『でっかい青春』(日本テレビ)で、シリーズ後半、竜の役どころが市役所職員から高校の代用教員へ変更となり、その際、菊容子大谷直中沢治夫らと一緒にレギュラーの生徒役としてデビュー。

初の主演級作品は『炎の青春』のバスケットボール部キャプテンの大村映子役だった。

当たり役は1970年の『金メダルへのターン!』での主役の速水鮎子役[1]。またバレエ歴12年(1972年の時点)のキャリアを買われる形で、バレエが題材のテレビドラマ『赤い靴』に出演[4]

東宝テレビ部所属女優として、主に東宝制作の映画・ドラマに多数出演。1970年には日本映画制作協会新人賞を受賞した[2]

1979年に『でっかい青春』や『炎の青春』などで共演した3歳年上の俳優の大谷直と結婚[1]。出産の為に芸能界の一線から退き[1]、3人の子どもを儲けた。

2004年、かつて『金メダルへのターン!』で姉妹役として共演した青木ひでみと共に剛たつひと作の舞台に出演し、25年ぶりに女優活動を再開した。

2007年には、恩師である高瀬昌弘監督のために夫婦で企画した舞台「掌一杯の温もり-親子戦争」では、実娘とも共演した。

2019年9月27日、「爆報! THE フライデー」(TBS)に出演、近況を報告した[5]

人物[編集]

  • 身長165cm。血液型はA型Rhマイナス。
  • 趣味はフェイシャルエステ、料理、水泳、英会話。水泳を題材とした『金メダルへのターン!』では、他の出演者は顔の見えない場面では日本体育大学の選手が吹き替えを務めていたが、梅田は吹き替えなしですべて演じていた[1]
  • 高い演技力で周囲を食ってしまうため、肉食魚ピラニアにちなんでピラと渾名される[注釈 1]
  • 俳優を引退した夫は、海外旅行のガイドブックを発行する出版社を経営。梅田智子本人は、自宅の近所に店は小規模だが近くの東海大学学生柔道部など体育会系の学生がよく通うというステーキ店「タパス」を経営[5]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 足長おじさん
  • 咳をしても一人
  • 少年H
  • すべってころんで
  • 永遠の偶像
  • 河童詫び証文
  • 晴れたらいいね(2004年1月)
  • 掌一杯の温もり-親子戦争 (2007年1月、内幸町ホール)
  • 二丁目の奇跡 THE MIRACLE OF 2ND STREET (2009年5月、シアター代官山)劇団裏長屋マンションズ

ドラマ[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『金メダルへのターン!』で共演した藤山律子は、渾名の由来について「ピラニアみたいによく食べるから」と述べている[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 東宝特撮女優大全集 2014, pp. 171–173, 聞き手 友井健人/構成 編集部「梅田智子インタビュー」
  2. ^ a b c 東宝特撮女優大全集 2014, p. 154, 文・中村哲「まだまだいる!忘れえぬ東宝特撮女優たち<3>」
  3. ^ a b c d 明星集英社)1970年9月号『金メダルへのターン!』記事(p.97)
  4. ^ 週刊TVガイド 1972年10月13日号 106ページの「赤い靴」紹介記事より。
  5. ^ a b 爆報!THE フライデー 2019年9月27日(金)”. gooテレビ (2019年9月27日). 2019年10月23日閲覧。
  6. ^ 友井健人藤山律子 ミスボーグ役」 『別冊映画秘宝電人ザボーガー』&ピー・プロ特撮大図鑑』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年11月14日、48-51頁。ISBN 978-4-86248-805-3 
  7. ^ 東宝特撮映画全史 1983, p. 537, 「主要特撮作品配役リスト」

参考文献[編集]

外部リンク[編集]