田中真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田中 真理(たなか まり、1951年8月1日 - )は、日本の女優東京都出身。初期には田中マリ名義で活動していた時期がある。

来歴・人物[編集]

高校在学中の1967年、スカウトされて日活に入社。1969年、田中マリの名で『女番長 仁義破り』にて映画デビュー。高校卒業後、日活と再契約して田中真理となり、テレビにも進出。当時人気の高かったバレーボールを題材にしたスポ根ドラマ「サインはV」で、主人公の宿敵チーム「レインボー」の選手として出演、その後東京12チャンネルの『ワン・ツウ・アタック!』、『レッツ・ゴー・ミュンヘン!』に出演した。

日活がロマンポルノへと路線を転向した1971年、『セックス・ライダー 濡れたハイウェイ』(蔵原惟二監督)でポルノ映画の主役を飾る。白川和子片桐夕子に次ぐ「ロマンポルノの星」として売り出され、初期ロマンポルノを代表するスターへと成長する。

しかし、ロマンポルノ出演2作目の『ラブ・ハンター 恋の狩人』(山口清一郎監督)が、上映最終日の1972年1月28日、同時上映の2作品とともに猥褻図画として警視庁に摘発される。また同年4月公開の主演作『愛のぬくもり』(近藤幸彦監督)も、公開期間中の1972年4月28日に摘発を受けた。関係者の一人として田中も厳しい取調べを受けるが、出演作がたて続けに摘発されたことから「警視庁のアイドル」という別称をうけた。その後のいわゆる「日活ロマンポルノ裁判」の過程で、田中は「エロスの女闘士」として反体制の象徴のような存在となっていく。

1973年に出演した山口清一郎監督の『恋の狩人 欲望』が、係争中の事件をなぞるような作品であったため、会社側は過敏に反応。次回作としてクランクイン直前であった『恋の狩人 淫殺』は製作中止となった。その後、田中は退社、山口は解雇となった。田中の日活ロマンポルノでの実質的な活動期間は1年半ほどの短いものであった。

しばしのブランクの後、1977年には「同志」山口清一郎監督のATG作品『-北村透谷- わが冬の歌』に出演。テレビ出演も増え、NHKのドラマ『愛の二章 水の女』で主役を演じるなど、本格派女優への脱皮を図ったが、1980年代初頭を最後に芸能活動から離れている。

「日活ロマンポルノ裁判」は、1978年6月23日東京地方裁判所が無罪判決を下すも、検察側が控訴。1980年7月18日東京高等裁判所により再び無罪判決が下され、検察は上告を断念した。

元プロ野球選手のヴィクトル・スタルヒンは親戚にあたる。

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 女番長 仁義破り (1969年 日活
  • 蜘蛛の湯女 (1971年 大映
  • セックス・ライダー 濡れたハイウェイ (1971年 日活)
  • ラブ・ハンター 恋の狩人 (1972年 日活)
  • しなやかな獣たち (1972年 日活)
  • ラブハンター 熱い肌 (1972年 日活)
  • 愛のぬくもり (1972年 日活)
  • 雨のヘッドライト (1972年 日活)
  • おんな天国 子だね貰います (1972年 日活)
  • 夜汽車の女 (1972年 日活)
  • 好色家族 狐と狸 (1972年 日活)
  • 女子学生 セクシー・ダイナマイト (1972年 日活)
  • 妻三人 狂乱の夜 (1972年 日活)
  • 官能教室 愛のテクニック (1972年 日活)
  • 新・色暦大奥秘話 -やわ肌献上- (1972年 日活)
  • 戦国ロック 疾風の女たち (1972年 日活)
  • 女子大生 SEX方程式 (1973年 日活)
  • 実録白川和子 裸の履歴書 (1973年 日活)
  • 女子大生SEX方程式 同棲 (1973年 日活)
  • 恋の狩人 欲望 (1973年 日活)
  • -北村透谷- わが冬の歌 (1977年 三映社 / ATG)

テレビドラマ[編集]

関連項目[編集]