ミラクルガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミラクルガール
ジャンル テレビドラマ
脚本 田波靖男
ほか
監督 佐伯孚治
ほか
出演者 由美かおる
藤田美保子
伊佐山ひろ子
日向明子
樹れい子
ホーン・ユキ
ナンシー・チェニー
水原ゆう紀
藤枝亜弥
岡田真澄
ほか
ナレーター 納谷六朗
音楽 渡辺岳夫
オープニング 「私は女」
エンディング 「セクシートゥナイト」
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
プロデューサー 時崎克彦
植田泰治
製作 東京12チャンネル
東映
放送
放送チャンネル東京12チャンネル
ほか
音声形式モノラル放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1980年3月24日 - 1980年7月28日
放送時間月曜 21:00 - 21:54
放送枠テレビ東京月曜9時枠の連続ドラマ
放送分54分
回数19回
テンプレートを表示

ミラクルガール』は、1980年3月24日から同年7月28日まで東京12チャンネル(現・テレビ東京)で放送されていたテレビドラマである。東京12チャンネルと東映の共同製作。全19話。

概要[編集]

前番組の『ザ・スーパーガール』と同様に、『プレイガール』の後継作品として放送。こちらもこれらと同様の、女性探偵たちの活躍の物語。父の遺志を継ぎ、探偵事務所「オフィスミラクル」の所長を務める桂未知子を中心に、女性探偵たちの活躍を描いた[1]。タイトルの「MIRACLE」には、そのまま「奇跡」という意味の他にも、不思議(Mystery)、無邪気(Innocent)、果敢(Resolute)、行動的(Active)、可愛い(Cute)、美しい(Lovely)、色っぽい(Erotic)の英語の頭文字7つを組み合わせた意味合いもある[2]

脚本、監督、制作スタッフの大半は前番組からの続投でレギュラー出演者も日向明子樹れい子が役を変えて続投した。また、ゲスト出演者も多くが前番組でも出演していた。一例をあげれば前番組の第1話にゲスト出演した奈美悦子は第11話にゲスト出演している。俳優が本業ではない日本ハムファイターズエースだった高橋直樹が第1話に[注釈 1]ジャズクラリネット奏者で『鈴懸の径』のヒットで知られる鈴木章治が第5話にそれぞれゲスト出演するなど前作品にはなかった試みも行われた。本作ではレギュラーメンバーは全員車を運転できるという設定だったが、本作の製作が開始された当初運転免許を持っていたのは藤田美保子樹れい子だけだったため、他のレギュラーメンバーはプロデューサーから自動車教習所に通って運転免許を取得するよう指示されたという[4]

撮影現場ではトラブルも多く、伊佐山ひろ子が3話から出演しなくなり、結果的に4話で降板。代わりに『ザ・スーパーガール』などテレビドラマへの客演が続いていた水原ゆう紀がレギュラー入り[注釈 2]。さらに13話でホーン・ユキも降板し、代わりに直前まで『バトルフィーバーJ』にレギュラー出演していた菅野啓子が藤枝亜弥と芸名を改めレギュラー入り。制作サイドは14話からオープニングとエンディングを一新するなど何とか撮影を続行しようといろいろと尽力したが、次第に撮影自体がままならなくなり(一説によると共演者の不仲が発端と言われている)、最終的に、現場をまとめきれなかったとして、主演格だった由美かおるが降板を申し出たため、打ち切りの決定がなされたという(当初の予定では6か月間、26回の放送期間を予定[4])。最終回のラストシーンも水原ゆう紀不在のまま終了し、突然の打ち切りであった事がうかがえる。また、本作の打ち切りをもって『プレイガール』以降、『プレイガールQ』、『ザ・スーパーガール』と続いてきた東京12チャンネル月曜9時のお色気アクション路線のドラマシリーズは終了となった。

1980年代には、同局で再放送されたことがあったが1990年代以降は地上波はもとよりBS、CSの再放送や映像ソフトのリリースは長らくなかった。CSの再放送は、2021年1月26日より東映チャンネルにて火曜15:00からと翌週火曜9:00から2話まとめて再放送された。また、同年9月21日より火曜4:00から再び2話まとめて再放送された。さらに2022年9月10日より土曜4:00から2話まとめて再放送される[5]。同年4月14日にはDVD-BOX(発売元:ベストフィールド、販売元:東映東映ビデオ)が、2022年3月30日には渡辺岳夫による劇伴を収録したオリジナル・サウンドトラックがサウンドトラックラボラトリーより発売された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:時崎克彦(東京12チャンネル)、植田泰治(東映)
  • 脚本:田波靖男、安斉あゆ子、江里明石川孝人、松本功、山田正人、筒井ともみ山本英明、小野竜之助、胡桃哲、酒井あきよし四十物光男井上梅次
  • 脚本協力:ジャックプロダクション
  • 音楽:渡辺岳夫
  • 撮影:村上俊郎、高岩震、瀬尾脩、林迪雄、利根川昇
  • 照明:山本辰雄、大須賀国男、大町博信、大森康次
  • 録音:北條照二、田中允、井家眞紀夫、秋本彰、板寺昇、野口素寛
  • 美術:北郷久典、安井丸男、川村晴通
  • 編集:望月徹
  • 選曲:秋本彰
  • 効果:原田千昭
  • 現像:東映化学
  • 助監督:大櫛敬介、服部光則、杉野清史、大上典保、萩谷泰夫、住森正徳、伊与田一雄、息邦夫、広西真人、崎田憲一
  • 進行主任:原田良彦、小迫進、橋本寛
  • 記録:渋谷やす子、森美禮、小林みどり、井上和江、鈴賀慶子
  • 演技事務:小貫繁子、田辺史子
  • 美粧:入江美粧
  • 衣裳:東京衣裳
  • 製作担当:神中貞夫、鈴木勝政
  • プロデューサー補:星野行彦、植竹栄作
  • 協力:日産自動車三菱自動車西野バレエ団、ジャンメール、アキ・ドレス、JHA-JHAフック商事
  • 監督:佐伯孚治高橋勝、加島昭、小林義明、井上梅次、内藤誠
  • 製作:東京12チャンネル、東映

主題歌[編集]

オープニングテーマ「私は女」
作詞:橋本淳 / 作曲:渡辺岳夫 / 編曲:京建輔 / 歌:由美かおる
エンディングテーマ「セクシー・トゥナイト」
作詞:橋本淳 / 作曲:渡辺岳夫 / 編曲:京建輔 / 歌:由美かおる

この2曲を収めたシングルレコードがコロムビアレコード(現・日本コロムビア)から発売された。

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト 備考
1 1980年3月24日 プロ野球のエースを救え 殺人鬼の標的ターゲット 田波靖男
安斉あゆ子
佐伯孚治 藤木敬士溝口舜亮小野恵子望月太郎小川露里高崎良三香川久美子山本緑高月忠八百原寿子吉田友子山浦栄永井喜代美長谷川広福島歳恵高橋直樹|入江洋祐納谷六朗(ナレーター)、西本良治郎(擬斗)[注釈 5]
2 3月31日 パンダ爆撃 三億円の照準 江里明
石川孝人
高橋勝 岡崎二朗鶴間エリたこ八郎横山あきお丹呉年克田川勝雄木村修/望月太郎、林ひろえ佐藤吉蔵大蔵晶/西本良治郎(擬斗)、納谷六朗(ナレーター)
3 4月7日 アムステルダムに消えた美女 松本功
山田正人
加島昭 田中真理井上高志玉川伊佐男保科三良中村正梅澤文彦[7]トニー・マトブーユセフ・オスマン山田光一森佑介田中隆米森義美渥美茂勝亀山達也/長谷川広、鬼沢吾郎桑原富和伊藤京子細谷有喜子/西本良治郎(擬斗)、納谷六朗(ナレーター) 伊佐山ひろ子休演
4 4月14日 女が欲望に賭けるとき 筒井ともみ
田波靖男
小林義明 内田勝正水島彩子斉藤真小野川公三郎早川雄三肥土尚弘中村龍史此島愛子大木史朗桑原恵子、木村修、伊藤慶子上地雄大/納谷六朗(ナレーター)、西本良治郎(擬斗) 伊佐山ひろ子休演・降板
5 4月21日 包囲線のメロディー 山本英明
江里明
高橋勝 川島めぐ[8][9][10]石田純大江徹菅野直行三重街恒二徳弘夏生藤山浩二泉よし子高田豊三星純夫/山田光一、木村修、望月太郎、白河康邦、西本良治郎(擬斗)/鈴木章治、挿入歌「ふるさとの子守歌」、演奏:鈴木章治とリズムエース|納谷六朗(ナレーター) 水原ゆう紀レギュラー入り
6 4月28日 真夜中の怪電話 小野竜之助 佐伯孚治 江崎英子石山律雄西川ひかる三上瓔子石橋雅史、入江洋祐/永井雅春中林義明石井浩金月美保、鬼沢吾郎、高沢耀佐川二郎長谷部緑小林操木村栄/納谷六朗(ナレーター)、西本良治郎(擬斗) 水原ゆう紀休演
7 5月5日 美人探偵潜入作戦 胡桃哲 井上梅次 中条きよし力石考大下哲矢金井大大泉滉河合絃司トニー・マートブー高野隆志須賀良清水照夫島田雄三、長谷川広/幸英二、吉田友子、斉藤朋彦加藤健一加藤真琴/西本良治郎(擬斗)、納谷六朗(ナレーター) 車輌協力変更
8 5月12日 美人探偵神出鬼没 田波靖男 小林義明 浜田晃藤方佐和子汐路章川崎あかね鈴木和夫佐竹一男桑崎晃男岡野耕作佐藤晟也浦新太郎谷本小代子新井英騎山口正一郎吉村昭一郎小山昌幸今生きよみ樫村まゆみ、木村修/納谷六朗(ナレーター)、西本良治郎(擬斗)
9 5月19日 女王の乳房を狙え 小野竜之助 井上梅次 吉岡ひとみ大山いづみ、田中隆/北原義郎うえだ峻井上三千男きくち英一松山武由村山竜平高畑次郎杏里加代子沢田浩二水原仗二/木村修、斉藤朋彦、井上邦道井上清和橋本春彦木村香奈子、今生きよみ、望月太郎|田村市子川俣薫田中宣子/西本良治郎(擬斗)、納谷六朗(ナレーター) 日向明子、岡田眞澄休演
10 5月26日 砂浜に燃えた女の性 田波靖男
安斉あゆ子
高橋勝 小林稔侍珠めぐみ名和宏高月忠中村孝雄/亀山達也、溜健二平沢公太郎五野上力比良元高、佐川二郎/小林操、内田修司吉沢勝、斉藤朋彦/西本良治郎(擬斗)、納谷六朗(ナレーター)
11 6月2日 復讐は女の匂い 松本功 加島昭 奈美悦子頭師孝雄佐原健二福山象三上田耕一/望月太郎、松尾文人原田力南雲佑介星野暁一吉宮慎一金月美保伊藤よし乃泉福之助上田大火/西本良治郎(擬斗)、納谷六朗(ナレーター) 岡田眞澄休演
12 6月9日 女は銃と色気で勝負する 井上梅次 宮井えりな団次朗伊達三郎鳥巣哲生田中哲也田中賢也高田寿昭中村隆弘小林徹也、加藤真琴/須賀良、山崎之也、鈴木健一、麻生亮城海峯城春樹大泉公孝、上田大火、斉藤朋彦/田代節夫(振付)、西本良治郎(擬斗)、納谷六朗(ナレーター)
13 6月16日 謎の連続婦女暴行事件 田波靖男
酒井あきよし
佐伯孚治 佐野浅夫住吉道博中田博久依田智、金月美保/田川勝雄、栗原敏川村京子吉田知子村添豊徳/西本良治郎(擬斗)、納谷六朗(ナレーター) ホーン・ユキ降板
14 6月23日 恐怖の交換殺人 四十物光男/江里明 高橋勝 早瀬久美原口剛北原隆久遠利三畑中猛重関田恵子松村早千代今井久大家博、鬼沢吾郎、森田敏彦後藤保昭川西清彦(振付)、西本良治郎(擬斗)、納谷六朗(ナレーター) 藤枝亜弥レギュラー入り
藤田美保子休演
15 6月30日 赤いスポーツカーの誘拐殺人 小野竜之助 佐伯孚治 三条泰子沢田勝美長谷川弘/入江洋祐、保科三良、守屋俊志小畑あや棟里佳吉田由美子/山本緑、山浦栄、石田久美子、金月美保、石川優子/西本良治郎(擬斗)、納谷六朗(ナレーター) 藤田美保子、岡田眞澄休演
16 7月7日 怪奇・美女惨殺の館 田波靖男
安斉あゆ子
井上梅次 志麻いづみ石濱朗瀬良明、早川雄三 /石井茂樹大崎裕子、徳弘夏生/山崎優子、山田光一、水原仗二、佐川二郎、星野暁夫/日高久美子萩原芳子江本はつみ、福島歳恵、横山稔鈴木弘道/西本良治郎(擬斗)、納谷六朗(ナレーター) 水原ゆう紀、岡田眞澄休演
17 7月14日 一億円を拾った女 松本功 内藤誠 高沢順子黒部進成瀬正斉藤真/亀山達也、三島新太郎東龍明相馬剛三、木村修、松山武由/野島昭生、城海峯、情野一郎、城春樹/西本良治郎(擬斗)、納谷六朗(ナレーター) 樹れい子休演
18 7月21日 水着美女・湖上の決戦 小野竜之助 佐伯孚治 小川亜沙美岩崎信忠市村昌治信実一徳田村貫野口元夫/佐藤晟也、雪江由記大木史朗幸英二大津清美、吉田知子、鈴木亜沙子根本由美西川廣佑佐々木修平戸田信太郎、五野上力、高橋和栄/水原仗二(擬斗)、納谷六朗(ナレーター)
19 7月28日 地上最強の美女対必殺邪拳 胡桃哲
井上梅次
井上梅次 大月ウルフ本郷直樹/石橋雅史/溝口舜亮、中康次朝霧友香草薙良一/森佑介、守山竜平益田哲夫、木村修/長谷川広、米森義美、栗原敏、蒲原敏明、斉藤朋彦/西本良治郎(擬斗)、納谷六朗(ナレーター)

使用車両[編集]

放送局[編集]

配信[編集]

動画配信サイトの配信ではYouTube「TOEI Xstream theater」で2022年2月23日から6月29日まで1話ずつ1週間の期間限定で配信されていた(1話のみプレミア公開の後、最終話配信から1週間後まで見られるようになっていた)[16]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 収録は1980年2月25日、当時日本ハムが春季キャンプを張っていた徳島県鳴門市をロケ班が訪問して行われた[3]
  2. ^ 水原はまだ出演前の3月31日の国際プロレス「4大タイトルマッチ」に「ミラクルガール出演者」として花束嬢で登場している。
  3. ^ 同時期には、YTVの「お初天神」にも出演した。
  4. ^ 同時期には、TBSの「青春諸君!夏」にも出演した。
  5. ^ 同時期には、日本テレビの『大激闘マッドポリス‘80』でも擬斗を務めた。現在は、ジャパンアクションエンタープライズの代表取締役副社長を務めている[6]
  6. ^ 実際にEDでクレジットされたのは第10話から。
  7. ^ この番組にレギュラー出演している樹れい子は、同年5月10日発売の「三菱・ギャランΛ」(2代目)のイメージキャラクターを1年間務めた。

出典[編集]

  1. ^ 『生きているヒーローたち 東映TVの30年』(1989年講談社 刊)57頁。
  2. ^ 青春カタログ(現代新社)1980年5月号「ザッツ・テレビジョン」コーナー
  3. ^ 日刊スポーツ1980年2月26日2面「カギ握る主人公」
  4. ^ a b 週刊TVガイド 1980年3月7日号 167頁「3月新番組紹介」
  5. ^ 東映チャンネル | ミラクルガール 9月10日(土) 放送スタート!毎週(土)4:00~6:00” (日本語). 東映チャンネル. 2022年8月7日閲覧。
  6. ^ 会社概要 – JAPAN ACTION ENTERPRISE”. 2021年2月20日閲覧。
  7. ^ ロケに協力した十仁美容整形の当時の院長
  8. ^ 1998年生まれで2021年までの女優とは同姓同名の別人。https://twitter.com/_kawamegu
  9. ^ 川島めぐオフィシャルファンクラブ” (日本語). 川島めぐオフィシャルファンクラブ. 2022年3月24日閲覧。
  10. ^ 本作品に出演した川島めぐの映画作品は次の通りである。https://moviewalker.jp/person/95818/
  11. ^ 北海道新聞』(縮刷版) 1980年(昭和55年)6月、テレビ欄。
  12. ^ 中日新聞』(縮刷版) 1980年6月テレビ欄
  13. ^ 北國新聞』(縮刷版) 1980年6月テレビ欄
  14. ^ 京都新聞』(縮刷版) 1980年6月テレビ欄
  15. ^ a b 朝日新聞大阪版』 1980年6月テレビ欄
  16. ^ TOEI Xstream theater - YouTube”. www.youtube.com. 2022年2月16日閲覧。

外部リンク[編集]

東京12チャンネル 月曜21:00枠
前番組 番組名 次番組
ザ・スーパーガール
(1979年4月2日 - 1980年3月17日)
ミラクルガール
(1980年3月24日 - 1980年7月28日)
月曜痛快時代劇
※21:00 - 22:24