大空港 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大空港』(だいくうこう)は、1978年昭和53年)7月24日から1980年(昭和55年)3月24日に全78話が放送されたフジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ。制作は松竹

概要[編集]

開港直後の新東京国際空港内に設けられた警察庁刑事局国際刑事課の分室「空港特捜部」が空港または空港近辺で発生した事件を解決する姿を描く。

空港特捜部のメンバーは戦中派の加賀と彼を補佐するベテラン刑事、それに若手の部下たちで構成されている。本作では通常の刑事ドラマに見られるような事件も扱うものの、舞台が「空港内の警察」という特殊セクションであるため、描かれる犯罪は国際的で大掛かりなものが多く、刑事たちが海外出張して捜査するケースもたびたび見受けられる。また空港特捜部のメンバーの交代が激しく1年半の放送期間内に4名が殉職、新加入が5名おり、その殉職エピソードでは爆弾が仕掛けられた飛行機の爆発と共に散るというケースがほとんどだった。さらには最終エピソードの前後編でも空港特捜部の刑事たちが次々と敵の罠に落ちて命を落としていくというハードな展開となった。

キャスト[編集]

〈空港特捜部メンバー〉
加賀弘之:鶴田浩二
特捜部をまとめる部長で部下からは「チーフ」と呼ばれる。階級は警視。独身。本作での加賀は鶴田自身のイメージである特攻崩れを生かした設定となっており、それが中心となるエピソードも少なくない。この鶴田のストイックさを前面に押し出した演技は、他の刑事ドラマでは類のない上司像を作り上げた。
鯉沼三郎:中村雅俊(1979年5月まで)
直情型の性格であり、加賀から窘められることも多い。中村が出演した青春ものの役柄設定がそのまま刑事に移行したようなキャラクターである。飛行中のセスナ機内で犯人と格闘の末、墜落。爆死(第36話)。
神坂紀子:片平なぎさ(1979年8月まで)
空港特捜部の紅一点。愛称は「ノンコ」。身体を使ったアクションでは他の男性メンバーに負けぬほどの活躍ぶりを見せる。第51話ラストで海外の女ゲリラ部隊に転属となるも、テロリストが車に仕掛けた時限爆弾により爆死(第76話・回想のみ)。
立野謙一:岡本富士太
生真面目な射撃の名手。同じ若手の鯉沼や海原とは同期らしく、息が合ったところを見せる。水島刑事(シスター)に惚れていたが最終回の潜入捜査でテロリストに面が割れたために見せしめとして捜査陣の目の前で射殺される。
海原保:高岡健二
特捜部では主に通信を担当。ヘリの操縦免許を持っており、必要に応じて上空からの偵察、探索なども行う。加賀、立野と共に初回から最終回まで出演。
梶大介:緒形拳(1978年10月まで)
飄々とした中年刑事。加賀と若手の間を取り持つ、ベテラン警部。子だくさんであり家計節約と称して、鯉沼や海原にいつもタバコをねだっている。旅客機との衝突を避けるため、時限爆弾を積んだトラックにレッカー車で追いつき、飛び乗ってハンドルを切った直後、持病のめまいに襲われ、トラックごと滑走路脇のフェンスに激突し、爆死(第14話)。
薮下行男:田中邦衛(1978年10月から)
梶の後任として配属。警部。かつて加賀の下で働いた経験があり、そのときの手腕を見込まれて特捜部入りする。若手を率いて現場の最前線で活躍する行動派。血の気の多さはかなりのもので、荒っぽい捜査方法を採るがゆえに、犯人から恨みを買い、重傷を負わされることが多い。独身。通称「薮さん」「藪長」。
菊地徹:黒沢年男(1979年5月から)
鯉沼の後任として配属。事件が起これば何者も恐れず無鉄砲に飛び込んでいくその姿勢から「バクダン」の異名を持つ。既婚者であるが、妻はかつて追い込んだ密売組織の報復として麻薬漬けにされた過去を持つため、執拗なまでに薬物を憎む。最終回で重要参考人を庇って銃で撃たれ殉職。
西條慎吾:永島敏行(1979年5月から10月まで)
元沖縄県警刑事。空港内で働く妹・ケイコ(佐藤万理)がいたが、ある事件に巻き込まれて死亡。その妹がいた空港を守りたいと自ら特捜部入りを志願し、念願叶って配属された。客室乗務員である恋人との結婚直前に、銀行強盗犯と銃撃戦の末、殉職(第55話)。
水島さゆり:石川さゆり(1979年9月から)
警視庁SPから神坂の後任として配属。SP時代はサッチャー首相の護衛も担当した。特捜部での初仕事が修道院での潜入捜査だったことから「シスター刑事」の愛称がつく。特技はナイフ投げ。終盤、チーフである加賀に想いを寄せるが…。
紺野真:三浦浩一(1979年10月から)
西條の後任として配属。徹底したオシャレ思考で髪の手入れには余念がない。以前は所轄に勤務していたが、数々の命令無視、問題行動を起こし、署内の持て余し者だった。特捜部においてもやること為すこと全て型破りの暴走刑事。愛称は「バッタ」。
〈その他セミレギュラー〉
沢井空港長:池部良
浅原警視正:神山繁
高木警部:石浜朗
杉枝刑事:溝口舜亮
空港署の刑事。ときに空港特捜部の刑事に協力して捜査にあたる。
青空はるお
:高並功
菅原一高
空港署刑事
:長沢大
空港署刑事

スタッフ[編集]

  • 企画:中本逸郎(第1話 - 第66話)、重村一(第1話 - 第30話)、石川博康(第31話 - 第78話)、河村雄太郎(第67話 - 第78話)(フジテレビ
  • プロデューサー:升本喜年、桜林甫(松竹株式会社)
  • プロデューサー補:高橋信仁(松竹株式会社)
  • 脚本:井上梅次長野洋池上金男 ほか
  • 監督:井上梅次、舛田利雄児玉進長谷部安春 ほか
  • 広報担当:小島利夫(フジテレビ)
  • 撮影:加藤正幸、林兆、坂巻佐平、小松原茂、中橋嘉久
  • 音楽:菅野光亮
  • 演奏:ノイエハーモニー
  • 制作主任:高木正幸、大里俊博
  • 助監督:山本和久、福島孔道、内藤忠司、高橋正治、森清、山本伊知郎、国元雅博
  • 照明:小中健二郎、山川英明、国本正義、岡本秋夫、須賀一夫、竹前和宏、越前谷幌晃
  • 録音:加藤一郎、高木勝義、山岸壮二、塚原国夫
  • 編集:香園稔、石井和男
  • 美術:猪俣邦弘、望月誠、黒田晃
  • ナレーター:神太郎
  • 装置:若林六郎、大谷周司
  • 装飾:印南昇
  • 演技事務:深沢洸
  • 記録:福島マリ、馬場裕巳子、長谷川幸子
  • 効果:脇坂孝行
  • 選曲:太田正一、佐藤啓
  • スチール:樋口通
  • カースタント:三石千尋とマイク・スタントマンチーム、武士恭久(タケシレーシング
  • 特殊効果:坂本佐幸
  • 進行:松田康央、水口嘉浩、高階光
  • 美粧:ビアンコ、パン・メイク、田川千賀子
  • 衣裳:松竹衣裳、本間邦仁
  • 調音:アオイスタジオ、関勇次郎、岩橋政志
  • 現像:東洋現像所
  • 擬闘:伊奈貫太&A.T.C
  • 制作担当:徳重里司、大塚尚史、岸本公夫
  • 衣裳協力:サントロン、一珠、銀座セキネ
  • 協力:日本航空トヨタ自動車
  • 制作:フジテレビ、松竹株式会社

放映リスト[編集]

放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト 備考
1 1978年7月24日 海外逃亡を阻止せよ! 井上梅次 井上梅次 天知茂中尾彬稲葉義男月丘千秋、池部良
2 1978年7月31日 国際空港 1978年夏 池上金男 舛田利雄 磯村健治舛田紀子宇津宮雅代小瀬格坂口芳貞伊吹徹 当初は第1話として放送が予定されていた。
3 1978年8月7日 かもめが飛び立つ日に 佐藤繁子 松尾正武 松坂慶子関川慎二今井健二中野誠也阿部希郎 松坂慶子は第16話にも同じ女医役で出演。
4 1978年8月14日 パリ-東京
戦慄の20時間
井上梅次 北村和夫紀比呂子岡部健阿藤海
5 1978年8月21日 大空に命燃える日 松村達雄三浦真弓大島ゆみ恵ジェームス・ゴードン野見山夏子
6 1978年9月4日 紙一重の青春 池上金男
山本和久
児玉進 小野進也織本順吉大前均
7 1978年9月11日 暗号名ジャッカルを追え! 井上梅次 井上梅次 ジャネット八田寺田農奈美悦子蟹江敬三伊達三郎曽根晴美
8 1978年9月18日 空からの殺人者 舘俊介
佐藤繁子
児玉進 田島令子久富惟晴横森久吉野佳子井上三千夫
9 1978年9月25日 大爆破!! 暁の緊急指令 池上金男 井上梅次 大関優子宮口二郎奈三恭子氏家修高原駿雄浜田寅彦松山照夫車だん吉佐藤たくみ
10 1978年10月9日 男たちの詩 佐藤繁子 永野靖忠 天知茂、武内亨堀之紀北町義朗内田朝雄久遠利三たくみさよ山崎純資桑原一人
11 1978年10月16日 海外ロケ篇 第一弾!
ラインの追跡
鴨井達比古 貞永方久 松本留美青木義朗橋爪功寺泉哲章
12 1978年10月23日 逃亡者 保利吉紀 日高武治 火野正平岡田奈々高峰圭二南條豊小原秀明大浜詩郎古代一平
13 1978年10月30日 暗殺指令 長野洋
日高武治
日高武治 睦五朗夏桂子
14 1978年11月6日 いのち炎の如く
壮烈!! 梶警部の最期!
池上金男 花沢徳衛浜田晃田口計 梶警部殉職
15 1978年11月13日 新任警部登場 狂気のバス爆破! 佐藤繁子 長谷和夫 佐野アツ子可知靖之江幡高志小美谷欣二 藪下警部着任
16 1978年11月20日 特捜部対ヤクザ
女医三森亜矢子が敵の手に!
池上金男 日高武治 松坂慶子、山本麟一江角英明
17 1978年11月27日 戦慄!! ハネムーン・ツアージャック 鴨井達比古 渡辺裕介 小畠絹子、佐々木敏
18 1978年12月4日 人質奪回作戦
悪魔にもなれ! 父の愛
長野洋 福田豊土ひろみどり
19 1978年12月11日 夕陽の銃撃戦!
幼い恋人が叫ぶ・その人を撃たないで!
佐藤繁子 長谷和夫 荻野目慶子吉田義夫長谷川弘内田昌宏
20 1978年12月18日 恐怖の復讐!!
特捜部25時間の斗い
長谷部安春 岡田英次佐藤仁哉松下砂稚子
21 1978年12月25日 護送車襲撃大パニック!
特捜魂・海原刑事よ、死ぬな!
村尾昭 稲葉義男
22 1979年1月8日 雪原の大追跡
大統領令嬢に危機迫る
山浦弘靖 井上梅次 アグネス・ラム弘松三郎
23 1979年1月15日 衝撃の全員死亡
悪い奴は地の果てまで追え!
押川国秋 日高武治 小畠絹子、三木敏彦坂部文昭白石のり子清嶋智子満山恵子
24 1979年1月22日 特捜部対ヤクザの斗い パートII 八木美津夫
川島義和
長谷和夫 地井武男、今井健二、伊達三郎外山高士執行佐智子草薙良一風戸佑介千葉繁
25 1979年1月29日 世にも汚い犯罪者たち
武器密造団壊滅指令
武末勝 日高武治 結城しのぶ南原宏治川合伸旺平松慎吾川瀬小夜子鈴木ゆかり
26 1979年2月5日 真実の愛
空港ホテル殺人事件の謎を追え!
山浦弘靖 長谷和夫 中谷一郎八木昌子日吉としやす小林かおり曽我町子八名信夫野見山夏子
27 1979年2月12日 罠には罠を!
女刑事・神坂紀子の危機
鴨井達比古 長谷部安春 山本昌平立川光貴近藤宏真田五郎、川瀬小夜子
28 1979年2月19日 復讐のダイナマイト 田波靖男 長谷和夫 石橋雅史清水宏増田順司
29 1979年2月26日 戦慄! 空港VIP室占拠事件 長野洋 伊東辰夫宇佐美淳、浜田寅彦、望月太郎
30 1979年3月5日 女囚304号脱獄指令! 佐藤繁子 番匠義彰 根岸とし江有馬昌彦
31 1979年3月12日 地下水道の銃撃戦!
死の逃亡者
千葉裕黒部進
32 1979年3月19日 空港美女連続殺人事件!
都会の孤独
貞方方久 山西道広堺左千夫伊吹徹
33 1979年3月26日 血と炎の女 押川国秋 渡辺裕介 香野百合子神崎愛川辺久造江見俊太郎上田耕一
34 1979年4月16日 復讐の大追撃!
TOKYOコネクション1979
田波靖男 深江章喜安部徹小笠原弘、ひろみどり、大村千吉
35 1979年4月23日 衝撃の無差別殺人 佐藤繁子 番匠義彰 片桐夕子田中浩原口剛、阿藤海、松下達夫河村弘二
36 1979年5月7日 さらば鯉沼刑事!
炎の中の青春は終れり
村尾昭 長谷部安春 田中明夫ホーン・ユキ井上博一沢井孝子早坂直家 鯉沼刑事殉職
37 1979年5月14日 バクダン刑事登場! 松本功
村尾昭
長谷和夫 中田博久佐藤万理堀勉南祐輔沢田浩二井口恭子 菊地・西條両刑事着任、OP曲アレンジ変更
38 1979年5月21日 燃えろルーキー!
ニトロの中を突っ走れ!
佐藤繁子 番匠義彰 新倉博新海百合子宮子昌代
39 1979年5月28日 ウルトラスーパーデカ
神坂紀子の華麗なる追跡!
小西道雄 鹿内孝、浜田寅彦、片桐竜次遠藤征慈伊吹徹新井和夫[要曖昧さ回避]
40 1979年6月11日 FBI緊急電報 裏切りの銃撃! 秋川大介 渡辺裕介 勝部演之黒沢のり子星野博美藤田宗久高木真二 当初は第36話として放送が予定されていた。
41 1979年6月18日 愛よ大空に散れ!
特捜部対ヤクザの斗いパートIII
押川国秋 番匠義彰 織田あきら光丘真理内田稔谷口香戸浦六宏汐路章稲垣昭三
42 1979年6月25日 ロサンゼルス密輸ルート
一人旅の少年
須川栄三
山崎晶子
井上昭文松本潤子若尾哲平花岡菊子
43 1979年7月2日 新米刑事が翔んだ! 佐治乾 長谷和夫 水島彩子小林勝也山本清辻萬長佐藤晟也
44 1979年7月9日 孤独な挑戦! カメラのとらえた人、それは?! 鴨井達比古 番匠義彰 平田昭彦竹田かほり、有馬昌彦
45 1979年7月16日 愛の墓標・次に消されるのはどいつだ! 佐藤繁子 前田陽一 石田信之吉沢京子武藤章生、横森久
46 1979年7月23日 古傷・バクダン刑事に火がついた! 長野洋 番匠義彰 土屋嘉男左時枝蝦名由紀子だるま二郎下之坊正道
47 1979年7月30日 ジャンボジェットにマシーンを乗せろ 青春の爆走 猪又憲吾 長谷和夫 佐久間宏則、川合伸旺、三科千鶴子牧健吾
48 1979年8月6日 目撃者はデカだ! 押川国秋 番匠義彰 夏純子林ゆたか河村弘二立花一男木村四郎
49 1979年8月13日 皆殺しの来訪者! 前田陽一 石橋蓮司高沢順子
50 1979年8月20日 ギャング対特捜部 現金輸送車ジャック! 秋川大介 小西道雄 藤木敬士寺泉哲章吉岡ひとみ三角八郎、江幡高志、八木景子西尾麻理
51 1979年8月27日 サヨナラ神坂紀子刑事!
コール・ガールバラバラ殺人事件
佐藤繁子 児玉進 宮口二郎、八名信夫、伊達三郎、辰馬伸、田山涼成 神坂刑事、VIP警護の女性SP部隊へ転属
52 1979年9月3日 シスター刑事 テロリストを撃て! 鴨井達比古 文野朋子、宮崎和命たにぐちかおり此島愛子松井範雄 水島刑事着任
53 1979年9月10日 マフィアの恐怖!
フラメンコダンサーの愛と死
山崎英司 番匠義彰 ホーン・ユキ、佐古正人堀尾正明三上剛五十嵐美恵子
54 1979年9月17日 ザ・キラー 佐藤繁子 内藤誠 立川光貴、山科ゆり、江見俊太郎、南祐輔、草薙良一
55 1979年10月8日 永遠の青春・西條刑事の最期! 鴨井達比古 長谷和夫 村地弘美、蟹江敬三、三科千鶴子、大谷一夫 西條刑事殉職
56 1979年10月15日 爆走刑事登場 東京大スキャンダル 播磨幸治 渡辺裕介 二宮さよ子森下哲夫、井上博一、小林尚史佐々木敏小幡誠一 紺野刑事着任
57 1979年10月22日 鬼刑事が哭いた! 佐治乾
山村英司
森マリア、原口剛、田中小実昌ウイリー・ドーシー
58 1979年10月29日 慟哭する加賀警視
たとえ花びらは散っても!
村尾昭 番匠義彰 中谷一郎、氏家修好永康子久遠利三真田五郎麻美あい
59 1979年11月5日 ダイナマイトを抱いた女刑事! 佐治乾
山村英司
小西通雄 田口久美早川純一溝口拳桑原一人渡辺紀行成田次穂
60 1979年11月12日 襲撃! 空港特捜車を爆破しろ! 秋川大介 有川博、福田豊土、樋口和子秋好光果、八名信夫、木村四郎
61 1979年11月19日 兇悪密輸組織撃滅作戦 佐治乾
山村英司
池田正一
児玉進 峰岸徹ひし美ゆり子平松慎吾弘松三郎山田禅二柚木春美
62 1979年11月26日 刑事は殺シで勝負する!?
名刑事と珍刑事の敵地侵入!
佐藤繁子 永野靖忠 田中真理三谷昇成瀬昌彦、外山高士、北九州男
63 1979年12月3日 射殺命令 押川国秋 長谷和夫 樋浦勉片山真由美大貫達也大神信あづま竜太塩見三省
64 1979年12月10日 戦慄のダブルハイジャック
706便危機一発!!
池田一朗 永野靖忠 岡崎二朗北見治一岡部征純小原秀明田辺節子大塚良重二瓶秀雄
藤田宗久、湊俊一
65 1979年12月17日 激突! 赤いビーナス奪回作戦 山浦弘靖
前田陽一
前田陽一 御道由紀子森大河青山恭子佐藤博中村まり子船場牡丹坂田金太郎中林義明結城ケイ
66 1979年12月24日 銃撃の挽歌 遠い遥かなクリスマス 秋川大介 児玉進 山下洵一郎塩沢とき中川ゆき
67 1980年1月7日 流血の荒野を走れ!
特捜VS地下組織VS暴走族
押川国秋 浅野真弓、田中浩、竹村洋輔椎谷建治東條きよし吉中六松本伊佐武藤瀬雅子舟川ノリ子
68 1980年1月14日 報復の弾道が闇を裂く!
頂上作戦・地獄の綱渡り
松本功
村尾昭
永野靖忠 片岡幸子小笠原弘高木二郎、川瀬小夜子、大矢梨津子
69 1980年1月21日 狙撃者の墓標
冬枯れの街よ友を優しく弔え!
押川国秋 矢吹二朗黒田福美、田口計、小林重四郎
70 1980年1月28日 国際強盗団潜入 五億円の名画を救え! 池田一朗 降旗康男 平泉征山谷初男野口元男長島隆一原千枝子泉きよこ森本慶子
71 1980年2月4日 銃声は風に哭いた さらば愛しき女よ 佐藤繁子 沢井桃子、横森久、井上博一、山本幸栄、五十嵐美恵子、千草かおる金田明夫
72 1980年2月11日 忍び寄る魔手 友情は血で洗えるか?! 渡辺祐介 渡辺祐介 伊藤敏孝、今井健二、三戸部スエ荻田晴美、松山照夫、ひろみどり、森川誠、結城ひろみ光映子
73 1980年2月18日 盗まれた恋路 君よ非情の歌を聞け! 鴨井達比古 児玉進 佳那晃子、北九州男、奈辺悟真嶋恵滝川昌良世古陽丸
74 1980年2月25日 灼熱の逆光線 娘よ殺意の河を渡れ! 山本務
押川国秋
番匠義彰 佐野アツ子、浜田晃、嵯峨善兵、江見俊太郎、大林丈史高原駿雄
75 1980年3月3日 失われた戦場 さらば友よ 池田一朗 岡田英次、浜田寅彦、山本清、伊佐みつえ大野木克志、世古陽丸、益尾久子
76 1980年3月10日 殉職の鎮魂歌
壮絶!レッドスネイク撃滅作戦
山本務 佐藤武光 片平なぎさ、藤井真理吉田エミー、片桐竜次、吉宮慎一、吉中六 神坂刑事殉職
77 1980年3月17日 空港特捜部よ・永遠に!
-前篇-
村尾昭 長谷和夫 安井昌二、江角英、椎谷建治
78 1980年3月24日 空港特捜部よ・永遠に!
-後篇-
安井昌二、江角英、椎谷建治、木瓜みれい後藤哲夫 菊地・立野両刑事殉職

備考[編集]

  • 空港内は成田、滑走路は羽田でのロケである。また特捜部内のセットは神奈川県の松竹大船撮影所にあり、撮影の移動が大変だったという。
  • 初回放送日が中途半端な時期になっているのは、ある事件の影響を受けたためである。ちょうど事件が起こったのと同時期に本作はクランクインしているが、その事件の影響で成田空港の開港が延期されたり、空港周辺には厳重な警戒がなされた。そのため空港内外での撮影が思うように出来ず、当初予定の放送開始日が大幅にずれ込むこととなった。前記の滑走路ロケが羽田なのもこの理由による。
  • 初期から中盤までの自動車、建物の破壊および爆破シーンはほぼ新規撮影だったが終盤からは初期から中盤までの映像を流用している。
  • 当時早稲田大学在学中であり、NHK入局前(2008年3月に退職)の堀尾正明が第53話にゲスト出演している。
  • 海外でも放映されており、東ドイツ国営テレビで『"de:Chefinspektor Kaga – Flughafenpolizei Tokio"』との番組タイトルで放送された。

映像ソフト[編集]


フジテレビ 月曜21時台
前番組 番組名 次番組
新・座頭市(第二部)
※諸事情により打ち切り

20:00-アメリカ大リーグアワー
つなぎとして枠拡大
21:48-FNNニュース・明日の天気
※20:54から暫定移動
大空港