織田あきら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おだ あきら
織田 あきら
本名 佐野 粲
生年月日 (1947-10-20) 1947年10月20日(70歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道
身長 172 cm[1]
職業 俳優歌手
ジャンル テレビドラマ映画舞台
事務所 アクターズプロモーション( - 1988年
主な作品
テレビドラマ
破れ傘刀舟悪人狩り
さよならの夏
刑事物語・星空に撃て!
宇宙からのメッセージ・銀河大戦
映画
津軽じょんがら節
愛と誠
『蔵王絶唱』
新幹線大爆破

織田 あきら(おだ あきら、1947年[1][注 1]10月20日[1][2] - )は、日本の元俳優。本名、佐野 粲(さの あきら)[1][2]

北海道出身[1][2]東京電機大学高等学校卒業[2]三船プロダクション[3]アクターズプロモーションに所属していた[1]

来歴・人物[編集]

小学校5年生のときに母と共に上京[2]。エンジニアを志して東京電機大学高等学校を卒業するが、定職に就かずギターの弾き語りで赤坂六本木の深夜レストランを回る[2]1973年斎藤耕一監督の夫人(当時)天路圭子に発見され、斎藤監督の『津軽じょんがら節』(ATG)の主役に起用され幸運なデビューを飾り、映画のヒット、ベスト・ワン受賞とともに一躍注目される[2]。その後、『蔵王絶唱』(東宝)、『新幹線大爆破』(東映)などで助演ながらも印象に残る役柄を演じた。

テレビにも進出し、『破れ傘刀舟悪人狩り』(NET)、『宇宙からのメッセージ・銀河大戦』(テレビ朝日)などにレギュラー出演したほか、多数の作品にゲスト出演し、1980年代半ば頃まで活躍した。『銀河対戦』撮影中に、スタッフ(進行主任)とぶつかって撮影が中断したことがあったという[4]。プロデューサーの七條敬三は、「仕事を大切にするあまり、お互いに誤解が生まれた結果」と振り返っている[4]

また、歌手としても活動し、シングルとアルバムをリリースしている。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

音楽[編集]

シングル
題名 B/W・C/W 発売年 レーベル 備考
白い時間 愛の行動派 1975年 RCAレコード
ひとり旅 霧の中へ 1976年
早春花
七色とんがらし 男の子守唄 テレビドラマ『七色とんがらし』の主題歌・挿入歌
アルバム
題名 発売年 レーベル 備考
孤独の唄 1975年 RCAレコード

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1950年生とする資料もある[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑 '88』 VIPタイムズ社、1988年、55頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『日本映画人名事典 男優編<上巻>』 キネマ旬報社1996年、350頁。ISBN 978-4873761886
  3. ^ 『日本映画俳優全集・男優編』 キネマ旬報社、1979年、127頁。
  4. ^ a b 七條敬三インタビュー」『素晴らしきTVヒーローたち』 学習研究社〈GAKKEN MOOK アニメディア〉、1986年、156頁。