七條敬三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

七條 敬三(しちじょう けいぞう、1941年8月8日 - )は、日本の元プロデューサー。東映東映動画に所属していた。

経歴・人物[編集]

東映に入社し、1973年、『どっこい大作』の企画として製作に初めて携わった。1980年代に入ると東映動画(現・東映アニメーション)に異動、『Dr.スランプ アラレちゃん』→『ドラゴンボール』と8年間フジテレビ水曜日19時のアニメの企画を務めた。しかし『ドラゴンボールZ』から新体制でやることになり、七條は、『ドラゴンボール』で降板となった。降板後は、「新ビックリマン」(1989年 - 1990年)の企画を担当したが、「新ビックリマン」終了後に東映動画(現・東映アニメーション)を退社した。

顔が『Dr.スランプ』のキャラクターの則巻千兵衛に似ているため、『Dr.スランプ アラレちゃん』企画を務めていた時、同じスタッフから「センベイさん」と言われていた[1]

2004年時点ではフィリピンのマニラに住んでいる[2]

担当作品[編集]

東映時代[編集]

東映動画時代[編集]

テレビアニメ[編集]

アニメ映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『保存版 ロードショー特別編集 Dr.スランプ アラレちゃん』・「『Dr.スランプ アラレちゃん』アニメはここでうまれたんだよ」より
  2. ^ 「ぶらざあのっぽ公式ホームページ」2004年04月14日より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]