動乱 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
動乱
監督 森谷司郎
脚本 山田信夫
製作 池田静雄
坂上順
岡田裕介
ナレーター 佐藤慶
出演者 高倉健
吉永小百合
米倉斉加年
桜田淳子
志村喬
田村高廣
主題歌 流れるなら(小椋佳)
撮影 仲沢半次郎
編集 戸田健夫
製作会社 東映
シナノ企画
配給 東映
公開 日本の旗 1980年1月15日
上映時間 150分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 9億5000万円[1]
テンプレートを表示

動乱』(どうらん)は、1980年1月15日に公開された日本の映画。製作は東映シナノ企画。第1部「海峡を渡る愛」、第2部「雪降り止まずは」の2部構成。高倉健吉永小百合の初共演が注目を集めた。

概要[編集]

昭和史の起点となった五・一五事件から二・二六事件までの風雲急を告げる時を背景に、寡黙な青年将校とその妻の愛を描いた作品。脚本は『英霊たちの応援歌 最後の早慶戦』の山田信夫、監督は『聖職の碑』の森谷司郎、撮影は『天使の欲望』の仲沢半次郎がそれぞれ担当[2]

あらすじ[編集]

スタッフ[編集]

出演者[編集]

ほか

脚注[編集]

  1. ^ 1980年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 動乱”. Movie Walker. 2013年6月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]