大捜査線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大捜査線』(だいそうさせん)とは、フジテレビ木曜日20:00-20:54枠において、1980年(昭和55年)1月10日から12月25日にかけて全42話が放送された刑事ドラマである。

ただし第31話から『大捜査線シリーズ 追跡』(だいそうさせんシリーズついせき)と改題されている。

本項では「-追跡」までを通して詳述する。

本作の概要[編集]

コンセプトは「現代版捕物帳」(tvk再放送時の番組情報より)とあるように番組後半で重要人物が殺され加納自らが幕を引くため犯人達と対決するスタイルである。 事件の初動捜査を行う警視庁刑事部第四機動捜査隊・通称「四機捜」(実際に警視庁に設置されている機動捜査隊は三隊のみで、実在しないセクション)を舞台に、捜査主任の加納明(杉良太郎)率いる加納班の活躍を描く。同時期に製作された本作と同じスタッフ・杉主演のドラマ「新五捕物帳」での壮絶な立ち回りとハードな展開を踏襲した作風となっているが、後半はコメディタッチの濃いエピソードも連作された。

路線変更前の見所[編集]

  • 放送が開始された当初は初動捜査に至るまでのシステム的な描写や、警察用語の多用(例:交番=Police BoxをPB、警察官=Police ManをPMとコード名で呼称する)など、ある程度現実に則した形で描かれていた。
  • 当時における刑事ドラマの見せ場であった犯罪者との銃撃戦を積極的に描いており、主人公の加納明はカスタムされたMGC パイソン 6inを常用(途中、MGC ローマン 2inを使った回も確認できる)。劇中におけるガンアクションをトビー門口が指導することで、銃撃戦への拘りもそれなりに追求されていたと思われる。劇中で登場する銃器類はモデルガンメーカーであるMGC社製モデルガンベースのプロップガンであるが、エンドクレジットでは「モデルガン マルシン」となっている。
  • 放映当初は協力企業であるマツダの車輛が使用されていたが、「追跡」改題に伴うスポンサー変更により、車輌入替で劇用車のすべてが日産車に取り替えられた。

キャスト[編集]

「追跡」のみ[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画:佐々木太郎(金剛プロダクション)、高橋久仁男、河村雄太郎(フジテレビ
  • プロデューサー:山本剛正(ユニオン映画)、矢島進(金剛プロダクション)
  • 音楽:津島利章
  • 選曲:山川繁
  • 予告ナレーター:中江真司
  • 音響効果:東洋音響効果グループ
  • 現像:東洋現像所
  • MA:にっかつスタジオセンター
  • テクニカル・アドバイザー:トビー門口
  • カースタント:セキトラ・カーアクション
  • 協力:東洋工業(現:マツダ)/ 日産自動車(「追跡」より番組スポンサーになった為、急遽変更)
  • 製作協力:金剛プロダクション
  • 製作:フジテレビ、ユニオン映画

全放送リスト[編集]

大捜査線[編集]

No. サブタイトル 放送日
1980年
脚本 監督 キャスト
1 撃て加納明 1月10日 白井更生 手銭弘喜 岩本多代青木義朗平田昭彦河村弘二天草四郎福本清三浜伸二

柄沢英二勝田久妃口久美子峰岡美絵佐分利信(特別出演)

2 男たちの挽歌 1月17日 林伸憲 小野進也織田あきら土屋嘉男中條郷子市川千恵子永井政春岸野一彦
3 蝶は舞った 1月24日 手銭弘喜 中島葵神田隆冨田浩太郎藤山浩二中井啓輔寄山弘黒須薫佐藤京一

榎木兵衛波戸崎徹大原真理子松下優子

4 傷ついた野獣 1月31日 江崎実生 垂水悟郎田中浩灰地順井上博一黒部進椎谷建治小田部通麿奥野匡

相原巨典なつきれい原田千枝子三重街恒二三井魔乎石井ひとみ都家歌六

5 ひとりだけの密月旅行ハネ・ムーン 2月7日 吉川一義 水原麻記冨川澈夫中山昭二三谷昇大村京子今野清志池田功仲谷昇

佐分利信(特別出演)

6 青春心中 2月14日 林伸憲 高沢順子江木俊夫相原巨典西朱実中原潤野川ひとみ草薙良一
7 明日から泣かない 2月21日 手銭弘喜 北原義郎内田稔青柳武志今井耕二日恵野晃泉よし子篠田薫沢柳迪子

稲川善一町田幸夫

8 ろくでなし 2月28日 山野四郎 江崎実生 うえだ峻日野道夫吉川雅恵新谷由美子三上左京山崎猛
9 野良犬ブルース 3月6日 手銭弘喜 井上昭文堀内正美藤紗千子梅野泰靖岸本功篠崎彩根岸一正山田博行

佐分利信(特別出演)

10 誘拐 3月13日 白井更生 新井和夫福田公子滝沢双菅野直行東龍明川口裕子泉喜和子小寺大介

町田幸夫、大森不二香中西由香里小坂生男

11 入社式 3月20日 畑嶺明 永井秀和下塚誠立枝歩岩城力也山本昌平西川敬三郎竹内文平市村昌治

永井玄哉五十嵐美恵子近松敏夫宇佐美多恵子塩見三省鳴海剛服部鷹子原博美

12 路上の結婚式 3月27日 山野四郎 茅島成美大出俊睦五郎高城淳一剣持伴紀石橋雅史新橋耐子上野山功一

吉田豊明小池雄介片岡五郎大竹あかね皆川明男

13 標的という名の女 4月3日 高橋繁男 根岸とし江岡田英次ホーン・ユキ川辺久造加藤和夫高田敏江斉川一夫田口由理

丸岡奨詞、小寺大介、佐々木紀子吉岡ひとみ大村京子矢畑恵子、佐分利信(特別出演)

14 エンゼルの怒り 4月24日 左右田一平鮫島久美、高田敏江、八木昌子清水昭博福原秀雄姿鉄太郎江藤潤

飯田和平大前田武湯川勉飯島大介村上幹夫依田英助小野田英一

15 一枚の紙 5月1日 鶴島光重 手銭弘喜 佐々木剛田崎潤船戸順原口剛南城竜也森幹太堀田真三沖田峻一村尾幸三

沢井孝子武藤壽美岩城和男佐々木敏保科三良

16 ヒットラーを愛した男 5月8日 宮下教雄 沢井桃子磯村健治、高田敏江、榎木兵衛
17 愛の哀しみ-婦人警察官- 5月15日 山野四郎
18 やさしい女が燃える時 5月29日 杉江慧子 高橋繁男
19 果たされた約束 6月12日 宮川一郎
20 受験戦争異常あり 6月26日 宮下教雄 澤田幸弘 絵沢萠子
21 哀しみの一弾 7月3日 田村多津夫
22 女の詩、男を殺せ 7月10日 播磨幸治 高橋繁男 片桐夕子大下哲矢北九州男
23 誤認逮捕 7月17日 木村理恵高木均小原秀明江幡高志田山涼成
24 青春の光と影 7月24日 山浦弘靖
25 可愛いあの娘が死んだ 7月31日
26 ああ沢木刑事!青春の赤い墓標 8月14日 田村多津夫 吉田次昭松原愛、高田敏江、井上博一
27 我が子よ 8月21日 山浦弘靖
28 贋札遊戯 8月28日 宮下教雄 手銭弘喜 加藤嘉安部徹工藤明子加藤春哉山岡徹也
29 現金輸送車強奪 9月4日 横田与志 内田稔、玉川伊佐男早川純一高野真二
30 ひとつの愛が死んで…… 9月11日 田村多津夫 仁和令子藤木敬士

大捜査線シリーズ 追跡[編集]

No. サブタイトル 放送日
1980年
脚本 監督 キャスト
31 暴走デカ!原宿エレジー 9月25日 宮下教雄 手銭弘喜 滝田裕介西田健江原正士武藤英司早川研吉
32 千枚通しの青春 10月16日 楠トシエ、堀内正美、泉じゅん大矢兼臣島田彰
33 恋人よ!ダンシング・オールナイト 10月23日 田村多津夫 高橋繁男 穂積ペペ桑崎てるお重田尚彦東龍明日の下金太郎
34 この子はだァれ? 10月30日 山浦弘靖 久保菜穂子平松慎吾根本由美堀礼文岩城和男

水橋和夫岸本功

35 裏切りの街・大都会 11月6日 田村多津夫 木下亮 武見潤菅貫太郎早川保
36 殺意 11月13日 山野四郎 梅野泰靖、大木庄司三好美智子矢野間啓二

飯田和平岸野一彦

37 朝日のあたる家 11月20日 宮下教雄 小俣暁 高沢順子、竹内文平鹿沼エリ加藤和夫三崎奈美大森不二香
38 野獣になった刑事 11月27日 田村多津夫 平泉征高原駿雄神田橋満吉田豊明
39 わたしはあの人を見た! 12月4日 宮下教雄 木下亮 千野弘美清水昭博長谷川諭姫ゆり子
40 悪魔のような女 12月11日 根岸明美片桐竜次、立枝歩、頭師佳孝三田登喜子遠藤征慈
41 鐘の鳴る丘 12月18日 小俣暁 今福将雄速水亮小原秀明内田善郎岩城力也、榎木兵衛
42 君は人のために死ねるか 12月25日 森次晃嗣田島令子、井上昭文、平田昭彦、河村弘二、富田浩太郎、

中井啓輔水村泰三剣持伴紀潤ますみ、江幡高志、河野弘

主題歌[編集]

君は人のために死ねるか
杉良太郎シングル
B面 いま愛のために
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 杉良太郎/いではく(作詞)
遠藤実(作曲)
チャート最高順位
杉良太郎 シングル 年表
男の人生
1979年
君は人のために死ねるか
(1980年)
雪の宿
(1980年)
特記事項:「いま愛のために」がA面の版も存在する。
テンプレートを表示
  1. 「君は人のために死ねるか」 発売:CBSソニー 06SH694
    • 作詞:杉良太郎、作曲:遠藤実、編曲:斉藤恒夫、唄:杉良太郎(1 - 17、26話、31話以降=大捜査線シリーズ追跡 全12話)
  2. 「いま愛のために」 発売:CBSソニー 06SH694
    • 作詞:いではく、作曲:遠藤実、編曲:斉藤恒夫、唄:杉良太郎(18 - 25話、27 - 30話)
  • この2曲を収録したシングル盤は、同一品番で「君は人のために死ねるか」をA面としたもの、「いま愛のために」をA面としたものの2種が存在する。
  • 「君は人のために死ねるか」は杉のテイチクエンタテインメント移籍後に再録音版が発売され、1997年4月21日にシングルカットされている。

小説版[編集]

  • 長篇ハードアクション〜大捜査線(著:白井更生/発行:徳間書店

白井の小説処女作として書き下ろされた完全オリジナルストーリー。加納は警視庁特命捜査官という設定で、ドラマ本編よりも全体にハードな作風となっている。ドラマのノベライズというより、体裁としては原作本に近い。

DVD[編集]

日本クラウンからGNBD-7128(第1-15話、2005年01月26日)GNBD-7136(第16-30話、2005年3月25日)が発売された。

前後番組[編集]

フジテレビ 木曜日20:00-20:54
(1980年1月10日から、12月25日まで)
前番組 番組名 次番組
大捜査線

大捜査線シリーズ 追跡