日本の首領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本の首領』(にほんのどん)は、1977年から1978年まで全3作が制作されたヤクザ映画シリーズ東映京都撮影所製作、東映配給。1977年1月22日公開の『やくざ戦争 日本の首領』が大ヒットしたため[1]、続編が決定し三部作のシリーズ作品となった[2][3]。監督の中島貞夫他、主要スタッフは3作とも大体同じである。タイトルの"首領"と書いて"ドン"と読むアイデアは第一部の原作者・飯干晃一の命名で[4][5]スペイン語だという[4][5]

概要[編集]

第一部は山口組三代目組長・田岡一雄と山口組の全国制覇をモデルに、頂点に立つドンと彼の右腕の若頭・地道行雄を中心に[6]、第二部では大阪東京の二大暴力組織の闘いを、第三部では東西の対立に財界フィクサーが加わるという山口組に関わる出来事を集大成した壮大な内容となっている[6][7]。但し三部作は現実の事件をいろいろヒントにしているが、山口組がモデルというより、山口組のイメージをベースとしたもの[6]。第二部の経済事件は山口組とは無関係のフィクションも多い[7]プロデューサー俊藤浩滋は「『日本の首領』は任侠映画でも実録映画でもなく、いうなれば両方の折衷みたいなシャシン」と話しており、1977年時点で既に確実にネタが行き詰っていた実録路線の、新たな方向性を模索したヤクザ映画といえる[8]。脚本の高田宏治は本作は「"実録やくざ映画版オールスター映画"で、オールスターものはスケールが大きくなるだけでなく、芝居がかったドラマチックなものになるので、実録にとらわれず、原作を土台にしながら、大胆にフィクションを取り入れて脚本を書き上げた。その結果生まれた従来の実録映画にはないロマネスクな匂いを、やくざ映画を観なかった観客が喜んでくれた」などと話している[1]1982年の『制覇』も本シリーズ同様、山口組のイメージをベースに組織と家庭の内実に焦点を合わせて内容である[9]

やくざ戦争 日本の首領[編集]

やくざ戦争 日本の首領
監督 中島貞夫
脚本 高田宏治
原作 飯干晃一
製作 俊藤浩滋田岡満日下部五朗松平乗道
出演者 鶴田浩二
千葉真一
菅原文太
佐分利信
音楽 黛敏郎伊部晴美
撮影 増田敏雄
編集 堀池幸三
配給 東映
公開 日本の旗 1977年1月22日
上映時間 132分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 日本の首領 野望篇
テンプレートを表示
スタッフ
出演



ストーリー[編集]

関西最大の暴力団・中島組。その事務所に、大手紡績会社・アベ紡績の島原常務が訪れたのは、昭和41年(1966年)秋のことであった。首領である佐倉に、社長のスキャンダル問題の解決を依頼。その代償として、関西の優良企業グループ百社による親睦会を作り、半永久的かつ定期的な献金を申し出た。企業と暴力団の相互依存。しかし、中島組の若頭・辰巳は、あくまでも暴力による全国制覇の夢を抱きつづけているのであった。

孤児だったのを救った佐倉の長女の登志子は青年医師・一宮恭夫との結婚にやくざの父親が障害となり困っていたが、島原の養女として結婚にこぎつける。結婚式には党人派の小野伴水、右翼の大物の大山規久夫も顔を出す。その裏側で中島組の武力進攻が続く。関東の組織との決定的な対立は錦城会と関係が深い大山の政治団体結成の申し出を佐倉が拒絶したことで決定的となる。組員は15000人を超えるが、辰巳の暴力で対立は深まり、列島は血で染まる。

辰巳の武力闘争への佐倉の反対、信頼していた迫田の自殺、奔放な末娘の真樹子の麻薬トラブル、組織暴力壊滅を目指す警察などによって、中島組傘下の各組は追いつめられ、次々と解散する。辰巳までも持病の悪化と警察の締め付けから、佐倉を救う唯一の道は解散しかないと覚悟する。佐倉の許しを得ず、辰巳は病床で解散声明を書こうとするが、一宮が辰巳に多量のモルヒネを注射。辰巳組解散を聞き、警察やマスコミが一宮病院に押し掛けるが、辰巳が息を引きとった後だった。『死因は何か?」と訊く佐倉に「お父さん、私はファミリーの一員ですよ」と一宮が答える。

製作経緯[編集]

企画
企画は日下部五朗[4][5][10]1973年岡田茂東映社長と俊藤浩滋がタッグを組んだ田岡一雄の自伝『山口組三代目』、1974年の『三代目襲名』二部作の映画化実現には日下部も度肝を抜かれたが[11]、プロデューサーとして参加したこの二部作が、田岡組長を二宮金次郎的に、修身教科書的に描きすぎたという悔いが残っていた[4][10]。もっと迫真的・暴露的に権力と暴力が渦巻く世界を見せて、実録といっても末梢神経を刺激するようなものでなく、登場人物を多くして大河小説的な大作を作ってみたいと企画をまとめ岡田社長に提出した[10]。ところが岡田に「もう実録はあかんぞ」と却下された[10]。日下部は実録とは違う球でいきたい、どうしてもやりたいと裏技で東映館主会のボスで、全興連会長の山田敏郎大旺映画社長に頼み込むと「わかった、おれが岡田に言ってやる」といってもらえ無事企画が通った[4][5][10]。山田は城戸四郎が元気な頃は、城戸にぴったりし、城戸が亡くなると岡田にぴったり付き、時の権力者をうまく自分の懐に巻き込んで動かす業界の"裏ドン"であった[12]。「城戸賞」も山田の提唱といわれる[12]。製作費4億円[13]
タイトル
当初、映画のタイトルは飯干の原作と同じ『日本の首領』のままでいく予定だったが、東京の東映の館主が「わけのわからん題名だ」と言うので[13][14]、岡田が頭に"やくざ戦争"というサブタイトルをくっつけた[13]。これがジャーナリストから「一ぺんに映画が小さくなった」「『仁義なき戦い』の総集編かな」「まったく必要ない」などと酷評された[13][14]。 
原作・脚本
日下部は「俊藤の下でやっていたら俊藤流の任侠映画になって駄目だ」と[4]独自に旧知の飯干に、大阪を舞台に和製『ゴッドファーザー』といった趣きの原稿を書いてもらい、俊藤に提出するとOKとなった[15]。またいつものように安全弁のため田岡満にプロデューサーとして参加してもらった[4][10]。三部作全てに飯干が原作としてクレジットされているが、飯干が関わったのは第一部だけで、第二部、第三部は高田宏治のオリジナル脚本である[16]
キャスティング
日下部は田岡一雄をモデルとする組長役を鶴田浩二で、地道行雄をモデルとする若頭役を高倉健で構想し俊藤に頭を下げて頼むと「まかせておけ」と応えてもらえたが、高倉の出演がなかなか正式に決まらず[2]。何度も念押したが結局ダメになった[2]。高倉は1976年に東映を退社し俊藤の手に負えなくなっており[2]、ヤクザ映画を嫌がっていた[2][17]。やむなく鶴田を若頭にして組長役は最初は三國連太郎の名前が挙がり[18]、監督の中島貞夫が頼みに行ったがけんもほろろに断られた[18]。すると佐分利信はどうかというアイデアを俊藤が出した[15][17]。佐分利はヤクザ映画とは結びつかない大物俳優で「やらないんじゃないか」と予想されたが、日下部が直接佐分利と交渉し[2]、佐分利はマネージャーも兼務していてギャラ300万円で承諾した[2]。中島貞夫の著書やインタビューでは最終的に中島と佐分利が会って長く話し、佐分利が出演を承諾したと話している[17][18]。佐分利の抜擢には俊藤が晩年までそれを自慢していたといわれる[15]。鶴田は実録路線に批判的な意見を公言して、一切実録映画に出ていなかったが[15]、1974年の『あゝ決戦航空隊』以来3年ぶりに映画出演した[15]。中島と鶴田は1969年の『日本暗殺秘録』で天皇制の解釈を巡って揉め、以後10年の間撮影所で逢っても頭も下げない仲であったが俊藤の仲裁で仲直りした[17][18]。完全にそれまでのわだかまりは解け、佐分利の扱いに苦しむ中島の擁護に回ってくれた[17]。鶴田は敵の多い人物だったが、一度懐に飛び込むと非常に面倒見のいい人だったという[17]。鶴田の命令通り動く非情冷酷な殺し屋に千葉真一。組織悪を知るインテリやくざに松方弘樹。鶴田の女房役には、佐分利の新興成金家庭と対比的な下世話な女房にするため市原悦子がキャスティングされた[13]。麻薬に走り、色情に溺れてヤケになる佐分利の娘役にシンガーソングライター絵夢が抜擢されている[13]
音楽
黛敏郎テーマ曲は、初めて音楽にお金をかけた映画といわれるほど、オーケストラによる本格的なものだった[15][17]
興行形態
中島や高田らが、一本立て興行を主張したが、岡田社長が「1時間40分にせい」と至上命令を出して迫り[19][20]、「切ったらわけ分らない」、「一本立ての時代です、一本に予算下さい」などと主張し衝突した[17]。高田は脚本を投げ出しそうになったという[19]。第二部の興行成績が第一部と変わらなかったため、岡田がようやく一本立てを了承[20]、第一部『やくざ戦争 日本の首領』は『毒婦お伝と首斬り浅』(主演:東てる美、監督:牧口雄二)との二本立てだったが、二作目『日本の首領 野望篇』から、東映では長らく続いた二本立て(三本立て)を、大作映画に限り一本立て興行とした[19][21]角川映画から一年遅れの実行であった[17]。当時の『キネマ旬報』に「東映23年ぶりの一本立て興行」と書かれている[22]
興行成績・その他
ケチな東映にしては珍しく、完成披露のデモンストレーションが大阪桜宮太閤園で行われ、関西の東映館主、ジャーナリストら200人が招待された[13]。岡田社長があいさつに立ち、最近京都で作る映画が関西で当たらないのはジャーナリストが協力しないからだなどとイヤ味を言ったが[13]、実録映画が下火になっていた東映にとっては久々の大ヒットを記録[1][14]、続編製作が決定しシリーズ化された[2][23]。すると先の東映館主会ボス・山田が日下部に「企画を通してやったんだから、わしの言うことも聞け」と、山田は明治大学の出身でラグビーを応援してると無理やり『ラグビー野郎』(矢吹二朗主演・清水彰監督、1976年5月15日公開)を作らされてこちらは大コケした[10]

日本の首領 野望篇[編集]

日本の首領 野望篇
監督 中島貞夫
脚本 高田宏治
製作 俊藤浩滋日下部五朗松平乗道田岡満
出演者 佐分利信
松方弘樹
岸田今日子
金沢碧
高橋悦史
菅原文太
三船敏郎
音楽 黛敏郎伊部晴美
撮影 増田敏雄
編集 堀池幸三
配給 東映
公開 日本の旗 1977年10月29日
上映時間 141分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 やくざ戦争 日本の首領
次作 日本の首領 完結篇
テンプレートを表示
スタッフ
キャスト

ストーリー[編集]

昭和四十六年、一宮病院を退院した中島組組長・佐倉一誠の盛大な全快祝賀パーティが開催された。構成員四百団体、一万二千人は全盛時にくらべやや減ってはいるものの、あいかわらず全国一の勢力を誇っていた。危機に追い込まれていた組をここまで再建したのは、一宮恭夫と松枝四郎であった。佐倉の退院を機に中島組の関東進出は急務となり、その第一歩として新組織「桜商事」を設立し、その指揮に松枝が当った。「桜商事」の目的は中央の政財界に強力なコネクションをつけることで、最初の仕事がジャパンシップ乗っ取りの介入だった。これをいち早く察知したのは東京の暴力団の大物、松風会会長・大石剛介だった。大石は東京の暴力団を連合する「関東同盟」を結成し、右翼の巨頭・大山規久夫を顧問に迎えた。大山は後藤通産大臣に圧力をかけ、中島組が買占めたジャパンシップの株式の買戻しを強行する。「桜商事」の若宮洋一郎がこの事件の餌食となって殺された。これがきっかけとなって、中島組対関東同盟の抗争は表面化するが、中島組内部では辰巳の死以来空席となっている若頭の地位をめぐって、野心と思惑が入りみだれる。

製作経緯[編集]

製作
当時の併映作品の製作費が5000万~6000万円ぐらいだったので、その分を投入して一本立てのスタイルにした方がいいという意見が前作のときに出て、本作から大作の場合の一本立て興行が始まった[19]。飯干の原作は一本目で終わり、スポーツニッポンに連載されていた高田の原作と映画が同時進行で製作が行われた[19]エッセンスは一本目で使い切っているため、かなりフィクションを入れていく作業になった[19]デヴィ夫人(演者:金沢碧)のモデルが出るなど、「それまでのやくざ映画にはなかった女たちのドラマを入れた」と高田は話している[25]。本作に描かれた最大のエピソードは、スカルノ大統領を巡るインドネシアの戦後補償であるが、これには山口組は関わっておらず[7]、この仕掛け人は自民党政権伊藤忠商事に太いパイプを持っていた東日貿易社長・久保正雄で[7][26]久保は高倉健長嶋茂雄の後援者でもあった[7][27]
キャスティング
目玉は三船敏郎の東映初出演。"松竹三羽烏"として大船調メロドラマをホームグラウンドにした知性派スター・佐分利信vs黒澤映画での超男性的な演技で国際的評価を獲得した"世界のミフネ"、ともに日本映画を代表する名優がスクリーン上で対峙する構図の実現は大きな話題を呼んだ[24]。中島貞夫は当時三船プロダクションが経営が苦しく1978年の『犬笛』を三船プロが製作するため、中島が撮りに行く交換条件として、「菅原文太も貸しましょう、代わりに三船さんを」となって話が決まったと話している[19]。当時の『キネマ旬報』には元々、第一部でキャスティングされたが、映画の公開が変更になってご破算になり、その後、俊藤が三船に何度も会い出演を要請し、1977年7月のモスクワ国際映画祭に岡田社長と三船が同行し、岡田が口説いて出演が決まったと書かれている[28]。この頃、角川映画の大成功で、外部からの映画界進出を歓迎するムードに一変[28]。三船プロを主宰する三船にとっても好ましい状況が出現し、本来の映画製作に乗り出せる、自身も「邦画に積極的に出演する、東映初出演はそのための第一歩だ」と話していた[28]。三船は「東映のヤクザ映画は観たことない。菅原文太は当然名前は知ってるがグラビアで見たくらいだ」と話した[28]。 

日本の首領 完結篇[編集]

日本の首領 完結篇
監督 中島貞夫
脚本 高田宏治
製作 俊藤浩滋日下部五朗松平乗道田岡満
出演者 三船敏郎
菅原文太
大谷直子
高橋悦史
片岡千恵蔵
佐分利信
音楽 黛敏郎伊部晴美
撮影 増田敏雄
編集 堀池幸三
配給 東映
公開 日本の旗 1978年9月9日
上映時間 131分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 日本の首領 野望篇
テンプレートを表示
スタッフ
キャスト

ストーリー[編集]

製作経緯[編集]

キャスティング
撮影時に佐分利信の体調がよくなく[29]、佐分利を中心とした話が書けず三船敏郎が主演になった[29]。東映の宣材にも「三船敏郎8年ぶりの主演」と書かれた[30]。三船、佐分利に対抗する、その上を行くような人物が欲しいと片岡千恵蔵の名前が挙がり[31]、「御大はヤクザ映画は出ないだろう」という予想に反し「中島貞夫なら出る」と出演を了承した[30][31]。片岡は1972年の『純子引退記念映画 関東緋桜一家』以来の映画出演だった。片岡は二作目で内田朝雄が演じた児玉誉士夫をモデルとする大山喜久夫を演じる[30]。三船、佐分利、片岡のギャラが特に高く、一本立て大作でもサイパンロケが少数でしか行けないほど圧迫した[30]。菅原文太は三部作でそれぞれ別の役柄で登場するが、この完結編でのモデルは山本健一である[29]。三部作の脚本を担当した高田が総会屋の役で端役出演している[29]

影響[編集]

エピソード[編集]

  • 三船敏郎佐分利信片岡千恵蔵が同じ場面で競演した際には、挨拶の順は1)三船(1920生、戦後デビュー)が二人に挨拶し、2)次に佐分利(1909生、1931デビュー)が片岡に「佐分利でございます」と挨拶して3)最後に千恵蔵(1903生、1927デビュー)が「おう」と返事を済ませて大物同士の挨拶が済んだとされる[30][31][41]
  • 佐分利はどこのプロダクションにも所属してなく、マネジメントなど全部自分でやっていた[16]。お金にもシビアで現場に煙草も持って来ず、現場でスタッフや俳優から1本づつもらう[16]。クランクアップの日に下駄を履いてきて撮影で使ったいい靴を履いて帰る[16]練馬農協に全額お金を預けていたため、佐分利がお金を下ろしたら練馬農協は潰れるという噂があった[16]

脚注[編集]

  1. ^ a b c #高田、164-165頁。
  2. ^ a b c d e f g h #日下部、108-110頁。
  3. ^ #山平、264頁。
  4. ^ a b c d e f g #無法地帯、242-244頁「東映実録やくざ路線を作った男 日下部五朗インタビュー」。
  5. ^ a b c d #高田、170-172頁。
  6. ^ a b c #俊藤、262-266頁。
  7. ^ a b c d e #無法地帯、202-207頁。
  8. ^ 大高宏雄 『仁義なき映画列伝』 鹿砦社2002年、215-216頁。ISBN 978-4846306366
  9. ^ #俊藤、264-265、270頁。
  10. ^ a b c d e f g #日下部、107-108頁。
  11. ^ #日下部、95頁。
  12. ^ a b 「映画・トピック・ジャーナル」、『キネマ旬報』1986年1月下旬号、 170-171頁。
  13. ^ a b c d e f g h 中邑宗雄「豪華なキャスティング「やくざ戦争 日本の首 ドン 領」の撮影を訪ねて」、『キネマ旬報』1977年1月新年特別号、 87-90頁。
  14. ^ a b c 「映画・トピック・ジャーナル」、『キネマ旬報』1977年3月上旬号、 174-175頁。
  15. ^ a b c d e f #山平、259-266頁。
  16. ^ a b c d e f #高田、177頁。
  17. ^ a b c d e f g h i #遊撃、300-307頁。
  18. ^ a b c d #高田、168頁。
  19. ^ a b c d e f g #遊撃、312-317頁。
  20. ^ a b c d e #活動屋人生、93-99頁。
  21. ^ a b #山平、266頁。
  22. ^ 「新作グラビア」、『キネマ旬報』1977年11月上旬号、 42頁。
  23. ^ #山平、264頁。
  24. ^ a b c d #名作完全ガイド、189頁
  25. ^ #高田、174-175頁。
  26. ^ 戦後賠償の政治と利権 - 滋賀 長浜 新聞 滋賀夕刊
  27. ^ 久保正雄という男がいた - アメーバブログ久保正雄という人物|fukuのブログ - アメーバブログビッグトレードの当事者が語る「1975」 | 週刊ベースボール速報
  28. ^ a b c d 河原一邦「東映京都に現れた三船敏郎」、『キネマ旬報』1977年11月上旬号、 105-107頁。
  29. ^ a b c d e #高田、178-179頁
  30. ^ a b c d e f g #遊撃、323-328頁
  31. ^ a b c #高田、180-181頁。
  32. ^ #活動屋人生、93-99、102、123、133、142-145、156-157、215、236、242-243頁。
  33. ^ a b 岡田茂 『悔いなきわが映画人生:東映と、共に歩んだ50年』 財界研究所、2001年、182-184頁。ISBN 4-87932-016-1
  34. ^ 〈ドキュメント東映全史〉 多角化は進んでも東映の看板はやはり映画 岡田茂」『クロニクル東映:1947-1991』Ⅱ、東映、1992年、6-7頁。「欲望する映画 カツドウ屋、岡田茂の時代 《岡田茂をめぐる七人の証言-最後の頼みの綱という心強い存在 角川春樹》」、『キネマ旬報』2011年7月上旬号、 63-64頁。角川春樹氏、思い出語る「ひとつの時代終わった」…岡田茂氏死去 スポーツ報知2011年5月10日(archive)金田信一郎 「岡田茂・東映相談役インタビュー」『テレビはなぜ、つまらなくなったのか スターで綴るメディア興亡史』 日経BP社2006年、211-215頁。ISBN 4-8222-0158-9“NBonlineプレミアム : 【岡田茂・東映相談役】テレビとヤクザ、2つの映画で復活した”. 日経ビジネス. (2006年2月6日). オリジナル2015年7月3日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2014-0618-1041-32/business.nikkeibp.co.jp/free/tvwars/interview/20060203005275_print.shtml 2015年7月3日閲覧。 
  35. ^ a b c 東映セントラルフィルム研究 プログラム・ピクチュアこそ日本映画のオリジンだ 〔座談会〕村川透 佐治乾 黒沢満 〔司会〕山根貞男」、『キネマ旬報』1978年12月号、キネマ旬報社、 84-90頁。
  36. ^ 一般社団法人映画産業団体連合会(映画の日)松田優作ハードボイルドの傑作を一挙上映!『東映セントラルフィルムの栄光』2/7より開催talk & interview - _... moment ...._: 仙元誠三
  37. ^ 『日活100年史』 日活2014年、166頁。
  38. ^ #活動屋人生、88頁
  39. ^ 鉄腕脚本家 高田宏治|作品解説1/ラピュタ阿佐ケ谷
  40. ^ 緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(5)“夏八木抜き”の演出を進言
  41. ^ #山平、264-265頁。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]