槇健吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
まき けんご
槇 健吾
本名 今関 典雄
別名義 岡田 洋介
石 太郎
槇 健太郎
生年月日 (1948-01-10) 1948年1月10日
没年月日 (2007-01-03) 2007年1月3日(58歳没)
出生地 日本の旗 日本 千葉県
身長 177 cm[1][2]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
主な作品
テレビドラマ
スーパーロボット レッドバロン

槇 健吾(まき けんご、1948年1月10日[3] - 2007年1月3日[要出典])は、日本の元俳優。本名、今関 典雄[4][注 1]

千葉市出身[2][4]日本大学法学部卒業[2][4]。東京タレントエージェンシー[1]、ぷろだくしょん森に所属していた[2]

来歴[編集]

1971年に大学を卒業後はデパートに勤務していたが、学生時代からアルバイトしていたモデル業に専念するために半年ほどで退社[4]1973年、「岡田 洋介」の芸名で『スーパーロボット レッドバロン』の主役・紅健役として俳優デビュー。 1974年、『おんな家族』に出演の際、本作の脚本を手がけていた松山善三が命名した「石 太郎」に改名[4]。その後も、「槇 健太郎」、「槇 健吾」と改名を繰り返し、1980年代初頭まで活動していた。

人物[編集]

特技は、合気道(二段)[2][5]空手(初段)[5]水泳[2]スキー[2]

スーパーロボット レッドバロン』で擬斗を担当した高倉英二は、槇(岡田)について「好青年」のイメージだが控えめな人物であったため、共演の大下哲矢らとともに、本人に主演なのだから前に出るよう指導したという[6]。アクションについては、力強くしっかりしており、現場に慣れた番組中盤からは上達して鋭いアクションになっていったと述べている[6]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 暴動島根刑務所(1975年、東映) - 松崎貞夫
  • 暴力金脈(1975年、東映) - 江口
  • 強盗放火殺人囚(1975年、東映) - 安里八郎
  • ラグビー野郎(1976年、東映) - 早川孝二
  • 毒婦お伝と首斬り浅(1977年、東映)
  • 女教師 秘密(1978年、日活) - 山川久志
  • おんなの寝室 好きくらべ(1978年、日活) - 柿村精次郎
  • 昼下りの女 挑発!!(1979年、日活) - 京介
  • 色情三姉妹 ひざくずし(1979年、日活) - 橋本幸一

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 今関 典雅とする資料もある[1][2]

出典[編集]

  1. ^ a b c 『日本タレント名鑑'73』 VIPタイムズ社、1972年、301頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『日本タレント名鑑'81』 VIPタイムズ社、1980年、179頁。
  3. ^ 読売新聞 1973年7月18日。
  4. ^ a b c d e  福島民報 1974年8月2日。
  5. ^ a b スーパーロボット レッドバロン」『テレビマガジンヒーロー大全集 増補改訂版』 講談社〈テレビマガジン特別編集〉、1992年、51頁。ISBN 978-4061784147
  6. ^ a b DVD『宣弘社フォトニクル』 2015年9月18日発売 発売元-デジタルウルトラプロジェクト DUPJ-133 pp44-47 「インタビュー 高倉英二