暴動島根刑務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
暴動島根刑務所
監督 中島貞夫
脚本 野上龍雄
出演者 松方弘樹
北大路欣也
伊吹吾郎
川地民夫
田中邦衛
織本順吉
佐藤慶
金子信雄
音楽 広瀬健次郎
撮影 増田敏雄
編集 堀池幸三
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1975年6月7日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 脱獄広島殺人囚
次作 強盗放火殺人囚
テンプレートを表示

暴動島根刑務所』(ぼうどうしまねけいむしょ)は、1975年日本映画主演松方弘樹監督中島貞夫製作東映

解説[編集]

脱獄広島殺人囚の予想外のヒットにより、社長の岡田茂が“脱獄もの”のシリーズ化をプロデューサーの日下部五朗に指示した。

本作は集団脱獄と暴動をモチーフに、監督の中島貞夫美能幸三網走刑務所旭川刑務所に行き定年退職した元看守などに取材したが、そういった事例がなかったため本作はフィクションである。

ストーリー[編集]

昭和23年(1948年)に闇屋の沢本保は山口県徳山市(現在の周南市)で暴力団の幹部を殺害した。沢本は逮捕され9年の刑を言い渡され、島根刑務所に収監された。吉成虎雄は沢本から夕食を取り上げようとしたことを諫めた無期懲役の皆川喜一に喫煙の罪を着せ独房に入れた。怒った沢本は吉成を撲殺して懲罰房に入った。その後3年の刑をプラスされ、所長官舎に使役に行ったところで隙を狙って脱獄した。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

挿入歌[編集]

「おとこ流れ歌」