山吉盛侍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山吉新八郎から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
山吉盛侍
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文11年(1671年
死没 宝暦3年7月28日1753年8月26日
別名 小牧盛侍[1]、通称:新八郎
戒名 玄亮院殿無性本然居士
墓所 照陽寺
主君 吉良義央義周上杉氏
氏族 山吉氏
父母 父:山吉盛俊、母:山田盛政
兄弟 盛富盛侍
行方左五左衛門兼秀
盛起

山吉 盛侍(やまよし もりひと)は、江戸時代前期から中期にかけての武士吉良義央の家臣[1] ・近習[1](吉良義周の中小姓[1])。通称は新八郎(しんぱちろう)。

出自[編集]

山吉氏は戦国期には越後国三条城主として上杉謙信に仕えた家柄であるが、盛侍の祖父は米沢藩士・深澤氏からの養子であり、その養父・山吉源左衛門盛親山吉豊守山吉景長らの系統である山吉氏本流に近い人物ではないようである[2]

生涯[編集]

寛文11年(1671年)、米沢藩上杉氏の物頭・山吉七郎左衛門盛俊(50石)の次男として誕生。母は山田九右衛門盛政の娘。天和4年(1684年)、父が死去すると、家督は長兄・権之丞盛富が継いだ。

元禄5年(1692年)8月29日、上杉綱憲の次男で吉良氏に養子に入っていた吉良義周付きの小姓を命じられ、9月11日に江戸吉良邸へ入り、吉良家では30石5人扶持を与えられている。元禄8年(1695年)6月23日には喜連川氏の騒動を取り静めるために吉良家より派遣され、功績があった。

上杉家家臣がまとめた『大河内文書』によれば、元禄15年(1702年)12月の赤穂浪士による吉良邸討ち入り時に最も活躍した吉良家臣だという。討ち入り時に長屋から飛び出ると、いきなり浪士が槍を構えていたので部屋に戻り、脇差をとって戦闘に参加。3人を相手に戦い、1人(近松行重であろう)を池に叩き落し、また1人を縁側に切り伏せたが、後ろから槍でつかれ、別の1人に鬢先より口脇まで斬られ一度倒れた。しばらくして再起し、義周の下へ走るが主君はいなく、奥を探そうとすると、2人の浪士と出会い再び斬られて倒れるも、盛侍は死なず一命を取り留めた。その際に顔に大きな傷を負ったため、傷を隠すため髭を蓄えることを特別に許されていたともいわれている。

吉良家が改易され、義周が諏訪藩お預かりになると左右田孫兵衛と共に従い高島城へ入り、義周が亡くなるまで仕えた[1]宝永3年(1706年)1月に義周が死去すると米沢へ戻り、6月9日から5石3人扶持で再び上杉家に仕官し、五十騎三番組に編入された。享保5年(1720年)6月5日には勘定頭となり50石、元文4年(1739年)1月には三十挺手槍頭に就任し150石をそれぞれ加増され、都合200石を領した。寛保4年(1744年)2月8日には三十人頭となる。宝暦2年(1752年)2月11日に隠居して、子・伊八郎盛起に家督を譲った。

宝暦3年(1753年)7月28日、死去。享年83。

なお、明治時代に暗殺直前の大久保利通に面会した福島県県令山吉盛典は末裔である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 佐々木(1983) p439
  2. ^ 『上杉家御年譜』所収の御家中諸士略系譜より。

関連作品[編集]