伊達村豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊達 宗春(だて むねはる) / 伊達 村豊(だて むらとよ、天和2年11月8日1682年12月6日) - 元文2年6月30日1737年7月27日))は、江戸時代中期の外様大名伊予吉田藩第3代藩主。

生涯[編集]

宇和島藩士・伊達宗職宇和島藩伊達秀宗の七男)の次男。母は里見氏。正室は亀山藩主・青山忠重の娘。子は村澄(長男)、村信(次男)、上杉義枝(三男)、成房(四男)、徳行(五男)、久徳成朝(六男)、恒川久定(七男)、成要(八男)、娘(荻野朝周室)、娘(戸沢正諶と婚約するが結婚前に病没)。幼名、金之助。初名は宗春(むねはる)。官位は従五位下、左京亮、和泉守、若狭守。

天和2年(1682年)11月8日、宇和島に生まれる。元禄6年(1693年)、宇和島藩の支藩である吉田藩の藩主で従兄の伊達宗保に子がなかったため、その養子となり、12月7日に12歳で第3代藩主となった。12月15日、将軍徳川綱吉御目見し、父の遺品・備前基光の刀を献上した。元禄10年(1697年)12月18日、叙任した。

元禄14年(1701年)2月、霊元上皇院使として江戸に下向する清閑寺熈定饗応役に任じられ、一方で播磨赤穂藩浅野長矩勅使柳原資廉高野保春の饗応役に任じられた。2人の指南役は高家肝煎の吉良義央であった。3月14日、浅野長矩の吉良義央への刃傷の際にも現場に居合わせ、梶川頼照らとともに浅野の取り押さえに加わっている。浅野の凶事の後も宗春の方は無事役目を勤め上げた[注釈 1]

宝永元年(1704年)5月28日、初めて領地である伊予吉田に入った。以降、隔年に参勤交代するようになる。翌年6月1日に青山忠重の娘と結婚する。正徳3年(1713年)8月15日、官位を和泉守に改め、享保10年(1725年)12月2日にはさらに若狭守となった。名前を宗春から村豊(むらとよ)に変えたのもこの頃とされている[注釈 2][注釈 3]。享保17年(1732年)、享保の大飢饉に際し、吉田藩も虫害による損害2万5,000石、風水害による損害2,000石という大損害を出したため、幕府より3,000両を1年据え置きの5年払いで借りることを余儀なくされた。

元文2年(1737年)6月30日、伊予吉田藩の江戸藩邸にて死去した。法名は沢翁真龍大淵院。墓は東京都港区高輪東禅寺

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 歌舞伎仮名手本忠臣蔵』の桃井若狭之助は宗春と、元禄11年(1698年)時の勅使饗応役で、やはり吉良からいじめを受けたといわれる亀井茲親の2人をモデルにしたものと推察する説がある。
  2. ^ 「村」の字は陸奥仙台藩主の伊達吉村より賜ったものと推測する説があるが、これを裏付ける史料は未だ見つかっていない。
  3. ^ 改名の理由として、この頃に紀州藩主の徳川吉宗が将軍に就任したことにより、「宗」の字が同じであることを憚ったとも考えられる。

出典[編集]

[ヘルプ]