山吉盛典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山吉 盛典(やまよし もりすけ、天保6年(1835年)9月 - 明治35年(1902年7月3日)は米沢藩士・福島県権令(県令)。

経歴[編集]

米沢藩士・林辺忠政の二男として生まれる。後に山吉家に養子入りしたため、系譜上は山吉新八赤穂浪士討入に際し吉良方として善戦)の仍孫ということになる。幼名は佐久馬。明治元年(1868年)に養父から家督相続し、米沢藩主上杉茂憲の小姓や、権少参事公用人などを務める。

廃藩置県後は明治政府に出仕し、明治8年(1875年)から明治15年(1882年)にかけて福島県の権令(県令)を務める。その任期中の明治11年(1878年)5月14日早朝、内務卿大久保利通をその私邸に訪問し、安積疏水の件などについて話し合った。その数時間後、出仕途中の大久保は暗殺された(紀尾井坂の変)。大久保の家人以外で、最後に大久保と話した人物ということである。なお、その時に大久保が語った言葉は、山吉により『済世遺言』と題してまとめられている。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5701号「叙任及辞令」1902年7月7日。