阿賀正美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿賀 正美(あが まさみ、1903年明治36年)3月16日[1] - 1986年昭和61年)4月9日[2])は、日本の内務厚生官僚。最後の官選福島県知事

経歴[編集]

佐賀県出身。阿賀末治郎の二男として生まれる[1]第五高等学校を卒業。1926年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。同年12月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入省し、東京府属となる[3]

以後、厚生省社会保険局監理課長、同体力局企画課長、同人口局管理課長、同局修練課長、山形県内務部長、愛知県部長・警察部長、岩手県内務部長などを歴任[1]

1947年3月、前任の石原幹市郎が知事選に出馬のため辞任したことに伴い福島県知事に就任。県議会議員選挙、知事選挙などを執行して同年4月に知事を退任[1]

その後、東京労働基準局[3]、全日本労働福祉協会長、緑富士株式会社社長などを務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』229頁。
  2. ^ 『朝日新聞』(東京本社発行)1986年4月11日朝刊、23面の訃報より。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』257頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。