佐藤善一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 善一郎(さとう ぜんいちろう、1898年10月10日 - 1964年3月23日)は日本の政治家衆議院議員福島県知事などを務めた。福島市出身。

来歴・人物[編集]

1898年福島市出身。1937年に旧・清水町の町長に就任。福島県議を経て、第二次大戦後は公職追放される[1]1952年、福島県経済連の初代会長に就任し、財政を立て直した。また、同年から衆議院議員に2期連続で当選。 1957年自由民主党を離党し、農協、日本社会党の地盤を獲得して福島県知事選挙に立候補し当選[1]。福島県知事在任中に、福島第一原子力発電所大熊町への建設を決定した。2期目の1961年は自民党、社会党、民社党の推薦と労働、農業、商工など各団体の支持を得て再選する。農業工業観光の均衡ある成長を目指した。

知事在職中の1964年3月23日、急性肝臓萎縮症で死去。

出典[編集]

  1. ^ a b 功刀俊洋 1950年代の知事選挙(5・完) hdl:10270/641 福島大学行政社会学会行政社会論集 2004-03-15 16巻43号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]