功刀俊洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

功刀 俊洋(くぬぎ としひろ、1954年8月30日 - )は、日本の歴史家。専攻は日本政治史。福島大学行政政策学類教授。

プロフィール[編集]

東京都出身。1977年東京教育大学文学部史学科日本史専攻を卒業し[1]一橋大学大学院社会学研究科社会問題・社会政策専攻に進学する。大学院では藤原彰に師事し、1982年に単位取得退学後一橋大学社会学部助手となる[2][3]

1984年鹿児島大学教養部講師、1985年同助教授を経て1989年福島大学行政社会学部助教授に就任。1998年に教授に昇任。2005年4月より行政政策学類長。(2007年3月まで)。2008年から2010年まで福島大学統括学系長。2012年から2016年まで国立大学法人福島大学理事(総務担当)兼福島大学副学長[3]

1998年東京市政調査会(現後藤・安田記念東京都市研究所)藤田武夫賞受賞。2009年から2019年まで相馬市史編さん委員会専門委員[3]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『戦後地方政治の出発』(敬文堂、1999年)
  • 『戦後型地方政治の成立』(敬文堂、2005年)

共著[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]researchmap
  2. ^ 「昭和56年 学位授与・単位修得論文一」一橋研究
  3. ^ a b c [2]福島大学