馬渡俊雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
馬渡俊雄

馬渡 俊雄(まわたり としお、1876年明治9年)12月14日[1][2] - 1946年昭和21年)2月1日[3])は、日本の内務警察官僚実業家。官選県知事。旧姓・加藤。

経歴[編集]

東京府豊多摩郡淀橋町加藤弘之の三男として生まれる[1]1885年7月、馬渡家の養子となる[3]第一高等学校を経て、1901年9月、東京帝国大学法科大学政治学科に入学。1905年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1906年、東京帝大を卒業し内務省に入省、愛知県属となる[1][4]

以後、滋賀県事務官大阪府事務官、山口県事務官・警察部長、福岡県事務官・警察部長、神奈川県警察部長、和歌山県内務部長、新潟県内務部長などを歴任[1]

1919年4月、愛媛県知事に就任。30ヵ年継続土木事業計画、県立中等学校学級増設の5ヵ年継続事業などを推進。また、 越智郡今治町日吉村北宇和郡宇和島町八幡村の合併を推進し、今治市宇和島市が誕生した。1921年5月、欧米の視察を命じられ知事を辞任した[1]。帰国後、1922年6月、福島県知事に就任。四か月の在任で同年10月16日に依願免本官となり退官したが、誠実な行政を行った[5][6]

その後,東京市助役[5]東京瓦斯取締役[3]、理研護謨工業取締役[1]などを務めた。

親族[編集]

  • 加藤照麿(男爵・医学博士・貴族院議員)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新編日本の歴代知事』920頁。
  2. ^ 『平成新修旧華族家系大成』上巻、437頁では「12月13日」。
  3. ^ a b c 愛媛県生涯学習センター データベース「えひめの記憶」愛媛県史 人物 馬渡俊雄 2014年7月12日閲覧
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』187頁。
  5. ^ a b 『新編日本の歴代知事』219頁。
  6. ^ 『官報』第3065号、大正11年10月18日。

参考文献[編集]