加藤照麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 照麿(かとう てるまろ、文久3年9月8日1863年10月20日) - 大正14年(1925年9月29日)は、明治・大正時代の日本華族政治家小児科医東京府華族[1]貴族院議員従三位勲二等[2]男爵[1]医学博士[1]

人物[編集]

1888年プロイセン王国ベルリン市にて日本人留学生と[3]。前列左より河本重次郎山根正次田口和美片山國嘉石黑忠悳隈川宗雄尾澤主一[4]。中列左から森林太郎、1人おいて中濱東一郎、1人おいて島田武次、谷口謙瀬川昌耆北里柴三郎江口襄[4]。後列左から濱田玄達、加藤、北川乙次郎[4]

江戸に生まれる。東京外国語学校東京大学医学部に学んだ。中退して1884年(明治17年)にドイツへ留学し、ミュンヘン大学で小児科、種痘科を研修。1888年(明治21年)に帰国して、宮内省侍医局侍医となった。1925年(大正14年)、63歳で没した。

栄典[編集]

位階
勲章等

家族・親族[編集]

加藤家[編集]

兵庫県豊岡市出石町、東京麹町区下二番町[1]

親戚[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 『人事興信録. 7版』(大正14年)か一三
  2. ^ 『官報』第3938号「彙報-官庁事項-有爵者薨去」1925年10月8日。
  3. ^ 石黑忠悳著『石黑忠悳懷舊九十年』博文館1936年、241頁。(ページ番号記載なし)
  4. ^ a b c 石黑忠悳著『石黑忠悳懷舊九十年』博文館1936年、242頁。(ページ番号記載なし)
  5. ^ 『官報』第5123号「叙任及辞令」1900年7月31日。
  6. ^ 『官報』第5159号「叙任及辞令」1900年9月11日。
  7. ^ 『官報』第8185号「叙任及辞令」1910年10月1日。
  8. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。
  9. ^ 『官報』第1001号「叙任及辞令」1915年12月2日。

参考文献[編集]

日本の爵位
先代:
加藤弘之
男爵
加藤(弘之)家第2代
1916年 - 1925年
次代:
加藤成之