加藤照麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 照麿(かとう てるまろ、文久3年9月8日1863年10月20日) - 大正14年(1925年9月29日)は、明治・大正時代の日本華族政治家小児科医東京府華族[1]男爵[1]医学博士[1]貴族院議員

人物[編集]

江戸に生まれる。東京外国語学校東京大学医学部に学んだ。中退して1884年(明治17年)にドイツへ留学し、ミュンヘン大学で小児科、種痘科を研修。1888年(明治21年)に帰国して、宮内省侍医局侍医となった。1925年(大正14年)、63歳で没した。

栄典[編集]

家族・親族[編集]

加藤家[編集]

兵庫県豊岡市出石町、東京麹町区下二番町[1]

親戚[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 『人事興信録. 7版』(大正14年)か一三
  2. ^ 『官報』第5123号「叙任及辞令」1900年7月31日。
  3. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。
  4. ^ 『官報』第1001号「叙任及辞令」1915年12月2日。

参考文献[編集]

日本の爵位
先代:
加藤弘之
男爵
加藤(弘之)家第2代
1916年 - 1925年
次代:
加藤成之