峰山藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

峰山藩(みねやまはん)は、丹後国に存在した。小藩とはいえ、戦国大名京極高知関ヶ原の戦いの戦功で得た丹後一国の領土の一部を受け継いてきた藩である。

藩史[編集]

初代藩主の京極高通朽木宣綱の次男として生まれたが、母方のおじである京極高知の婿養子となった。丹後国主であった高知は自らの遺領を実子2人と高通に3分割して与え、高通には峰山地方の1万石を相続させた。これによって、元々徳川秀忠から拝領していた3000石と合わせて1万3000石の諸侯となり、1616年に丹後峰山陣屋を構えて立藩した。

宗家である宮津藩京極家はほどなく改易され、田辺藩(舞鶴藩)の京極家も但馬豊岡へ転封となったため、丹後には峰山藩だけが残ることとなった。

江戸中期の享保年間、第5代藩主・高長の時代、峰山に住んでいた絹屋佐平治(森田治郎兵衛)が西陣で学んだちりめんの技法を元に、試行錯誤の末に生み出した丹後ちりめんは、藩の主要な特産品として財政を潤した。

第6代藩主・高久若年寄となった。この高久は、小説『鬼平犯科帳』において、鬼平こと長谷川平蔵の良き理解者として登場する人物としても有名である。

幕末の藩主である第11代藩主・高富は、戊辰戦争の際に若年寄であった責任を追及されたが、養子である高陳(後の第12代藩主)がいち早く朝廷に謝罪をした事から許された。

歴代藩主[編集]

京極家[編集]

外様 1万3000石

  1. 高通 - 従五位下、主膳正。
  2. 高供 - 従五位下。主膳正。
  3. 高明 - 従五位下。隼人正。備後守。主膳正。
  4. 高之 - 従五位下。主膳正。
  5. 高長 - 従五位下。備後守。主膳正。
  6. 高久 - 従五位下。備前守。若年寄。
  7. 高備 - 従五位下。周防守。若年寄。
  8. 高倍 - 従五位下。備前守。
  9. 高鎮 - 官位は不詳。
  10. 高景 - 従五位下。右近将監。
  11. 高富 - 従五位下。備中守。
  12. 高陳 - 従五位下。備中守。

幕末の領地[編集]

明治維新後、真壁郡1村(旧旗本領)が加わったほか、同郡1村(旗本領との相給)の全域を本藩領とした。

峰山県[編集]

峰山県(みねやまけん)は、廃藩置県により1871年(明治4年)に設置された。同年10月に豊岡県に統合され消滅した。県域は現在の京丹後市の一部に設置されていた。

沿革[編集]

  • 1871年(明治4年)7月14日:廃藩置県により峰山藩(1.1万石)が峰山県として発足。
  • 1871年(明治4年)11月22日:豊岡県に統合
  • 1876年(明治9年)8月22日:豊岡県廃止により京都府へ合併。
先代:
丹後国
行政区の変遷
1622年 - 1875年 (峰山藩→峰山県)
次代:
豊岡県