石黒忠悳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石黒 忠悳
Ishiguro Tadanori.jpg
石黒忠悳(1897年)
生誕 1845年3月18日
陸奥国伊達郡梁川
死没 (1941-04-26) 1941年4月26日(96歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1871 - 1901
最終階級 軍医総監
除隊後 貴族院勅選議員
日本赤十字社社長
テンプレートを表示

石黒 忠悳(いしぐろ ただのり、弘化2年2月11日1845年3月18日) - 1941年昭和16年)4月26日)は、明治時代日本陸軍軍医日本赤十字社社長。草創期の軍医制度を確立した。爵位子爵

経歴[編集]

幼名は庸太郎(つねたろう)。父・平野順作良忠は幕府代官手代になり、奥州(福島県)の陣屋に務めているときに庸太郎が生まれた。1856年2月に元服して忠恕(ただのり)を名乗り、平野庸太郎忠恕と称したが、やがて忠徳、後に忠悳と改めた(悳は徳の古字)[1]。父母は早く亡くなり、天涯孤独となる。16歳のとき、父の姉が嫁いでいた越後国三島郡片貝村(今の新潟県小千谷市)の石黒家の養子になった。私塾を開き、松代の佐久間象山に会って感銘を受けた。江戸へ出て、幕府の医学所を卒業後、医学所句読師となる。

幕府が倒れたため医学所が解散し、一時帰郷するが、再び東京へ戻り、医学所の後身である大学東校東京大学医学部の前身)に勤める。1871年松本良順の勧めで兵部省に入り、草創期の軍医となった。

佐賀の乱西南戦争に従軍。1890年、陸軍軍医総監に昇進するとともに、陸軍軍医の人事権をにぎるトップの陸軍省医務局長(陸軍軍医・序列第一位)に就任した。日清戦争のとき、医務局長として大本営陸軍部の野戦衛生長官をつとめた。日清戦争では脚気惨害の責任が指摘されている(詳細は、日清戦争での陸軍脚気大流行を参照のこと)。戦後、台湾での脚気惨害を知る高島鞆之助陸軍大臣に就任すると、軍医制度を確立した功労者でありながら、1897年医務局長を辞任した(事実上の引責辞任)[2]

長州閥のトップ山県有朋や薩摩閥のトップ大山巌、また児玉源太郎などと懇意で、その後も陸軍軍医部(後年、陸軍衛生部に改称)に隠然たる影響力をもった。1901年4月17日、予備役に編入[3]1907年4月1日、後備役[4]1912年退官。

石黒忠悳が「陸軍軍医総監(中将相当)」に任命された際の辞令書(明治30年4月8日)

後に貴族院勅選議員、日本赤十字社の第4代社長などをつとめた。1895年に男爵、1920年子爵となった。1941年、老衰のため死去[5]

茶人としても知られ、况斎・况翁の号がある。長男の石黒忠篤は東京帝国大学卒業後、農商務省に入り、穂積陳重の次女・光子と結婚、太平洋戦争終戦時の農商大臣をつとめた。

その他[編集]

  • 後藤新平の才能を見出し、愛知県病院長から内務省衛生局への採用を後押しした。そして相馬事件で後藤が衛生局長を非職となり、失脚しても、長與專齋と違って後藤を見捨てず、その後ろ盾となり、日清戦争の検疫事業を後藤に担当させることを陸軍次官兼軍務局長の児玉源太郎に提案した。検疫事業の成果により後藤は内務省衛生局長に復職し、また児玉に認められたことが、児玉台湾総督の下で後藤が台湾総督府民政長官に起用されるきっかけとなった[6]
  • 文学研究者には森鴎外の上官として、よく知られている(両者の確執が論じられることもある)。
  • 大倉喜八郎とは古くから交遊があった。大倉商業学校(今の東京経済大学)の設立に参加し、理事兼督長(現在の理事長兼校長)をつとめた。
  • 日比谷公園の開設に関わった。安寧健康上の設計を林学博士の本多静六から依頼され、洋風の公園となった。

栄典[編集]

外国勲章等佩用允許

著書[編集]

  • 懐旧九十年(博文館、1936年、私家版) 
本人の懐古談を坪谷水哉の編集でまとめたもの。復刻版が大空社から刊行されている(2004年)。岩波文庫版(1983年)は乃木希典小松宮彰仁親王(日本赤十字社初代総裁)などに関する記事(全体の7分の1弱)や図版が削除されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『懐旧九十年』岩波文庫、P52、p65。
  2. ^ 石黒自身は「円満辞職」としている。『懐旧九十年』P341-342。
  3. ^ 『官報』第5334号、明治34年4月18日。
  4. ^ 『官報』第7180号、明治40年6月7日。
  5. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)3頁
  6. ^ 駄場裕司『後藤新平をめぐる権力構造の研究』南窓社、2007年、73-79頁。ISBN 978-4-8165-0354-2
  7. ^ 『官報』第1933号「叙任及辞令」1889年12月6日。
  8. ^ 『官報』第3578号「叙任及辞令」1895年6月5日。
  9. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  10. ^ 『官報』第3824号・付録「辞令」1896年4月1日。
  11. ^ 『官報』第7072号・号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  12. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  13. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  14. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  15. ^ 『官報』第4290号、1941年4月30日。
  16. ^ 『官報』第3629号「叙任及辞令」1895年8月3日。
  17. ^ 『官報』第8101号「叙任及辞令」1910年6月24日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキソースには、日本赤十字社録事(1920年6月26日官報)の原文があります。