三宅秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三宅秀
遣欧使節の写真(1864年2月28日)
三宅秀は山内堤雲に続いてスフィンクスの肩に乗ろうとしたがずり落ちている[1]

三宅 秀(みやけ ひいず / すぐる[2]1848年12月12日嘉永元年11月17日)- 1938年昭和13年)3月16日[2])は、日本医師洋学者医学者貴族院議員東京大学で最初の医学博士、のち名誉教授。幼名は復一(またいち)。三宅家には、明智光秀[3]あるいは明智光秀の弟[4]の子孫であるとの家伝がある。錦鶏間祗候

略歴[編集]

三宅秀(中)。田辺太一(左)、杉浦愛蔵(右)と。
アインシュタインと一緒に (三宅秀は左端)1922年

三宅家は、肥前にて代々医業を行ってきた家系であり、秀は、お玉ケ池種痘所(現東京大学医学部の起源)の創設に携わった医師三宅艮斎(みやけ ごんさい)の長男として江戸本所で生まれる。

安政4年(1858年川島元成のもとで蘭学を習い始める。文久3年(1863年田辺太一の従者として遣欧使節に随行。元治元年(1864年)欧州より帰国後、横浜ヘボン塾明治学院高校の前身)で英学を学び、元アメリカ海軍医ウェッダー(Alexander M.Vedder)の助手となり医学を学ぶ。

慶応3年(1867年加賀藩壮猶館にて英書翻訳や英学教授に従事。明治3年(1870年)大学へ出仕、中助教、大助教、文部少教授を歴任。1874年(明治7年)東京医学校長心得となる。1876年(明治9年)渡米し、万国医学会の副会長に選任。1881年(明治14年)東京大学医学部長、その後、医科大学教授、医科大学長を歴任。1888年(明治21年)東京大学初の医学博士号を授与された。

1891年(明治24年)4月15日、貴族院勅選議員に任じられ[5][6]同成会に所属して死去するまで在任した[2][7]

1903年(明治36年)東京大学初の名誉教授となる。1938年に死去し、享年91(満89歳)。

親族[編集]

  • 佐藤尚中 - 妻 藤の父。順天堂創始者。
  • 三宅鑛一(1876-1954) - 長男。精神医学者、東大医学部教授。東京府立松沢病院長も務め、1936年に同大医学部に脳研究所を開設し、1942年まで所長[8]。妻の栄は平山洋三郎三女。娘婿は島薗順次郎の長男。
  • 三宅仁(1908-1969) - 孫(三宅鑛一の子)。病理学者、東大医学部教授。日本病理学会、日本血液学会、日本肝臓病学会の会長も務めた[9]
  • 仁田勇 - 孫。三女 まつの長男。大阪大学理学部教授。
  • 三浦謹之助 - 長女 教の夫。東大医学部教授。
  • 佐々木謙一郎 - 四女 菊尾の夫。専売局長官、南満州鉄道副総裁。
  • 中村直次郎 - 五女 八重の夫。榛原 (和紙舗) 四代目。
  • 堀越二郎 - 孫(菊尾の長女)須磨子の夫。

栄典[編集]

位階
勲章など

著書[編集]

  • 編訳『病体剖観示要』島村利助、丸屋善七共同刊行、1879年。
  • 『病理総論』1881年。
  • 『薬品取扱方心得』青柳正辰、1890年。
  • 『人名医語字典』英蘭堂、丸善、1894年。
  • 三宅秀、浜武亀代子ほか『家事衛生』大日本女学会、1901年。
  • 『修身衛生講話』国定教科書共同販売所、1908年。
  • 『安眠法』広文堂、1912年。
  • 三宅秀、大沢謙二『日本衛生文庫:第1-6集』教育新潮研究会、1917-1918年。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ フジテレビトリビア普及委員会 『トリビアの泉〜へぇの本〜 4』講談社、2003年。 
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』167頁。
  3. ^ 小崎登明 「切支丹峠」『聖母の騎士』11月号、聖母の騎士社、1959年、19-24頁。『聖母の騎士』12月号、聖母の騎士社、1959年、7-12頁。
  4. ^ 三浦義彰 「西の長崎、東の佐倉」『千葉医学』70号、千葉医学会、1994年、211-216頁。
  5. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、4頁。
  6. ^ 『官報』第2335号、明治24年4月16日。
  7. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、45頁。
  8. ^ 三宅鉱一(読み)みやけ こういちコトバンク
  9. ^ 三宅仁(読み)みやけ まさしコトバンク
  10. ^ 『官報』第2237号「叙任及辞令」1890年12月11日。
  11. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1938年2月11日。
  12. ^ 『官報』第1324号「叙任及辞令」1887年11月26日。
  13. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
  14. ^ 『官報』第2398号「叙任及辞令」1891年6月29日。
  15. ^ 『官報』第1218号「叙任及辞令」1916年8月21日。

参考文献[編集]