田中芳男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中芳男

田中 芳男(たなか よしお、天保9年8月9日1838年9月27日) - 大正5年(1916年6月22日)は、幕末から明治期に活躍した博物学者、物産学者、農学者園芸学者錦鶏間祗候男爵

明治期に動物園植物園を構想し、上野で実現。「博物館」という名称を生み出し、殖産興業の指導に尽力、基礎博物学の啓蒙につとめた。パリで行われた第4回万国博覧会、ウィーン万国博覧会に責任者として派遣される。元老院議官、貴族院議員、大日本山林会会長、日本園芸会副会長を歴任している。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

1838年(天保9年)8月9日、信濃国伊那郡飯田城下の中荒町(現在の長野県飯田市中央通り)に旗本千村氏[1]の典医を勤める医師田中隆三(号:如水)の三男として生まれた。隆三は1834年長崎に留学して蘭学を修めており、医学のみならず本草学、舎密学(化学)などにも関心が深く、芳男もその影響を強く受けることになった。また、隆三は芳男に漢学を身に着けさせ、特に「人の人たる道は、この世に生まれたからには自分相応の事をして世用を為さねばならない」と教え諭した[2]

晩年の伊藤圭介

1856年(安政3年)秋、名古屋に出て尾張藩御典医で博物館者としても著名であった伊藤圭介の門下に入り、千村五郎柳河春三らと共に書生として種痘などの西洋医学を身に着けたほか、博物学や本草学を学んだ。しかし、1858年に家督を継ぐ立場である兄が病死したことから、故郷の飯田にに帰った。ただ、自宅で本草学や博物学の研究を行ったり、時には名古屋に出て伊藤圭介のもとで学問をしていたという[3]

幕府に仕える[編集]

1862年(文久2年)、伊藤圭介が幕府の蕃書調所(間もなく洋書調所に改組)に招聘を受けることなり、芳男はその助手として出仕し、物産学・本草学の研究開発に当たることとなった[4]。芳男のその後の述懐によると、この際採用された人物の多くは師である伊藤圭介を含めて殖産学、特にダイコンニンジンゴボウなどといった日用の産物には関心がなく、芳男が物産所でもっぱらこの研究に従事することとなったという[5]。 この間、圭介の伴をしてシーボルトを訪ねている[6]。開成所付置の物産所で殖産興業の発展を探った。その後師は高齢により職を辞して故郷に帰り、その後任となった。 1865年慶応元年)、幕府はパリ万国博覧会に正式参加表明し、万博に昆虫標本の出品を決定することとなった。翌1866年(慶応2年)、芳男は幕府からパリ万国博覧会への出張と昆虫標本採集と製作を命じられ、関東一円に赴き博物学者の子阿部為任と採集を行った。同年11月、パリに向けて出港し、シンガポールやスエズ運河を経由して到着している。1867年(慶応3年)、パリ万国博覧会に出張。自ら採集した昆虫標本が現地の研究者に高く評価された[7]

明治政府の官僚として[編集]

1867年(慶応3年)帰国した。翌年には戊辰戦争が起こり、5月には上野戦争があったが、芳男はこれには関わらず、研究や整理に没頭した。東京が明治新政府の所有となると、洋書調所は開成所に解消され、芳男は御用掛として任命されて大阪舎密局の建設に従事した[8]。大阪の大阪城跡地に理化学専門の高等教育研究機関「舎密局」開設準備にとりかかるが、舎密(けみ)局と呼ばれたこの施設を、科学だけでなく物理学等その他の自然科学全般を研究対象にする組織機関として、博物館、という名称を提案する。さらにこのとき植物園や温室などを附設することを提言、この施設を「遊歩所」、「園囿」と名づけている。この施設の構想案では7つのゾーンに分割し、幾何学的洋風庭園など、今日のリサーチパーク的な植物施設を構想している[9]1869年明治2年)5月、舎密局は開設されるが、予算の関係上他の施設は実現できなかった[10]1870年(明治3年)3月、大学南校物産局に転任となり、東京に戻った[11]。ここでは後に博物館の創設に共に従事する町田久成と同僚となっている。1872年(明治5年)、九段坂上招魂社境内で小規模博覧会(物産展)を実施。この年文部省が発足、湯島聖堂(旧幕府昌平坂学問所)が文部省所轄となり、文部省博物館として改組、物産展の展示物収用されると同時に同博物館に移籍した。

また、物産会すなわち殖産興業を主な目的とした博覧会の開催にたびたびかかわる。

  • 1872年4月(明治5年3月)、翌年開催のウィーン万国博覧会への公式参加に伴い、全国各地から取り寄せた出品予定品を公開するため、湯島聖堂大成殿で博覧会を実施する。
湯島聖堂で行われた博覧会のスタッフ達。前列右から2番目が田中芳男、4番目が町田久成。
  • 1873年佐野常民らともにオーストリア・ウィーンで開催されたウィーン万国博覧会に派遣される。
  • 1875年(明治8年)、博物館、動物園などをもつ公園の設立に尽力し、上野の博物館・動物園の建設のために町田久成らとともに力を注いだ。町田が初代博物館長をつとめ、後に田中が職につく。こうして上野公園設計に携わり、博物館と動物園を設置した。
    • 同年刊行された田中芳男訳纂『動物学初篇哺乳類』は簡略な図解であるが、分類階級の訳語として、classに「」、orderに「」、familyに「」、genusに「」、speciesに「」の訳を用い(磯野1986)、これが今日に及んだ[12]
飯田市街地にある田中芳男顕彰碑の傍らにあるビワの1品種「田中」。田中芳男が長崎で食べたものを持ち帰り、自宅で栽培したことが始まりとされ、現在も愛媛県や千葉県等で栽培されている

田中芳男の顕彰[編集]

飯田市美術博物館にある田中芳男の胸像
  • 1999年(平成11年)9月に、飯田市美術博物館で開催された「田中芳男展」に契機に、平成12年4月に「田中芳男を知る会」が設立され、年6回の学習会や出版活動、市公民館で関連資料の展示などが行われるようになった[17][18]
  • 2007年(平成19年)に、飯田市の有志により「田中芳男の胸像等制作を願う会」が設立され、飯田市美術博物館および国立科学博物館に設置する田中芳男の胸像制作のための募金活動が始まった[19]2008年(平成20年)に、田中芳男の生誕百七十周年と飯田市美術博物館の開館二十周年を記念して、両館への寄贈を実現させた[20]

栄典[編集]

飯田市街地にある田中芳男とその弟・義廉の顕彰碑

係累[編集]

著書[編集]

大日本水産會[編集]

水産名彙
田中芳男、藤野富之助が、明治19年に農商務省農務課が編集した「水産俗字集」に掲載する水産物数を増補して編集しなおし新たに刊行したもの。

論文[編集]

Yo.Tanakaは、植物の学名命名者を示す場合に田中芳男を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

脚注[編集]

  1. ^ 美濃国久々利領主で信濃国伊那郡天領預地を領する
  2. ^ みやじま 1983, p. 4.
  3. ^ みやじま 1983, p. 8.
  4. ^ みやじま 1983, p. 14.
  5. ^ みやじま 1983, p. 15.
  6. ^ みやじま 1983, p. 16.
  7. ^ みやじま 1983, p. 34.
  8. ^ みやじま 1983, p. 36.
  9. ^ みやじま 1983, p. 40.
  10. ^ みやじま 1983, p. 41.
  11. ^ 村沢 1978, p. 21.
  12. ^ 磯野直秀 1986
  13. ^ 『官報』第2182号、明治23年10月6日。
  14. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  15. ^ 『官報』第1001号、大正4年12月2日。
  16. ^ 企画展「没後100年記念 田中芳男 ―日本の博物館を築いた男―」開催ならびに関係者・プレス内覧会実施のお知らせ (PDF)”. 国立科学博物館 (2016年8月9日). 2017年6月12日閲覧。
  17. ^ 『田中芳男十話』改訂版 あとがき 2008年6月29日
  18. ^ 『信濃毎日新聞』2000年(平成12年)4月20日 19面
  19. ^ 『信濃毎日新聞』2007年(平成19年)9月29日 30面
  20. ^ 『信濃毎日新聞』2010年(平成22年)2月10日 25面
  21. ^ 『太政官日誌』明治9年1月-6月
  22. ^ 沒後百年田中芳男先生年譜 - 福井大学
  23. ^ 『官報』 第14号「叙任」1883年7月17日。
  24. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  25. ^ 『官報』第2205号「彙報 - 官庁事項 - 褒章 - 藍綬褒章下賜」1890年11月4日。
  26. ^ 『官報』第3266号「叙任及辞令」1894年5月22日。
  27. ^ 『官報』第3823号「叙任及辞令」1896年3月31日。
  28. ^ 『官報』第4301号「叙任及辞令」1897年10月30日。
  29. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  30. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  31. ^ 『官報』第1001号「叙任及辞令」1915年12月2日。
  32. ^ 『官報』第1168号「叙任及辞令」1916年6月23日。
  33. ^ 「伊那史叢説」第三編

参考文献[編集]

  • 佐藤昌『日本公園緑地発達史』都市計画研究所 1977年
  • 磯野直秀「動物分類学に関係する訳語の変遷」生物学史研究(48):1-5, 1986
  • 村沢, 武夫 『近代日本を築いた田中芳男と義廉』 田中芳男・義廉顕彰会、1978年
  • みやじま, しげる 『田中芳男伝』 田中芳男・義廉顕彰会、1983年

外部リンク[編集]