辻太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
辻 太郎
つじ たろう
Mr. Taro Tsuji, heir of Baron Tsuji.jpg
生年月日 (1869-08-02) 1869年8月2日明治2年6月25日
没年月日 (1944-01-22) 1944年1月22日(74歳没)
出身校 ローズ工科大学
所属政党 公正会
称号 従三位勲二等
男爵
配偶者 陸子(先妻・田中芳男次女)、柳子(後妻・室田武氏次女)
親族 新次(父)、同次郎(弟)、周夫(養子)

選挙区男爵議員
当選回数 5回
在任期間 1918年3月16日 - 1944年1月22日
テンプレートを表示

辻 太郎(つじ たろう、1869年8月2日(明治2年6月25日) - 1944年昭和19年)1月22日[1])は、日本の鉄道技術者政治家華族貴族院男爵議員

経歴[編集]

東京府出身。文部官僚・辻新次の長男として生まれる[1][2]工部大学校を経て、1886年アメリカ合衆国に留学し、1890年ローズ工科大学を卒業[2][3]。父・新次の死去に伴い、1915年12月24日、家督を相続し男爵を襲爵した[1][4]

1893年以降、逓信省鉄道技師、鉄道技師、逓信技師、鉄道院技師、臨時鉄道国有準備局技師、鉄道会議臨時議員、伊那電車軌道取締役、日本化学製油社長などを務めた[2][3]

1918年3月16日、補欠選挙で貴族院男爵議員に選出され[5]公正会に属して死去するまで在任した[3]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』下巻、101頁。
  2. ^ a b c 『人事興信録』第14版 下、ツ24頁。
  3. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』77頁。
  4. ^ 『官報』第1021号、大正4年12月25日。
  5. ^ 『官報』第1685号、大正7年3月18日。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 下、1943年。

外部リンク[編集]


日本の爵位
先代:
辻新次
男爵
辻(新次)家第2代
1915年 - 1944年
次代:
辻周夫