今村信行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今村 信行(いまむら のぶゆき、天保11年12月25日1841年1月17日) - 明治42年(1909年9月21日)は、日本司法官。幼名は松太郎。竜川と号す。今村恭太郎の父。

来歴[編集]

信濃国伊那郡山吹村(現・長野県下伊那郡高森町)に旗本伊那衆)座光寺氏の家臣今村文吾[1]の長男に生まれる。当時の伊那谷の流行に乗り平田篤胤の没後門人となった。旧飯田藩士について砲術、槍術を学ぶ。1869年横浜に出てジェームス・カーティス・ヘボンの辞書の著述に助力し、1872年司法裁判所に13等で出仕した。

1877年名古屋裁判所、1881年東京上等裁判所、1882年東京控訴裁判所の各判事となる。1884年岡山始審裁判所長、1886年東京控訴院評定官を経て、1894年大審院判事となる。1909年従三位勲二等旭日重光章を受勲。

この間、「民事訴訟法」、「裁判所構成法」の法典の編纂と施行に尽力し、法律取調報告委員や民事訴訟法調査委員などをつとめた。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章

主著[編集]

  • 「民事訴訟法註解」
  • 「民事訴訟法正解」

脚注[編集]

  1. ^ 大和国の医師・儒者とは別人
  2. ^ 『官報』第193号「叙任」1884年2月23日。
  3. ^ 『官報』第907号「賞勲叙任」1886年7月10日。
  4. ^ 『官報』第2596号「叙任及辞令」1892年2月29日。
  5. ^ 『官報』第4689号「叙任及辞令」1899年2月21日。
  6. ^ 『官報』第7752号「叙任及辞令」1909年5月1日。
  7. ^ 『官報』第1473号「叙任及辞令」1888年5月30日。
  8. ^ 『官報』第4196号「叙任及辞令」1897年6月29日。

出典[編集]

  • 『下伊那郡誌資料 復刻版』1977年
  • 『高森の人 今村清之助・今村信行』高森町教育委員会、2006年