南部甕男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南部甕男
Mikao Nambu.jpg
南部甕男(1913年)
生年月日 (1845-07-19) 1845年7月19日
出生地 土佐国高岡郡
没年月日 (1923-09-19) 1923年9月19日(78歳没)
称号 正二位勲一等男爵

在任期間 1896年10月7日 - 1906年7月3日
元首 明治天皇

大日本帝国の旗 枢密顧問官
在任期間 1906年7月3日 - 1923年9月19日
テンプレートを表示

南部 甕男(なんぶ みかお、弘化2年6月15日1845年7月19日) - 1923年大正12年)9月19日)は、明治期の日本の司法官僚正二位勲一等男爵。号は南陽

生涯[編集]

弘化2年(1845年)、土佐藩郷士・南部従吾(忠克、静斎)の長男として高岡郡(現在の中土佐町)に生まれる。父は佐藤一斎に学んだ陽明学者で、門人には武市瑞山谷干城らがいた。

土佐勤王党に加盟し、文久2年(1862年)に脱藩して上洛。諸藩の志士と交わるなど勤皇活動に従事した。三条実美の衛士となり、八月十八日の政変では実美に従って長州藩へ亡命し、大宰府移住にも随行した。戊辰戦争では東山道先鋒総督の書記兼斥候を務めた。

維新後は、明治元年(1868年)12月の兵部少録任官を皮切りに、1875年(同8年)5月に7等判事1876年(同9年)9月に熊本裁判所長、1880年(同13年)4月に神戸裁判所長、1881年(同14年)10月に司法権大書記官・民事局長、1891年(同24年)に大審院長心得(兼大審院部長)、東京控訴院長など、主に司法畑の要職を歴任した。同29年(1896年)6月5日に男爵に叙せられ[1]、同年10月に大審院長に就任する。1906年(同39年)7月に退官した後は枢密顧問官を務め、法曹会の設立にも尽力した。

1923年(大正12年)、享年79で死去。青山霊園に葬られた。

栄典[編集]

位階
勲章等

系譜・親族[編集]

南部家は南部光行の子孫と伝える。

甕男には3女があった。家督は長女幸子(さきこ)の婿である南部光臣烏丸光徳三男、宮中顧問官・貴族院議員)が嗣いだ。次女瑞芽(みずめ)は志水美英(海軍主計大監)に嫁ぎ、三女敏子(としこ)は松平頼親(伯爵松平頼聰の六男)の夫人となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第3880号、明治29年6月6日。
  2. ^ 『官報』第301号「叙任及辞令」1884年7月1日。
  3. ^ 『官報』第2209号「叙任及辞令」1890年11月8日。
  4. ^ 『官報』第4046号「叙任及辞令」1896年12月22日。
  5. ^ 『官報』第6181号「叙任及辞令」1904年2月12日。
  6. ^ 『官報』第1324号「叙任及辞令」1887年11月26日。
  7. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  8. ^ 『官報』第2322号「叙任及辞令」1891年3月31日。
  9. ^ 『官報』第5098号「叙任及辞令」1900年7月2日。
  10. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  11. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』(霞会館、1996年)


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
南部(甕男)家初代
1896年 - 1923年
次代:
南部光臣