伊藤圭介 (理学博士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊藤圭介
Ito Keisuke at 88 years old.jpg
伊藤圭介
生誕 和暦:享和3年1月27日
西暦:1803年2月18日
日本の旗 日本 尾張国名古屋(現愛知県名古屋市
死没 和暦:明治34年1月20日
西暦:1901年1月20日
日本の旗 日本 東京府(現東京都
研究機関 東京大学
影響を
受けた人物
シーボルト
主な受賞歴 勲三等瑞宝章受章
勲四等旭日小綬章受章
男爵綬位
命名者名略表記
(植物学)
Ito
プロジェクト:人物伝

伊藤 圭介(いとう けいすけ、享和3年1月27日1803年2月18日) - 明治34年(1901年1月20日)は、幕末から明治期に活躍した理学博士男爵。「雄しべ」「雌しべ」「花粉」という言葉を作った事でも知られる。尾張国名古屋(現愛知県名古屋市)出身。名は舜民、清民。 は戴堯、圭介。は錦

生涯[編集]

伊藤圭介の碑(愛知県名古屋市千種区平和公園)
  • 享和3年(1803年)、町医者の西山玄道の次男として名古屋呉服町に生まれる。
  • 文政3年(1820年)、町医の資格を得て開業。
  • 文政4年(1821年)、京都に遊学し、藤林泰助より蘭学を学ぶ。
  • 文政10年(1827年)、長崎にてシーボルトより本草学を学ぶ。翌年、長崎から名古屋に帰る際にシーボルトよりツンベルクの『日本植物誌』を受け取った。これを翻訳し、文政12年(1829年)、『泰西本草名疏』を刊行した。
  • 嘉永5年(1852年)、尾張藩より種痘法取調を命ぜられた。
  • 文久元年(1861年)、幕府の蕃書調所物産所出役に登用される。
  • 明治3年(1870年)、名古屋を離れて東京に移り住み、明治政府に仕えた。そして同14年(1881年)、東京大学教授に任ぜられた。同21年(1888年)、日本初の理学博士の学位を受けた。また初代の東京学士会院会員となった。
  • 明治34年(1901年)、慢性胃腸炎のため[1]98歳で永眠。死に臨んで、学者として初の男爵を授けられた。墓所谷中天王寺墓地。愛知県名古屋市の平和公園が建立されている。

栄典[編集]

伊藤圭介にちなむ植物[編集]

伊藤の業績を称えてシーボルトらにより献名された日本の植物には有名なものが多い。

など。

伊藤文庫[編集]

伊藤文庫は伊藤圭介が収集した本草学に関する書籍コレクション[4]。伊藤圭介文庫とも。伊藤圭介およびその孫の篤太郎より1944年に国立国会図書館が購入した。カール・ツンベルクの『日本植物誌』(1784年)、それを元に圭介が著した『泰西本草名疏』(1829年)、森立之服部雪斎の『華鳥譜』(1861年)など、約2000冊を数える[5]。蔵書には「尾張伊藤圭介之記」「九十一翁」等の蔵書印が押印されている[5]。国立国会図書館のほか、名古屋大学図書館名古屋市東山植物園などに見ることが出来る[5]

著書[編集]

論文[編集]

Itoは、植物の学名命名者を示す場合に伊藤圭介 (理学博士)を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

親族[編集]

  • 父:西山玄道 - 尾張藩町医。
  • 母:後妻:たき(恵祥) - 野間利貞四女[6]嘉永5年12月12日(1853年)86歳で没[7]
  • 先妻:嘉寿能(祖父江村吉川旦妹、文政8年(1825年)2月結婚、天保11年(1840年)11月3日没)[8]
    • 長女:隆(文政9年(1826年)3月20日 - 天保9年(1838年)8月13日)[8]
    • 次女:秀(文政12年(1829年)7月12日 - 天保10年(1839年)12月20日)[8]
    • 三女:貞(定、天保4年(1833年)4月24日 - 弘化4年(1847年)5月11日)[8]
    • 長男:哲太郎(圭造、清哲、天保6年(1835年)4月28日 - 安政4年(1857年)9月14日)[8]
    • 四女:多喜(天保8年(1837年)6月25日 - 安政3年(1856年)11月27日)[8]
  • 後妻:貞(佐屋村佐藤市郎左衛門長女、文化13年(1816年) - 明治13年(1880年)7月24日)[8]
    • 五女:小春(明治13年(1880年)没)[8]
    • 六女:梅(控訴院判事犬飼厳麿妻)[8]
    • 次男:廉次郎(嘉永3年(1850年) - 同年9月26日)[8]
    • 三男:謙三郎(謙、植物学者、嘉永4年(1851年)12月 - 明治12年(1879年)8月26日)[8]
    • 四男:恭四郎[8](本家相続)[10]
    • 孫:秀雄(岐阜高等農林学校教授、恭四郎長男)[8]
    • 養嗣子・孫:一郎(貴族院男爵議員、恭四郎二男)[10]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)4頁
  2. ^ 『官報』第1324号「叙任及辞令」1887年11月26日。
  3. ^ 『官報』第5266号「叙任及辞令」1901年1月24日。
  4. ^ 国立国会図書館-江戸時代の博物誌. “伊藤文庫” (日本語). 2009年7月1日閲覧。
  5. ^ a b c 国立国会図書館-蔵書印の世界. “伊藤圭介” (日本語). 2009年7月1日閲覧。
  6. ^ 西島 2008, pp. 55-57.
  7. ^ 吉川 1955, pp. 58-61.
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 吉川 1955, pp. 4-5.
  9. ^ 吉川 1955, p. 6.
  10. ^ a b 『平成新修旧華族家系大成』上巻、171頁。
  11. ^ 博士論文書誌データベース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]