加藤泰通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

加藤 泰通(かとう やすみち、1879年明治12年)4月10日 - 1971年昭和46年)2月23日[1])は、日本の宮内官僚政治家華族貴族院子爵議員

経歴[編集]

東京府出身。子爵加藤泰秋の二男として生まれる[1][2]学習院高等科を修了し、1901年イギリスに留学した[2][3]。父・泰秋の死去に伴い、1926年8月16日、家督を相続し子爵を襲爵した[1][4]

1908年以降、外務省嘱託、式部官、侍従、宮内事務官皇后宮事務官、大喪使事務官、大礼使典儀官、外国使節接伴員、御物管理委員会臨時委員、相続税物納制度調査会委員などを務めた[3]

1932年3月、貴族院子爵議員に選出され、研究会に属して1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した[3]

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』上巻、434-435頁。
  2. ^ a b 『人事興信録』第14版 上、カ21頁。
  3. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』40頁。
  4. ^ 『官報』第4195号、大正15年8月17日。
  5. ^ 『官報』第3814号「叙任及辞令」1925年5月13日。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。


日本の爵位
先代:
加藤泰秋
子爵
大洲加藤家第2代
1926年 - 1947年
次代:
華族制度廃止