徳川慶久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
德川 慶久
とくがわ よしひさ
Tokugawa Yoshihisa.jpg
背広姿の德川慶久
生年月日 1884年9月2日
出生地 日本の旗 日本 静岡県静岡市
没年月日 (1922-01-22) 1922年1月22日(37歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府東京市小石川区(現東京都文京区
出身校 東京帝国大学法科大学卒業
所属政党 無所属
称号 正三位勲三等公爵
配偶者 徳川實枝子
親族 徳川慶喜(父)
新村信(母)
徳川厚(兄)
蜂須賀筆子(姉)
池田仲博(兄)
博恭王妃経子(姉)
徳川誠(弟)
勝精(弟)
宣仁親王妃喜久子(次女)
徳川慶光(長男)

選挙区 公爵議員
在任期間 1910年12月1日 - 1922年1月22日
テンプレートを表示

德川 慶久(とくがわ よしひさ、1884年明治17年)9月2日 - 1922年大正11年)1月22日)は、日本政治家爵位公爵。周囲の人々からは有職読みで「けいきゅう様」と呼ばれ親しまれていたという。新字体徳川 慶久とも表記される。

貴族院議員第一銀行取締役、華族世襲財産審議会議長などを歴任した。

生涯[編集]

1884年明治17年)9月2日徳川慶喜の七男として静岡市葵区紺屋町の屋敷で生まれる。母は側室の新村信。初名は(ひさし)。宮川喜久蔵、次いで黒田幸兵衛のもとに預けられる。1896年(明治29年)8月、妹英子とともに静岡から東京に移り、学習院に入学する。徳川慶喜家の継嗣となるにあたって、1902年(明治35年)6月6日に、父の偏諱をとり慶久と改名した[注釈 1]。1906年(明治39年)7月、学習院高等科を卒業する。

1908年(明治41年)11月8日有栖川宮威仁親王の第二王女・實枝子と結婚。實枝子は有栖川宮最後の王女であり、次女・喜久子が有栖川宮の祭祀を継承した高松宮宣仁親王と結婚したのもそのためである。1910年(明治43年)、東京帝国大学法科大学政治科を卒業し、同年12月1日貴族院議員となる。

1922年大正11年)1月22日10時35分、東京府東京市小石川区第六天町54番地(現・東京都文京区小日向)の本邸で急死。死因は脳溢血とされたが[1]、一部には自殺説も取り沙汰された。元華族の松平幸子(仮名)の証言によると、「眠られぬまま飲んだカルモチンの量を間違えた過失死だった」という[2]。没後、正三位勲三等瑞宝章を追贈される。

栄典[編集]

人物[編集]

  • 柔道二段、も素人二段、そのほか撞球鉄砲乗馬ゴルフ油絵など何をやっても抜きん出ており、頭脳明晰で性格円満だったという。親友の侯爵細川護立からは、「才気縦横、故慶喜公の好いところを総て受け継いで居た」と評された。ゆくゆくは内閣総理大臣にという声もあがったことがある。
  • 中々の二枚目でもあり、華族の子女から憧れの目で見られた。孫の慶朝は著書で「映画俳優にしてもおかしくないくらい」と評している[4]

家族[編集]

下の二女に関しては實枝子が里から連れてきたお側女中と慶久との間の子という説がある。また、これに立腹した實枝子も歌舞伎役者との間に子がいたともいう[注釈 2]

出典[編集]

  1. ^ 『大正過去帳―物故人名辞典』
  2. ^ 遠藤幸威『女聞き書き 徳川慶喜残照』p.280(朝日文庫1985年
  3. ^ 『官報』第1310号・付録、「辞令」1916年12月13日。
  4. ^ 『徳川慶喜家にようこそ―わが家に伝わる愛すべき「最後の将軍」の横顔』
  5. ^ a b 徳川慶喜の孫、榊原喜佐子さん死去” (日本語). 読売新聞 (2013年11月28日). 2013年11月28日閲覧。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 慶喜の「慶」の字は、もともとは江戸幕府第12代将軍徳川家慶から賜ったものである。以降、「慶」の字は子の慶光・孫の慶朝にも付けられている
  2. ^ 遠藤幸威『女聞き書き 徳川慶喜残照』「慶久さまがお妾にお生ませになった二人のお嬢さまは無事育ってお嫁にいらっしゃいましたけれど、實枝子さまの方は存じません」。ただしこの説の証言者は自称元華族の「松平幸子」という偽名の女性であり、誰なのかは未だ明らかにいなっていない。作家である遠藤幸威の死後はその正体を探る手立てはもはやなくなったため、歴史学的には証言の資料的価値は限りなく低いとみなされている。

参考文献[編集]

  • 徳川慶朝 『徳川慶喜家にようこそ―わが家に伝わる愛すべき「最後の将軍」の横顔』 文藝春秋文春文庫〉、2003年。
  • 稲村徹元編 『大正過去帳―物故人名辞典』 東京美術、1973年。
日本の爵位
先代:
徳川慶喜
公爵
徳川(慶喜)家第2代
1910年 - 1922年
次代:
徳川慶光